「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

古本尚樹 (K-16352)

  • HOME »
  • 古本尚樹 (K-16352)

古本尚樹 ふるもとなおき

防災・危機管理研究機構 上席研究主幹

新型コロナウィルスに関する対策、今後の見通し、企業への影響、従業員やその家族への対策、マスク不足等物資不足など総合的に研究(博士【医学】)。住民、企業、自治体など関係機関等対策に総合的な解説を行う。また、地域総合防災分野における関係機関等への自然災害対策も専門分野である。

大学教授・研究者 医療・福祉関係者 評論家・ジャーナリスト
防災・防犯

古本尚樹のプロフィール

■学歴
・北海道大学教育学部教育学科教育計画専攻卒業
・北海道大学大学院教育学研究科教育福祉専攻修士課程修了
・北海道大学大学院医学研究科社会医学専攻地域家庭医療学講座プライマリ・ケア医学分野(医療システム学)博士課程修了(医学博士)

■職歴
・浜松医科大学医学部医学科地域医療学講座特任助教
・東京大学医学部附属病院救急部特任研究員
・公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構阪神・淡路大震災記念 
人と防災未来センター研究部 主任研究員
・熊本大学大学院自然科学研究科附属減災型社会システム実践研究教育センター特任准教授(前職)
・公益財団法人 地震予知総合研究振興会 東濃地震科学研究所主任研究員

■専門分野(キーワード)
防災・減災害・危機管理(住民、自治体、企業等)、国民保護、地域医療、災害医療

■背景・活動歴など
新型コロナウィルスについて企業や自治体、住民等対策、マスク不足等の背景、今後の見通し、従業員の感染対策等いかなるニーズにも応えます。

地域医療をバックグランドとして、防災や災害医療の研究者をしてきました。防災や減災害に関わる部分では、総合的な調査・研究をしてきましたので、豊富な事例を経験しています。現在も熊本地震の被災者の健康に関する研究を主に行っています。あらゆる方へのニーズに合わせて講演をしてきました。また、健康や介護、福祉という医療に関わる部分での研究も多数あります。

■主な業績(論文)
・市町村合併による保健・医療・福祉サービス変化の質的分析
・災害被災地における自治体による保健・医療・福祉面での被災者支援について
・東日本大震災被災自治体における保健・医療・福祉活動について
・東日本大震災被災住民の生活について
・降雪に対する自治体対応について 等

古本尚樹さんのホームページ

講演タイトル例

防災・防犯 新型コロナウィルス対策に関して
(住民・企業・自治体や関係機関向け)

医学博士として各種感染症対策、新型コロナウィルス対策を総合的に研究分析しています。 例えば、感染症予防、企業と新型コロナウィルスの影響、今後の見通し、マスク不足など物流の背景と原因、企業従業員や家族へ...

プランへ移動

防災・防犯 企業の危機管理や防災対策
~危機管理能力を高め、災害対応のみならず、何事にも積極的に動ける組織、企業人としてのスキルの向上を目指す~

組織全体の危機管理能力、また個々の社員の危機管理能力の向上を目指す。関係機関との連携や防災や危機管理に関わる意識とスキルを向上させることで強い企業つくりにも反映できる。 災害時の総合的な研修や訓練を通...

プランへ移動

防災・防犯 地域や住民の防災対策
~これまでの災害から学び、防災や減災害に活かす~

これまで防災や災害に関する多数の事例を対象にしてきました。災害対策やその防災対策など、総合的に解説ができます。日本は最近ゲリラ豪雨のような局地的災害も多くなりましたし、大規模災害にによる被害や犠牲が頻...

プランへ移動

防災・防犯 自治体の災害対応
~防災対策や訓練、避難所の運営や災害対策本部運営や災害対策研修など一式を学ぶ~

災害時の総合的な研修や訓練を通じ、災害時の対応・ハンドリングを学ぶ。自治体の首長における指揮命令を確立する。広報の仕方や関係機関との連携など総合的な防災に関わる内容を学ぶ(初歩から応用編まで)。業務継...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別