「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

養老孟司 (K-2257)

  • HOME »
  • 養老孟司 (K-2257)

養老孟司 ようろうたけし

東京大学 名誉教授

大ベストセラー『バカの壁』で有名な、医学博士。東京大学医学部卒業後、1年間のインターンの後、解剖学教室に入り、解剖学を専攻する。ものを多面的に捉えた切り口での現代社会問題を論じる講演は、分かり易く、非常に人気が高い。

大学教授・研究者
文化・教養

養老孟司のプロフィール

■職歴・経歴
1937年 神奈川県鎌倉市生まれ
1962年 東京大学医学部卒業。一年のインターンを経て、解剖学教室に入る。以降解剖学を専攻。
1967年 医学博士号取得
1981年 東京大学医学部教授就任(~95年)。 東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を兼任。
1989年 『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞
1996年 北里大学教授に就任(~2003年)
1998年 東京大学名誉教授
2003年 『バカの壁』で毎日出版文化賞を受賞
2006年~2017年3月 京都国際マンガミュージアム館長を務め、2017年4月からは名誉館長に就任。
2018年 NPO法人日本に健全な森をつくり直す委員会 委員長

■活動歴
長年の解剖研究の結果から、身体および脳を中心として、社会、文化の問題を考える“唯脳論”を提唱し、理科と文科の学問の統合をめざしている。『バカの壁』は、400万部を超える大ヒットを記録。
2006年には、和歌山県の「森林による二酸化炭素(CO2)吸収量認証制度」の認証・評価委員に就任、本来の虫好きもこうじて、以前から取り組んでいる環境問題にも力を注ぐ。

■著書
『死を受け入れること―生と死をめぐる対話』(小堀鷗一郎氏との共著/祥伝社/2020年)
『虫とゴリラ』(山極寿一氏との共著/毎日新聞出版/2020年)
『形を読む―生物の形態をめぐって』(講談社/2020年)
『骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編』(新潮社/2019年)
『ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?―脳化社会の生き方』(扶桑社/2019年)
『神は詳細に宿る』(青土社/2019年)
『半分生きて、半分死んでいる』(PHP研究所/2018年)
『バカのものさし』(扶桑社/2018年)
『遺言。』(新潮社/2017年)
『逆さメガネで覗いたニッポン』(PHP研究所/2017年)
他多数

講演タイトル例

文化・教養 マニュアルのない世界を生きる

最近の若者たちの不可解な行動様式や、脳死移植に揺れる世相などを例に引き、世間の暗黙のルールとそれを平準化しようとするマニュアル化社会の構造を分析。「ああすればこうなるという、なにもかも計算ずくの考え方...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別