「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

麻木久仁子 (K-9536)

  • HOME »
  • 麻木久仁子 (K-9536)

麻木久仁子 あさぎくにこ

タレント

司会者、コメンテーター、クイズ番組等、知性派タレントとして活躍。また、読書家としても知られ、本を紹介するサイトや産経新聞では書評を担当するなど、その活動は多岐にわたる。2010年に脳梗塞、2012年に乳がんを発症。自身の闘病体験を基に、講演会や情報番組等で検診の大切さを伝えている。

タレント・芸能関係者
男女共同参画 健康 文化・教養

麻木久仁子のプロフィール

■職歴・経歴
1962年11月12日、東京都生まれ、学習院大学法学部中退。
テレビ、ラジオ番組で司会者、コメンテーターとして活躍する他、知性派タレントとして各クイズ番組を中心にバラエティ番組への出演機会も多い。読書家とも知られ、おすすめ本を紹介するサイト「HONZ(http://honz.jp/)」や産経新聞では書評を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。

2010年暮れに脳梗塞を発症。さらに2012年10月、11月には、両胸に発症した初期の乳がんの手術を受けた経験から、講演会や情報番組で、検診の大切さや経験したことを伝えている。
また、病気の経験から薬膳に興味を持ち、国際薬膳師の資格を取得。現在は、祐成陽子クッキングアートセミナーにて、薬膳講座の講師も務める。

■講演内容
芸能界デビューするも、最初は活躍の場に恵まれなかった。当時の苦労、その後のターニングポイントとなる出会い、大物司会者の影響もあり、苦手意識の強かった司会業も上手くできるようになった。
結婚後、育児と仕事の両立、キャリアを積んでいく苦労、麻木流勉強法、クイズから観る各々の人たちの答えに至るまでの考え方の違い、人生予期せぬ事が起きる中で色々と経験して分かったこと、考えが変わったことなど。

■TV出演番組(一例)
テレビ朝日 みんなの家庭の医学/Qさま/クイズ雑学王
日本テレビ 行列のできる法律相談所/世界一受けたい授業
NHK総合 ためしてガッテン 

■主な著書
『生命力を足すレシピ』(文響社)
『ゆらいだら、薬膳』(光文社)
『日本建替論』(藤原書店)
『「仕切り上手」の法則』(小学館)
『迷っている人ほど素敵』(扶桑社)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
健康セミナー

<受講者への貢献> 台風の影響で各地大変な被害が出た中、麻木さんには前....

富山県
2019/10月
その他公的団体
文化講演会

<受講者への貢献> 健康の大切さ、ありがたさを自身の体験をもって、楽し....

山口県
2019/02月
官公庁
女性フェスティバル

<受講者への貢献> 大変お世話になりました。 とても女性として素敵な方....

長野県
2019/01月
JA
平成30年度文化講演会

<受講者への貢献> 講演内容も良く、聴衆も満足していたと思います。 健....

島根県
2018/11月
学校・PTA

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

男女共同参画 明日も素敵に輝いて生きる
~ 仕事とプライベートを充実させる生き方 ~

仕事と出産・育児の両立をしながらキャリアを積んでいく苦労や、脳梗塞、そして乳がんを乗り越えた経験などを踏まえ、自分らしくポジティブに生きていくことの大切さについてお話しいたします。  一般市民の方々

プランへ移動

健康 人生100年時代、一生元気で生きるために

平均寿命が80代を超えた現代の日本。 年齢を重ねても、不調を感じず、元気に毎日をすごしたいというのは、多くの方の願いでしょう。 しかし、40代後半で脳梗塞、その後乳がんと次々に発覚する病気。 それまで...

プランへ移動

健康 明日は明日の風が吹く
~ 人生をより楽しく楽に送るための食 ~

人間関係でつまづき、48歳で脳梗塞、50歳目前で初期の乳がん、母親の心臓病など、身も心もボロボロだった40代に出会った“薬膳”。体に良いと言われる食事法が色々ある中で、「食材全てに力がある」と考える薬...

プランへ移動

文化・教養 50歳になって気づいたこと ~今だから話せる麻木久仁子の人生観

文化・教養 ~人生って終りがあるものなんですね。今を生きる事とは~

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別