「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

葉石かおり (K-8715)

  • HOME »
  • 葉石かおり (K-8715)

葉石かおり はいしかおり

エッセイスト きき酒師/焼酎アドバイザー

女性週刊誌記者を経て、フリーランスになり、エッセイスト・きき酒師・焼酎アドバイザーなど、取材や執筆活動、マスコミ、講演など、幅広く活躍中。2005年「おひとりさま向上委員会」(現在は活動休止)代表時、「おひとりさま」という言葉が流行語大賞にノミネートされ話題を呼ぶ。

実践者

葉石かおりのプロフィール

■経歴
東京都生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業後、ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経てフリーランスになり、現在に至る。
・2009年第10回名誉きき酒師酒匠
・SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)副会長
■活動歴
「おひとりさま向上委員会」(現在は活動休止)代表時に、「おひとりさま」という言葉が流行語大賞にノミネート( 2005 年)。雑誌やテレビなど各メディアにて、現代女性のおひとりさま事情や、ひとり時間、ひとりゴハンなど、ひとりをキーワードにコメントや記事を寄せる。キャリア、恋愛、結婚に関するコメントも多い。
また、きき酒師、焼酎アドバイザーとして、酒蔵や酒場の取材、コンサルティングの他、セミナーや講演も多数。女性ならではの視点を生かし、酒の文化やおいしさを伝える。
最近では携帯小説家としても活動。京都に実在する料理屋や酒蔵を舞台に、きき酒師の知識を盛り込みながら酒をテーマにした小説が主。「京都通エッセイスト」の顔も。老舗呉服問屋「宮崎織物」とコラボしたメイドイン京都ブランド「和をん」の和小物が好評。

■主な著書
『カッコイイ女は『おひとりさま』上手』(PHP研究所)/『実践!おひとりさま道』(ライブドアパブリッシング)
『産まない理由』(イーストプレス)/『30代からの結婚がハッピーになれる!」(三笠書房)
『あなたが辞めると言った時、上司は止めてくれますか? ~ゆるキャリのススメ~』(講談社)
『日本全国決定版! この日本酒がウマい!』(KKベストセラーズ)/『隠れ酒がうまい!』(講談社)
『女きき酒師とソムリエールが選ぶ今宵最高の一本』(集英社)/『おひとりさまの京都』(ブックマン社)
『私がひとりで行きたくなるお店』(エイ出版社) 他多数
■携帯小説
『酒亭 心酔』(ブックスレジモ)/『女神の酒』(ソニーデジタルエンタティメンツ)/『蔵の華』(ブックスレジモ)
■連載
葉石かおりの女こころ学(読売新聞)/仕事もお酒も(フジサンケイビジネスアイ)
日本の酒と酒小物(エイ出版)/おひとりさま入門(Oggi)/おひとりさまの食卓(ぐるなび) 他多数
■テレビ
「もの知り一夜漬け」(テーマ:おひとりさま/NHK)/「ETVワイド」(石田衣良氏とともにMC/ テーマ:女性のうつ)/「女神たちのカフェ」(テーマ:おひとりさま/NHK-BS)/「スッキリ」(テーマ:ひとりのクリスマス/NTV)/「ナイナイサイズ!」(テーマ:おひとりさま)/「知っとこ!」(テーマ:おひとりさま/TBS)
「めざましテレビ」、「めざまし土曜日」(テーマ:おひとりさま/CX)/「スタ☆メン」(テーマ:少子化)
「ワールド・ビジネス・サテライト」(テーマ:女性市場の動向/TX) 他、BS、CS、ラジオなど多数出演。

講演タイトル例

「おひとりさま」
エンジョイ! シングル生活

「おひとりさま」の基本編からおひとりさまの老後の楽しみ方まで、秘策を余すところ無く、楽しく解りやすくお話します。 ○おひとりさまの基本 自立することで、人生はもっと豊かに、そして心も体も自由になります...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別