「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

榎本澄雄 (K-16675)

  • HOME »
  • 榎本澄雄 (K-16675)

榎本澄雄 えのもとすみお

元警視庁警部補 株式会社 kibi 代表取締役 Chief Investigation Officer

株式会社 kibi 代表取締役。元警視庁警部補。警視庁麻布署在籍当時知能犯担当刑事として自閉症者を被疑者とする事件を担当し、退職後は特別支援教育の現場に身を置いた。著書に『元刑事が見た発達障害』、共著に『自傷・他害・パニックは防げますか?』がある。

弁護士・法律関係者 医療・福祉関係者 教育・子育て関係者
福祉・介護 顧客満足・クレーム対応

榎本澄雄のプロフィール

■座右の銘
速い反応・鋭い感覚・広い視野

■略歴
愛媛松山生まれ。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。警視庁警察官拝命後、麻布署刑事課知能犯捜査係主任として、被害総額20億円を越える地面師詐欺など社会的反響の大きい告訴事件を数多く担当。ASD被疑者が出版社を10年、誹謗中傷したインターネット名誉毀損事件を書類送致。6年あまりで警視総監賞4件、刑事部長賞7件、組織犯罪対策部長賞3件受賞。退職後は特別支援教育の現場に身を置き、2017年夏、重度自閉症の小学生を20日間支援。身体アプローチが水遊び・排泄・噛み付き・会話能力を劇的に改善した体験から著書『元刑事が見た発達障害』、共著『自傷・他害・パニックは防げますか?』では身体知と遵法教育を提言。コロナ禍に大手人材企業の顧問として受電1日最大4,000件、スタッフ最大60人の自治体コールセンターにてクレームケアからCS、ESまで指南。キッズダンスの講師としてミラーニューロンの発達を促している。

■著書
『元刑事が見た発達障害 真剣に共存を考える』榎本澄雄=著(花風社)
『自傷・他害・パニックは防げますか? 二人称のアプローチで解決しよう!』廣木道心+栗本啓司+榎本澄雄=著(花風社)

■TikTok Sumiwo the Robot

■YouTube 榎本澄雄「愚者の勇気」

■note 榎本澄雄「愚者のつぶやき」

■リスク対策.com
「メタバース思考の凶悪犯人から鉄道乗客の救出確率を上げる5つの提言」
『企業犯罪 VS 知能犯刑事 麻布署6年の研究と発見』
『元刑事も夢中になる防災訓練のゲーミフィケーション』

■AirCourse 人材育成担当者向けコンテンツ
コンプライアンス研修の落とし穴|元刑事の研修講師が考える研修実施の真の目的とは
コンプライアンスの違反事例4選|教育・研修の効果を高めるための資料への組み込み方も解説