「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

影山摩子弥 (K-18728)

  • HOME »
  • 影山摩子弥 (K-18728)

影山摩子弥 かげやままこや

横浜市立大学 都市社会文化研究科 教授

早大商学部卒。横浜市大都市社会文化研究科教授(経済原論・経済システム論)。CSR・障がい者雇用等の研究や教育に携わる傍ら、国内外の官・民・NPO等からの相談・支援、CSRの認定制度設計(地域活性化支援)等を行っている。著書『なぜ障がい者を雇用する中小企業は業績を上げ続けるのか?』他。

大学教授・研究者 コンサルタント
経営戦略・事業計画 危機管理・コンプライアンス・CSR

影山摩子弥のプロフィール

■職歴・経歴
早稲田大学商学部卒。
1989年横浜市立大学商学部専任講師
2001年同教授
2009年都市社会文化研究科教授

経済原論・経済システム論を専門としCSRや障がい者雇用を研究する。研究・教育の傍ら国内外の行政、企業、NPOからの相談に対応する他、CSRの認定制度「横浜型地域貢献企業認定制度」を設計するなど地域活性化支援も行っている。

■著書(タイトル・出版社・発行日)
『なぜ障がい者を雇用する中小企業は業績を上げ続けるのか?』(中央法規出版/2013年)
『地域CSRが日本を救う』(敬文堂/2009年)
『CSR経営革新』(共著:中央経済社/2008年)
『横浜の産業とマチづくり』(共著:学文社/2008年)
『世界経済と人間生活の経済学』(敬文堂/1994年)

講演タイトル例

経営戦略・事業計画 「SDGsを経営に実装する」

SDGsへの取り組みは、大企業はもちろん、中小企業にとっても必須の取り組みです。つまり、SDGsへの取り組みは、SDG Compassに示されるように社会の期待に応えることによって経営的な意味を引き出...

プランへ移動

危機管理・コンプライアンス・CSR 経営戦略としての人権擁護

人権擁護は社会の要請です。それに応えることによって、社会から支持を得るだけではなく、社員のモチベーションを高めたり、顧客の人権サプライチェーンに対応したりすることができます。例えば、英国や豪州には現代...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 障がい者雇用の経営戦略的意味

障がい者は、企業にとって戦力になるだけではありません。障がい者が働きやすいように、業務の流れを見直したり、道具や原材料を整理したりすることで健常者も働きやすくなります。また、作業場の危険な箇所の対策を...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別