「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

上田早苗 (K-14547)

  • HOME »
  • 上田早苗 (K-14547)

上田早苗 うえださなえ

レッツ日本語教育センター代表 フリースクール上田学園園長

13年間の海外生活を含め、色々な国の学生や社会人に日本語を教えてきた中で感じたこと。フリースクールの学生達から気付かされたこと等をお話することで、混沌とする教育界や子育ての問題を考えるきっかけにしていただければと思います。

教育・子育て関係者
教育・青少年育成 意識改革

上田早苗のプロフィール

国学院大学文学部史学科卒業後、星条旗新聞社勤務。その後、2年間イギリスに遊学。
帰国後、外資系商社で秘書をした後、日本語教師としてスイス、アメリカ、香港、タイなど13年以上の海外勤務を経験。また在スイス時代(約6年間)、日本人補習校の主任として勤務すると同時に、バイリンガルの3歳から13歳までの子供の日本語幼稚園を約5年間主催。

平成4年(1992年)に(有)レッツ日本語教育センター(現,レッツインターナショナル)を設立。外国人向け日本語教育を手がけ、国内外(イギリス、アメリカ、香港、タイ等)の日本語教師養成、専門学校、大学への日本語教育に携わる。

平成9年(1997年)にフリースクール「上田学園」を開校。不登校や引きこもりなど、生き方に悩む子供たちの教育に打ち込むかたわら、テレビ、ラジオや海外講演を通して教育の問題点を提言している。

平成27年(2015年)日本語を教える外国人の学生達(研究者、ビジネスマン等)を通し、またフリースクールの日本人学生を通し気付かされた色々な問題点を21世紀の教育に反映させたいと考え、教育アドバイザーとして本格的に仕事を開始。


<講演テーマ>
「親と子の距離の取り方」
「親の仕事、子供の仕事、教師の仕事」  
「引き算の教育」
「フリースクールから見た教育の歪み」
「競争をやめたら子供は伸びる」
「子供の 外の顔、内の顔」
「フリースクールを通して考える現場の教育」
「子供のSOSの見抜き方」
「学生は何を学んで卒業していくか」
「世界に通用するための教育とは」
「留学の意味と意義」
「仕事を勝ち取っていくとは」  
「子供を引きこもりにさせないために」
「学校が出来ること、親が出来ること、社会が出来ること」 etc
 
日本・海外の教育・引きこもり・不登校・仕事等をテーマに教育問題を講演・講義

講演実績

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
講演後の朝食会で、皆様から色々なご意見う伺ったり、ご質問を受けたり
しました。

<開催目的に対して>
その後も講演に読んで頂いておりますので、満足して下さっていると思います。

<主催者>一般社団法人日本経営人交友会様

<会合名>勉強会

<タイトル>引き算の教育

<受講者の反応・成果>
講演の途中で、一番前に座っていらしたトップの方が急に後ろを向いて「上田先生の話をしっかり聴きなさい。この問題はタイの問題でもあるのです」と言い、講演後、タイで講演をして欲しいのでタイに行く日程がきまったら、タイ全土の教師に呼びかけるので連絡をして欲しいとのことでした。また、参加した先生方からも、「聴けて良かった」と言って頂きました。

<主催者>タイ国文部省様

<会合名>日本教育視察団

<タイトル>フリースクールを通して見た日本の教育問題について

<受講者の反応・成果>
フリースクールと言っても色々な学校があるということを知ってビックリしたし、
これからの時代は大学を卒業するだけがいい就職をする方法ではないと
思ったなどと、感想を述べて下さいました。参加者の中には有名大学卒業し
有名企業に居たので、まさか部がなくなりリストラにあうとは考えもしなかったので
中身のあるフリースクールの存在には、興味を持ったと言って下さいました。

<開催目的に対して>
普段と違う内容の勉強会だった。目が開かされたとのことでした。

<主催者>ビジネス勉強会様

<会合名>勉強会

<タイトル>何故今、フリースクールか

<受講者の反応・成果>
色々な人に聞いてもらいたいし、色々考えさせられたそうです。

<開催目的に対して>
満足したそうですが、参加さと同じで色々な人に聞いてもらいたいと言っていました。

<主催者>病児シッター勉強会様

<会合名>勉強会

<タイトル>親子の距離の取り方

<受講者の反応・成果>
食い入るように聞いて下さり、講演会終了後、ご専門の先生方や問題のあるお子様をお持ちのお母様方が飛行機の時間までギリギリご質問をしてくださったり、「お話がきけて心が軽くなりました」と言って下さる方もいらっしゃいました。参加者のお一人が、その後ご自分のNPOのスピーカーとして読んで下さいました。

<開催目的に対して>
とても満足していると、言ってくださいました。その後も、御縁が続いております。

<主催者>NPO法人 子育てネットワーク くまもと様

<会合名>ワークショップ・相談会・勉強会

<タイトル>親子の心地よい関係

講演タイトル例

教育・青少年育成 親と子の距離の取り方

子供の時は、腕の中でしっかり大切に教育。そして小学・中学校と成長する中で、親離れが自然に起こります。 反抗期に入ります。反抗期バンザイです。親との距離が離れると同時に、親も子離れをして、淋しいような気...

プランへ移動

教育・青少年育成 引き算の教育

何でも与えなければと考える親や指導者が多くなっております。でも与えられすぎている側のことは全然考えられておりません。また、与えすぎている自分も苦しくなっております。苦しいのは良い結果を生みません。「情...

プランへ移動

教育・青少年育成 世界に羽ばたくための教育とは

「世界に通用する人間」を育てるということで、英語の授業を小学校から導入しようとしております。また大学などでも短期留学をさせることを、大学の目玉にしようとしております。「世界に通用する人間とは」英語が出...

プランへ移動

意識改革 仕事を勝ち取っていくとは?

せっかく入社した会社を三ヶ月や四ヵ月でやめてしまう新入社員。 その後の彼らの生活をみますと「自分に合った仕事だ」とか、「やりがいのある仕事」等は、全部自分が作っていくものだということに気付いて頂きたい...

プランへ移動

教育・青少年育成 親の仕事、子供の仕事、教師の仕事。

教育をするということは、何なのでしょうか。フリースクールの授業をとうして気づいた 日本の教育の歪みと、何が出来るかを一緒に考えていただければと思います。 親のしごと。子供の仕事。教師の仕事。 それを一...

プランへ移動

教育・青少年育成 プロの親、プロの大人

20世紀の残り香で過ごせたこの10年が終わり、本当の意味で21世紀がスタートしました。しかし、何をしていいのか分らず、親も教師も大人も只々右往左往しているだけのように思います。それを一番敏感に感じてい...

プランへ移動

  • タイの先生方43名に日本の教育問題を講演。講演後、タイでの講演依頼を受ける。
  • 熊本のNPO法人で。「親子の心地よい関係」を講演
  • 上田学園・学生が授業で井の頭自然文化園の
    「ゾウのはな子」の絵本を制作販売。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別