「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

荻田泰永 (K-16651)

  • HOME »
  • 荻田泰永 (K-16651)

荻田泰永 おぎたやすなが

北極冒険家

カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年から2019年までの20年間に16回の北極行を経験し、北極圏各地をおよそ10,000km以上移動。世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。

評論家・ジャーナリスト 実践者 教育・子育て関係者
安全管理・労働災害防止 文化・教養 教育・青少年育成

荻田泰永のプロフィール

●経歴
1977年9月1日生まれ。神奈川県愛甲郡愛川町出身、在住
カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より 2019年までの20年間に16回の北極行を経験し、北極圏各地をおよそ10,000km以上移動。世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」。 2016年、カナダ最北の村グリスフィヨルド~グリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ 1000kmの単独徒歩行(世界初踏破) 2018年1月5日(現地時間)、南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初) 2018年2月 2017「植村直己冒険賞」受賞

TBS「クレイジージャーニー」NHK「ニュースウォッチ9」WOWOW「ノンフィクションW」などで特集番組多数。ラジオ、雑誌、新聞など各メディアでも多く紹介される。
日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。
北極で学んだ経験を旅を通して子供達に伝える。
海洋研究開発機構、国立極地研究所、大学等の研究者とも交流を持ち、共同研究も実施。北極にまつわる多方面で活動。

■著書
『北極男』(講談社 2013年)
「考える脚」KADOKAWA(2019年3月)

■テレビ放送
「NHKスペシャル」「クレイジージャーニー」「NHKニュースウォッチ9」「NHK BS世界史発掘!時空タイムス編集部」「NHK BS地球テレビエルムンド」「フジテレビ 超潜入リアルスコープハイパー」「BS朝日 ひと夏の冒険・12歳の100マイル」「WOWOWノンフィクションW 遥かなる北極点~孤高の冒険家日本初の偉業に挑む~」 テレビ他多数

■ラジオ
NHKラジオ 午後のまりやーじゅ NHKラジオ おはよう朝一番 ニッポン放送 上柳昌彦ごごばん! ニッポン 放送 テリー伊藤サンデーのってけラジオ 文化放送 吉田照美ソコダイジナトコ TBSラジオ 久米宏ラジオなん ですけど ラジオ日本 峰竜太のミネスタ! TOKYO-FM 中西哲生のクロノス ラジオ他多数

講演タイトル例

安全管理・労働災害 冒険とリスク

冒険とは「危険」を「冒す」こと。危険である事が前提となっているからこそ冒険であり「安全な冒険」は矛盾である。 一方で、無謀という言葉もある。無謀とは「謀(はかりごと)」が「無い」ことである。冒険も無謀...

プランへ移動

文化・教養 北極を歩く
~ 北極点無補給単独徒歩到達への挑戦 ~

日本人初の「北極点無補給単独徒歩到達」を目指す荻田が、これまで冒険中に撮影してきた写真や動画を使用しながら、北極冒険について語る。 そもそも「北極」とはどのような場所で、どこの国?「北極を歩く」とは凍...

プランへ移動

文化・教養 北極のふしぎ
~ 北極に住む人、動物 ~

荻田はこれまでに、北極での冒険の傍らで現地に住むイヌイットとも多く交流し、彼らとの生活を共にしてきた。 また、ホッキョクグマやアザラシ、トナカイやジャコウウシなどの野生動物も間近で観察し、時にイヌイッ...

プランへ移動

教育・青少年育成 僕を動かす夢のちから

なんの取り柄も特技もなかった21歳の荻田は、とにかく自分には何かができるんじゃないか!?という想いだけである日出会った北極という世界に飛び込んだ。それ以前に北極に対する憧れも思入れも何もなかったが、と...

プランへ移動

  • ベネッセ・進研ゼミ「めざせ!ガンバリスト2017」キャプテン

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

「北極を目指すまで」
初めての海外旅行が北極徒歩冒険700km! そんな稀有な日本人である荻田が初めての海外旅行でカナダ北極圏の海氷上を700km歩いたのは22歳の時でした。
なんとなく通っていた大学生活に疑問を覚え、勢いから中退した直後にテレビで見た極地冒険家「大場満郎」氏が熱く語る冒険譚に惹かれた荻田は、翌年には大場氏の主催した冒険行に参加していました。 特別な経験も実績もなく、ただの若者でしかなかったかわりに、若者の特権でもある「根拠のない自信」にだけは溢れていました。自分には何かができるはずだ、自分の力を試したい、そんな想いだけで大場氏に連れられて始まった北極行は、翌2001年から一人での北極通いとなり、以来アルバイトで資金を作っては毎年のように北極を目指しました。
10年以上の冒険の日々を経て、現在は北極冒険の最高難度である「北極点無補給単独徒歩到達」に挑戦中です。成功すれば日本人初、世界でも3人目となります。北極点挑戦には多くの人たちの協力を得て、多額の資金集めに奔走し、数々のリスクと対峙しなくてはいけません。北極での冒険の前に社会での大冒険が必要です。人の応援を得るとは、人の共感を得る事に他なりません。 冒険家が命しらずであったら、すぐに死んでしまうでしょう。冒険におけるリスクとの向き合い方、仲間の協力のありがたさ、お金を頂いてやりたい事をやるという事の難しさと素晴らしさ。そして、冒険とは何か?なぜ冒険するのか?そんな事柄を、18年間の冒険体験を通して蓄積してきた自分の言葉としてお話しします。 (ご本人より)

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別