「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

大橋広宣 (K-7365)

  • HOME »
  • 大橋広宣 (K-7365)

大橋広宣 おおはしひろのぶ

フリーライター ディレクター 映画コメンテーター

NHK教育TV「ハートをつなごう」発達障害特集出演を機に、同HP内ブログ「計算できんで何が悪いとや!」を連載(2006~11年)。“バリバリの学習障害(LD)”として様々な苦難に直面しながらも、大学卒業後、地元新聞社記者として活躍。学習障害など発達障害への正しい理解を求めて活動中。

評論家・ジャーナリスト 医療・福祉関係者
教育・青少年育成

大橋広宣のプロフィール

■職歴・経歴
山口市立湯田小学校、湯田中学校卒。
山口県立徳佐高等学校(現・山口高校徳佐分校)卒。
私立徳山大学経済学部卒。
山口県周南市に本社がある新周南新聞社で17年間記者を務め、同社で雑誌編集、CATV番組の制作、イベント企画などにも携わる。
2005年7月に独立し、個人事務所「和田山企画」を立ち上げる。
現在、フリーランスのライター、ディレクターとしてイベント企画、委託取材、番組制作、映画製作支援・宣伝などに取り組み中。
2006年より、NHK教育TV「ハートをつなごう」、その後番組である「ハートネットTV」に出演。発達障害特集やいじめ特集の回に出演し、その前向きで明るいキャラクターで人気を集める。
2006年から2011年まで同番組内のサイトでブログ『計算できんで何が悪いとや』を連載、好評を得る。
2009年よりyab山口朝日放送の映画情報番組「シネキング」で映画の王様“マニィ大橋”としてメインMCを務める。
2014年より同じくyab山口朝日放送の夕方のニュース番組「Jチャンやまぐち」の映画コーナーで映画の紹介・解説を務める。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権・青少年健全育成フェスティバル

<受講者への貢献> ユーモラスを交えながらご自身の経験を話してくださっ....

兵庫県
2017/12月
教育委員会
人権・同和教育研究協議会 講演会

<受講者への貢献> <受講者への貢献> 障がい者自身の思い、障がい者視....

福岡県
2016/12月
学校・PTA

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

教育・青少年育成 LDの挑戦! 算数0点から新聞記者に
~苦手は得意でカバー 個性を伸ばして生きる~

私は、軽度発達障害のひとつである、学習障害(LD)と向き合って生きてきた。LDと一口で言っても人それぞれ。私は、苦手なところを責めず、個性を大切にし、長所を誉めてくれた両親のお陰で、級友のいじめや教師...

プランへ移動

スタッフからのコメント

自らの体験を話をされることで、学習障害など発達障害への正しい理解を求めて活動している大橋広宣さん。近年、社会的に関心が高まっているテーマで、毎回貴重なお話をいただいています。

主なテーマタイトルは「LDの挑戦!算数0点から新聞記者に~苦手は得意でカバー 個性を伸ばして生きる~」。
これまでの講演実績に「人権教育啓発センター公開講座」「市役所 発達障がい講演会」「PTA連合会 研修大会」「教育委員会 人権教育講演会」「保護者支援者研修会」「中学校 人権教育講演会」など。
聴講された方からは「LDに関して理解ができた。」「様々な立場の方が来ていたが、皆さんの心に響く言葉で講演されていて非常に良かった。」「聴講された皆さん一様に感動を憶えた様で中にはハンカチで目を抑える姿もありました。」「生徒達によく話が伝わっておりました。保護者からは、「涙が出た。」という感想をいただきました」など。
中学生から大人まで、伝えたいことがはっきりしていて解りやすい内容であり、自分を見つめ直す良い機会となったと好評をいただいている講演です。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別