「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

小川和久 (K-323)

  • HOME »
  • 小川和久 (K-323)

小川和久 おがわかずひさ

静岡県立大学特任教授  特定非営利活動法人・国際変動研究所理事長  軍事アナリスト

陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部中退。地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。2012年より、静岡県立大学特任教授として静岡県の危機管理体制の改善に取り組んでいる。『戦争が大嫌いな人のための正しく学ぶ安保法制』など著書多数。

評論家・ジャーナリスト
時局・経済 防災・防犯

小川和久のプロフィール

■経歴
1945年12月、熊本県生まれ。陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部中退。
地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。
外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策、重要インフラ防護など)の分野で政府の政策立案に関わり、国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、日本紛争予防センター理事、総務省消防庁消防審議会委員、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。小渕内閣ではドクター・ヘリ実現に中心的役割を果たした。電力、電話、金融など重要インフラ産業のセキュリティ(コンピュータ・ネットワーク)でもコンサルタントとして活動。2012年4月から、静岡県立大学特任教授として静岡県の危機管理体制の改善に取り組んでいる。

■主な著書
『フテンマ戦記―基地返還が迷走し続ける本当の理由』(文藝春秋)
『日米同盟のリアリズム』(文藝春秋)
『爆誕!トランプ大統領で日本はこう変わる』(共著 毎日新聞出版)
『戦争が大嫌いな人のための正しく学ぶ安保法制』(アスペクト)
『危機管理の死角―狙われる企業、安全な企業』(東洋経済新報社)
『日本人が知らない集団的自衛権』(文藝春秋)
『中国の戦争力』(共著 中央公論新社)
『それで、どうする!日本の領土これが答えだ!』(アスコム)
『東日本大震災からの日本再生』(共著 中央公論新社)
『もしも日本が戦争に巻き込まれたら!』(アスコム)
『この1冊ですべてがわかる普天間問題』(ビジネス社)
『14歳からのリアル防衛論』(PHP研究所)
『陸上自衛隊の素顔』(監修 小学館)
『日本の戦争と平和』(共著 ビジネス社)
『日本の戦争力VS.北朝鮮、中国』(アスコム)
『日本の戦争力』(アスコム)
『日本は国境を守れるか』(青春出版社)
『危機と戦う―テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか』(新潮社)
ほか多数

講演タイトル例

時局・経済 トランプvs金正恩~『死闘』の読み方~

時局・経済 『時局・経済』日本の安全と繁栄の条件

実務者として政府の危機管理に携わっている立場から、具体的な事例を通して、どのように考えれば自らと社会の安全を実現できるかを説く。

プランへ移動

時局・経済 『時局・経済』安全なくして繁栄なし

誰もが身近な生命の危機として理解できる「基礎問題」(災害、交通事故、医療ミスなど)を克服できないで、高度な「応用問題」として国民的な対応能力のレベルが問われるテロ対策や軍事問題を、国民を守れる水準に維...

プランへ移動

時局・経済 国際情勢の変化と日本の危機管理

日本の領海でやりたい放題の中国、核ミサイル開発を進める北朝鮮…。日本は集団的自衛権で国を守れるのか?また「自衛隊が戦争に巻き込まれる」といった批判は本当なのか?安倍内閣も誤解していた議論の本質を安全保...

プランへ移動

国際水準から見た日本の安全保障

時局・経済 緊迫する国際情勢と日本の安全保障

防災・防犯 巨大災害の時代と日本の危機管理

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別