「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

ドリアン助川 (K-16213)

  • HOME »
  • ドリアン助川 (K-16213)

ドリアン助川 どりあんすけがわ

作家、詩人、道化師、ミュージシャン

早大卒業後、バンド「叫ぶ詩人の会」を結成。深夜ラジオ番組やテレビ出演など若者の人気を集める。バンド解散後NY滞在を経て、帰国後は本格的に執筆活動を開始。著書『あん』(映画化/カンヌ国際映画祭ある視点部門オープニング上映)、『線量計と奥の細道』(日本エッセイスト・クラブ賞)など、著書多数。

作家 音楽・芸術関係者
文化・教養 人権・平和

ドリアン助川のプロフィール

■経歴
1962年東京生まれ。
明治学院大学国際学部教授。作家・歌手。
早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒。
日本ペンクラブ常務理事。長野パラリンピック大会歌『旅立ちの時』作詞者。
放送作家・海外取材記者を経て、1990年バンド「叫ぶ詩人の会」を結成。ラジオ深夜放送のパーソナリティとしても活躍。担当したニッポン放送系列『正義のラジオ・ジャンベルジャン』が放送文化基金賞を受賞。同バンド解散後、2000年からニューヨークに3年間滞在し、日米混成バンドでライブを繰り広げる。
帰国後は明川哲也の第二筆名も交え、本格的に執筆を開始。著書多数。
小説『あん』は河瀬直美監督により映画化され、2015年カンヌ国際映画祭のオープニングフィルムとなる。また小説そのものもフランス、イギリス、ドイツ、イタリアなど13言語に翻訳されている。
2017年、小説『あん』がフランスの「DOMITYS文学賞」と「読者による文庫本大賞(Le Prix des Lecteurs du Livre du Poche)の二冠を得る。2019年、『線量計と奥の細道』が「日本エッセイスト・クラブ賞」を受賞。
公式ブログ「道化師の歌」

■著書
『夕焼けポスト』(ポプラ社/2019年)
『水辺のブッダ』(小学館/2019年)
『新宿の猫』(ポプラ社/2019年)
『線量計と奥の細道』(幻戯書房/2018年)
『カラスのジョンソン』(ポプラ社/2018年)
『海の子』(ポプラ社/2016年)
『バカボンのパパと読む「老子」』(KADOKAWA/2016年)
他多数

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権啓発講演会

<受講者への貢献> 今回想定していた受講者層である一般県民に対し、「生....

石川県
2019/08月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

文化・教養 生きることの、もうひとつの意味

「私たちはこの世を観るために、聞くために、生まれてきた。この世はただそれだけを望んでいた。だとすれば、教師になれずとも、勤め人になれずとも、この世に生まれてきた意味はある。」(*著書『あん』(ポプラ社...

プランへ移動

人権・平和 それでも生きる意味はある ハンセン病小説『あん』で伝えたかったこと

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別