「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

去来川敬治 (K-8844)

  • HOME »
  • 去来川敬治 (K-8844)

去来川敬治 いさがわたかはる

安全衛生教育トレーナー 社会保険労務士

社会保険労務士業及び安全衛生教育等の講師として活動を続ける一方、“リスクアセスメント”構築のための講演・研修を各団体・各企業で行う。また、前職での安全管理活動の中で、人とのつながりの重要性を改めて実感し、コミュニケーションスキルのレベルアップ研修(報連相研修)も行い、好評を得ている。

コンサルタント
安全管理・労働災害防止 リーダーシップ 人材・組織マネジメント

去来川敬治のプロフィール

■職歴・経歴
1977年に社会人としてスタートし、倒産等で転職すること4回。建設業の現場代理人からアパレル営業・企画・販売、飲食、そしてカナダのモダンバレエ公演サポートまで、広い範囲での業界経験があり、前職は1996年より8年間、ゼネコンの安全スタッフ、ISOの構築担当者として活動する。
2000年に建災防神戸西分会の安全指導者を委嘱され、各社の安全スタッフとの交友、監督行政職員の方々の指導・協力を得て自社や業界の安全衛生管理の向上に努める。

2004年8月に前職のゼネコンが倒産したため、社会保険労務士資格取得を目指しての受験勉強をする一方、建災防、中災防等の各災防団体、その他の企業・団体等からの安全衛生アドバイザーや講師としての引き合いを受けながら、中災防大阪安全衛生教育センターRST講座(建設コース)の講師養成講座の講師としても活動。

2006年4月から2012年3月まで、兵庫労働局労働衛生課(現:健康課)の非常勤職員として業務。
2007年8月1日に独立開業(いさがわ社会保険労務士事務所)し、また2008年末から、(一社)日本報連相センターの会員となり、「真・報連相」研修も実施中。

2016年には、長年の功績が認められ、中央労働災害防止協会より『緑十字賞』を受賞。

2019年1月現在では活動範囲を日本全国に広げ、年間203回(2014年実績)の教育・講演・アドバイザー活動等を行い、また、今までの安全衛生の講話で好評を得たテーマの中から、㈱清文社より安全小冊子として「不安全行動・ヒューマンエラーはこう防ぐ(2012年)」「“安全スピード”で仕事と命を守る(2013年)」「現場リーダーが本気で取り組む/PDCAサイクルで安全行動を強化する!(2015年)」を出版する。

「一期一会」「一所懸命」「手を握ってどつきあい」を信条に、「人つながり」の生き方を目指している。

■資格
社会保険労務士/第1種衛生管理者/衛生工学衛生管理者/中災防RSTトレーナー養成講座講師/新CFTトレーナー/リスクアセスメント担当者教育講師/安全管理者選任時研修講師/危険予知訓練トレーナー/フルハーネス特別教育講師/「真・報連相」研修講師他

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
安全衛生大会

<受講者への貢献> 盛況のうちに終了することができました。 またよろし....

静岡県
2018/11月
建設・住宅
保安大会

<受講者への貢献> 危険物を扱う関係者にとって、大変ためになるお話を頂....

鳥取県
2018/10月
官公庁
安全研修

<受講者への貢献> いい研修になりました。 とても気づきも多く、聴講者....

福岡県
2018/09月
製造業
安全大会

<受講者への貢献> 良かったです。問題もなく無事終了しました。.

岡山県
2018/06月
建設・住宅
安全衛生大会

<受講者への貢献> ■ 受講者への貢献について 初心者とベテランのミス....

大阪府
2017/10月
製造業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

安全管理・労働災害 リスクマネジメントで“勝てる会社”を作る

人の特性を振り返り、そこから安全衛生管理のヒント(ポイント)を考えていただきます。 それらの特性を前提にどう管理すれば良いのかという、組織管理の目線で構成していきます。 ※過去の重大事故等を振り返りな...

プランへ移動

安全管理・労働災害 不安全行動/ヒューマンエラーと安全管理

人間の特性を知り、管理監督者の目線で安全管理の重要ポイントを考える。  1. 不安全行動とヒューマンエラー 2. 不安全行動は何故起こる? 3. 不安全行動を防ぐには? 4. ヒューマンエラーは何故起...

プランへ移動

リーダーシップ 職場リーダーに求められる2つの管理(報連相を考える)

職長に期待される2つの管理(先取りの安全管理と情報管理)を再確認し、 特に、人を動かすための情報管理(報連相)を考える。

プランへ移動

安全管理・労働災害 リスクアセスメントの目的と活用

リスクアセスメントの目的と意義を知る。 特にリスクアセスメントが改善のツールであることと、本質安全化とは何かを考える。  1.リスクアセスメントは道具の一つ 2.リスクアセスメントという道具とは 3....

プランへ移動

安全管理・労働災害 安全はスピードがポイント

安全管理のキーワードに「3現」「3即」「3徹」という言葉があります。 このキーワードを基本に危険管理の「スピード」について解説をします。   ・早すぎると人はミスをする。  人間特性にマッチしたスピー...

プランへ移動

人材・組織マネージメント 期待する結果を出すには…(人を動かすマネジメント)
真・報連相(糸藤正士先生)と
行動科学マネジメント(石田淳先生)から学ぶ

「行動」すなわち「プロセス」に関心を寄せることにより、人はリインフォース(強化)される。 「問題」ではなく機会への「挑戦(安全行動)」を強化することによって期待する結果は生まれてくる! 1. 「Kno...

プランへ移動

安全管理・労働災害 「できる人」を育てるには…
~安全衛生のパフォーマンスが上がる会社は業績が上がる~

「行動」すなわち「プロセス」に関心を寄せることにより、人はリインフォース(強化)される。   問題ではなく機会への挑戦(安全行動)を評価できる会社は「できる人」が育つ! 1.教育とは何か?    職長...

プランへ移動

スタッフからのコメント

建設現場やアパレル業界など、多様な業界経験を経て来た基盤が強みの安全大会で人気の講師。
何故安全が必要なのか、どの様な行動をとるべきか、とらせるのか(指導者の育成)、安全の原点を作業員に知らせる。自覚させるなど、非常にわかり易い内容。
話にメリハリがあり、具体事例も多い。安全に取り組む理由なども分かりやすく、安全意識の向上に役に立つとリピート依頼も多い。
「受講後、職場でのヒヤリハット等の意識が向上した」という声を多く聞きます。
主な講演タイトルは、『不安全行動 ~ヒューマンエラーと安全管理~』『安全はスピードがポイント ~“安全スピード”で仕事と命を守る~』『職場リーダーに求められる2つの管理(報連相を考える)』など。
安全衛生推進大会や安全大会、職長教育研修会などの講師として定評があります。
                                            (企画室からのコメントより)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別