「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

老邑敬子 (K-18310)

  • HOME »
  • 老邑敬子 (K-18310)

老邑敬子 おいむらけいこ

チーム『やさしい日本語』 主宰

関西テレビ在勤時、報道部、国際部、宣伝部、事業部と、各部門にて活躍し、事業部長として手腕を発揮。2017年に定年退職。19年よりチーム『やさしい日本語』を主宰。在住外国人や高齢者、子ども、障がいのある方など、どなたにも伝わる、解りやすく思いやりのある日本語を伝える活動をしている。

実践者
コミュニケーション

老邑敬子のプロフィール

■プロフィール
1957年:生まれ 兵庫県西宮市在中

2017年:関西テレビ放送 定年退職
   (報道部、国際部、宣伝部、事業部に勤務)
2017年:日本語教育能力検定試験合格
2019年:チーム『やさしい日本語』立ち上げ

■経歴
関西テレビ放送で報道部、国際部、宣伝部、事業部と幅広く活動し、その経験を活かして各部門において活躍。
事業部長まで務める事になり、社内外で手腕を奮った。
2017年に定年退職を迎える。
現在では仕事で培った人脈や経験を活かし、チーム『やさしい日本語』を立ち上げる。
現在は日本語教師として様々な国の外国人に日本語を教えており、
また、日本人向けに外国人に対して分かりやすく伝えられるよう講師、セミナー活動を行っている。

■主な公職
日本語講師
やさしい日本語指導者
日本伝統文化インストラクター
プレゼンテーション実務士

■チーム『やさしい日本語』とは
日本には、少しだけなら日本語のわかる外国人がたくさん住んでいます。
そして外国からの旅行者にも少しだけ日本語がわかる人がたくさんいます。
こんな人たちがこれからの日本にはますます増えていきます。
外国の人だからといって英語で話さなくてもいいんです。まずは日本語で話してみましょう。
でも、ふだん私たちが使っている言葉が、そのまま外国の人に伝わるわけではありません。
「立入禁止です」と言うと、伝わらないときがあります。
これを「入(はい)らないでください」と言いかえると、わかりやすくなります。「避難」という言葉がわからなくても「にげて!」と言えば、通じます。
こんな風に私たち日本人同士が話している日本語を外国の人にも分かるようなやさしい言葉に言いかえると、伝えたいことが伝わりやすくなります。
これが「やさしい日本語」です。

講演タイトル例

コミュニケーション 『やさしい日本語』の基礎(手引き講座)
~英語でなくてもいいんです~

外国人と日本語でうまくコミュニケーションを取る方法を学ぶ講座です。 日本は多くの外国人が集う社会人となりましたが、この人たちは英語を話す人ばかりではありません。しかし、シンプルな文法と単語を工夫した『...

プランへ移動

コミュニケーション 『やさしい日本語』の手引き講座~共に生きていくために~

外国人と日本語でうまくコミュニケーションを取る方法を学ぶ講座です。 最近、お隣さんや会社に外国人がきて生活を共にする事が増えています。 でも日本で暮らす外国人は、英語を使う人ばかりではありません。 彼...

プランへ移動

コミュニケーション 『やさしい日本語』ツーリズム
~おもてなしは『やさしい日本語』で~

外国人と日本語でうまくコミュニケーションをとる方法を学ぶ講座です。 近年、日本は多くの外国人が訪れる国になりました。 海外旅行をするとき、少しだけでもその国の言葉を覚え、使ってみようと考えますが、これ...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別