()

  • HOME »
  • 塚原利夫 (K-14197)

塚原利夫
つかはらとしお

株式会社エスアールシー研究所 代表取締役所長 元 日本航空インターナショナル 機長

株式会社エスアールシー研究所 代表取締役所長 元 日本航空インターナショナル 機長

立教大学卒業後、南カリフォルニア大学ヒューマンファクター課程修了。日本航空インターナショナルの機長・教官として国内線・国際線に乗務。現在は、対象者やニーズに応じた安全管理に尽力。これまでの安全管理に新たな考え方を加え、専門的かつ分かりやすいと各業界から高い評価を得ている。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
実務知識 安全管理・労働災害

関連記事

脱マンネリ化! ゼロ災害を実現する安全教育・研修【社員・管理職向け講演プラン】

職場の安全教育はマンネリ化していませんか?テーマや内容がいつも同じになると、何のための行っているのかわからなくなり、「毎回注意しているのにコミュニケーション不足によるヒヤリ・ハットが減らない」「安全対策や安全行動を徹底さ...

プランへ移動

企業に求められる「安全管理・ヒューマンエラー防止」研修【社員・管理職向け講演プラン】

企業にとって「安全」は最重要課題です。当然ながら、各企業様で様々な啓蒙活動をされていることかと存じます。 しかし、社内講師の教育だけではマンネリ化してしまい緊張感が保てないという悩みを伺います。 そんな時こそ、外部講師か...

プランへ移動

塚原利夫のプロフィール

■職歴・経歴
1949年 東京に生まれる
1971年 立教大学経済学部卒業
1998年 南カリフォルニア大学ヒューマンファクター課程、事故調査課程修了
1970年 日本航空(旧日本国内航空)入社 (立教大学4年在学中)
1974年 25歳で日本最年少機長として発令され、国内線国際線機長・教官、テストパイロット、安全監査役等を歴任
1979年 羽田空港にて YS-11 型機による片脚緊急着陸に成功
1981年より、航空運航システム研究会にてヒューマンファクターに関する研究を始め、現在 同会理事
1998年 日本ヒューマンファクター研究所設立に参画
2009年1月末日 (株)日本航空インターナショナルを定年退職、その後 2010年3月末日まで特別運航乗務員として乗務。日本における最長経験機長(機長経験36年、総飛行時間21,780 時間)

東海大学工学部航空宇宙学科講師、日本科学技術連盟講師、航空自衛隊飛行安全幹部課程専任講師、海上自衛隊航空支援集団並びに護衛艦隊司令部専任講師、日本人間工学会、計測自動制御学会 認知心理学会会員、航空功労者国土交通大臣表彰(2004年)、防衛省幕僚長感謝状(航空幕僚長2012年、海上幕僚長2020年)、官公庁、地方自治体等の委員を歴任

■著書
『機長の危機管理』(共著、講談社) 1997年交通図書賞受賞
『そのとき機長は・生死の決断』(共著、講談社)
『ヒューマンファクター』(共著、中央労働災害防止協会)
『あなたは事故を起こさないか』(共著、航空運航システム研究会編)
『災害・事故年鑑』(共著、丸善)
『航空年鑑(航空機事故)』(共著、日本航空協会)
『働く人の安全と健康」、「安全衛生のひろば」(中央労働災害防止協会)
『ヒューマンファクターへのアプローチ』(高圧ガス保安協会)
『品質とヒューマンファクター』(日科技連出版社)
『艦船と安全』(海上自衛隊連載中) 他

■論文
「航空機衝突防止警報発出時における人と機械の協調」IEEE 信頼性学会
「21世紀の安全文化の構築に向け、今なすべきこと」電気協会報
「航空機における機器の発達と操縦の安全確保」航空運航システム研究会
「異文化間のクルーコーディネーション」日本人間工学会 他

講演実績

会合名 開催時期・地域 主催窓口 主催担当者の声
安全衛生環境推進大会 2023年6月/福岡県 建設・住宅 事務部門や事務管理部門の人間にも参考になる(できる….
安全集会 2022年12月/東京都 建設・住宅 安全に関して当社の目指す方向性と合致した内容となっ….
安全衛生大会 2022年11月/兵庫県 業界・職業団体 どちらかと言うと管理者層向けの内容であったため、タ….

実績をもっと見る

講演タイトル例

安全管理・労働災害 + 航空に学ぶリスク管理と攻めの安全

安全管理・労働災害 + エラーに学ぶ人の知恵

安全管理・労働災害 + 現場作業におけるヒューマンエラーの防止について

安全管理・労働災害 + ヒューマンエラーとの限りなき戦いに向けて~攻めの安全とは~

安全管理・労働災害 + ウェルビーイングを目指した安全文化の構築

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別