「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

海野恵一 (K-17326)

  • HOME »
  • 海野恵一 (K-17326)

海野恵一 うんのけいいち

海野塾 塾長 元アクセンチュア代表取締役

アクセンチュア勤務歴32年、同社代表を務めた経験に基づき、2017年から2年で書籍26冊を上梓。85%が日本の新聞では扱わない注目すべき内容で、リベラルアーツ、日本の精神と儒教、孫子の兵法の小説(4冊)、大東亜戦争、慰安婦など。書籍に即した講演も好評を得ている。

経営者・元経営者
ワークライフバランス 国際化・グローバル メンタルヘルス モチベーション 経営哲学 コミュニケーション

海野恵一のプロフィール

■略歴
1972年 東京大学 経済学部卒
1987年 国際青年会議所 財政顧問
2001年 アクセンチュア 代表取締役 
2004年 スウィングバイ株式会社 代表取締役社長
2004年 天津日中大学院 理事
2007年 大連市星海友誼賞受賞
2012年 海野塾塾長

■専門分野
日本の精神と儒教/リベラルアーツ/孫子の兵法

■著書
『人事も経理も中国へ』(ダイヤモンド社)『これからの対中国ビジネス』(株式会社 日中出版)
『2020年、日本はアジアのリーダーになれるか』(株式会社 ファーストプレス)
『日本の企業はアジアのリーダーになれるのか』(株式会社 ファーストプレス)
『The global leader 日本企業は中国企業に勝てるのか?』(日本ビジネスプラン)
『男としての心の身だしなみはできているか?』※以下はすべてアマゾン書籍
『アクセンチュアでどのようにして代表取締役になれたのか?』
『南京大虐殺について日本人は英語でどう答えるのか?』
『慰安婦の間違った資料が多すぎる』『アメリカは不正な選挙と権威主義だ』
『天皇と伝統の日本と新しい世界秩序を作ろうとする中国』『中国の覇権に巻き込まれる東南アジア』 『ICT革命のインドとアメリカ軍とタリバンのアフガニスタン』
『中東の覇者になるイラン、迷走するサウジそして強気のイスラエル』
『中東に複雑に絡むシシのエジプトとカダフィが死んで混乱したままのリビア』
『貧困とボコ・ハラムのナイジェリアと大統領一族の赤道ギニア共和国』
『破綻寸前のジンバブエとこれからの改革が期待される南アフリカ』
『独立して150年が経ち、貧困は減少しているが、汚職だらけの南アメリカ』
『アメリカが国益のために侵略と支配をしてきた中央アメリカ』
『英語で説明する日本の精神と儒学 上・中・下巻』『生きづらくなった時の養生訓』  
『トランプをアメリカ人はどう見ているか』『トランプの要求にうろたえるカナダとメキシコ』
『和英対訳による アクセンチュアでのライフ 上・下巻』『教育勅語と日本の精神と儒学』 
『仕事とか勉強に集中する方法』『 Brexitのイギリスとマクロンのフランス』 
『メルケルのドイツとポピュリストのイタリア』

講演実績

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
世界の情勢と動きについて、日本で報道されていないことを講義した。

<開催目的に対して>
主催者の神谷先生が15回のシリーズでYouTubeにアップして頂きました。https://www.youtube.com/watch?v=LKTvOUZVCqQ

<主催者>イシキカイカク大学様

<会合名>第2期コース 6ヶ月

<タイトル>民主主義と地政学

<受講者の反応・成果>
私は最大手の外資系のコンサルティング企業の日本支社に32年間勤め、代表取締役のポジションまで行って、早期退職をした。私の知識の背景については昔からグローバルリーダーになるためにはどうするべきかと言うことを志してきている。そのための要件を勉強してきている。その第一番目はリベラルアーツの勉強で、これは英語で十数年勉強してきていて、これは私が現在、主管している英語で指導する海野塾の内容になっている。このリベラルアーツは知恵をつけるということが目的で、世界の民主主義を理解するという名目で、物事の洞察力と先見性を養っている。第二番目に孫子の兵法を勉強してきている。この内容は今まで出版した四冊の小説にその詳細な記述がある。日本人は真面目、正直なので、こうしたビジネスの奸計を理解しないと取引相手に貶められてしまう危険がある。昨今のM&Aの失敗はそれに該当する。第三番目は日本の精神の背景である儒学を勉強している。この儒学は江戸時代まで盛んに行われていたが、明治になってこうした教育は廃止されてしまった。この儒学は「国際人の視点から見る日本の精神と儒学 上・中・下巻」(アマゾン出版)に詳述してある。この3つが今の日本人がグローバルリーダーになるためには必要であると考えている。こうした内容の話は彼らにとっては初めてで、共感を持ってもらえた。

<開催目的に対して>
また、機会があったら、依頼したい。

<主催者>NTTデータ様

<会合名>グローバルリーダー研修会

<タイトル>グローバルリーダーの条件

講演タイトル例

ワークライフバランス 仕事とか勉強に集中する方法

月をみて綺麗だなあと思って時を忘れます。そうした心境になったことは誰でもあります。そうした時間を超越した心は計算できません。よく物事に「没頭」するといいますが、そうした現象はどうして起こるのでしょうか...

プランへ移動

ワークライフバランス 男女のコミュニケーションを良くするために

どのように行動すれば男が格好良く生きることができるのでしょうか。女性との付き合い方で困ってはいませんか?女性への対応の仕方が間違ってはいませんか?中国の古代の人はその解を「修身斉家治国平天下」に求めま...

プランへ移動

国際化・グローバル 英語で勉強する日本の精神と儒教

日本の精神と儒教を英語で解説します。英語でどのように日本の精神を説明したら良いのかを理解できますので、英語の勉強と日本の精神、儒教の勉強を同時に出来ます。Confuciusは孔子で、Analectsは...

プランへ移動

国際化・グローバル 英語で勉強するリベラルアーツ

世界の地政学を英語のYouTubeを見ながら、日本語と英語で解説します。世界の情報に対して、どのように判断したら良いのか、どのようにこうした情報を理解していくのかを学習します。英語と世界の情勢の双方を...

プランへ移動

メンタルヘルス 生きづらくなった時の養生訓

人生誰でも辛い時があります。仕事がうまくいかない。夫婦の関係がうまくいかない。人とうまく意思疎通がでてきない。誰とも会いたくない。夜が眠れない。どうしたら良いのでしょうか。この講座はそうした人たちのた...

プランへ移動

モチベーション 企業のトップを目指すためには何を心がければ良いのか。

私はアクセンチュアで代表取締役のポジションまで上り詰めました。そうしたポジションを得るためにはどうしてなることが出来たのかの体験談を講義します。入社してから32年後に退職するまでの経験談と教訓の話をし...

プランへ移動

経営哲学 実践的な孫子の兵法

孫子の兵法をどのように解釈したら良いのかを丁寧に解説します。ビジネスの世界で、こうした戦術をどう展開したら良いのかを勉強します。日本人は真面目、正直ですが、そうした良い側面がある一方で、騙されやすいと...

プランへ移動

国際化・グローバル グローバルリーダーの育成要件

グローバルリーダーの一般的な定義に沿った人材育成の目標は:1.英語を上達させる2.専門職能を強化する3.仕事ができるということです。多く日本企業の人材育成策としては1.海外留学させる 2. OJTとし...

プランへ移動

コミュニケーション 対顧客、対上司、対部下とのコミュニケーションを円滑にするための講義

この講義は儒学がその背景にあります。人間の本質に迫れば心が広がります。こうした内容を解説し、議論します。 お互いに理解し合うことはなかなかできない。 双方がその意思疎通がうまくいかないときに、大事なこ...

プランへ移動

経営哲学 日本の精神と儒学

日本人が江戸時代に培った儒学が日本の精神として定着したが、明治になって、そうした精神は廃れてしまい、教育勅語だけになってしまった。しかも、戦後、GHQによってそれも廃止され、こうした日本の精神はなくな...

プランへ移動

国際化・グローバル リベラルアーツを勉強することによって洞察力と広い視野をどう身につけるか

英文の資料、YouTubeを題材にリベラルアーツを勉強することによって洞察力と広い視野をどう身につけるかを講義し、欧米人特有の考え方、見方を分析し欧米人と対等に話ができる基礎知識を身に着けます。海外の...

プランへ移動

  • 講演している時の画像

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別