「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

鈴木光司 (K-3925)

  • HOME »
  • 鈴木光司 (K-3925)

鈴木光司 すずきこうじ

作家

著書『リング』が、若い世代を中心に圧倒的に支持されベストセラーとなり、続編『らせん』で吉川英治文学新人賞受賞。執筆活動の傍ら、自称「文壇最強の子育てパパ」として、自らの子育て体験を通し、講演活動も行う。家族の絆、父親の役割、日本の教育問題について積極的な発言をしている。

作家
モチベーション 男女共同参画 教育・青少年育成

鈴木光司のプロフィール

■職歴・経歴
1957年 静岡県浜松市生まれ
慶應義塾大学文学部仏文科卒業
1990年 『楽園』が日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞して作家デビュー。
『リング』『らせん』『ループ』『バースディ』のシリーズが計800万部のベストセラーとなる。
国内についで『リング』『仄暗い水の底から』は、ハリウッドで映画化される。
代表作に『シーズ・ザ・ディ』『エッジ』『鋼鉄の叫び』。その他に『ブルーアウト』『樹海』『タイド』『強い男を求めなさい、いなけりゃあなたが育てなさい!』『など。

高校教師であった妻に代わり、ふたりの娘を育てた経験を持つ。ヨット、バイク、格闘技を愛する肉体派。夢は太平洋横断。著作は世界二十カ国ごに翻訳され、国内外を問はず、積極的に講演活動を行い、海外メディアのインタビューも数多くこなす。2013年7月、アメリカの文学賞、シャーリージャクソン賞を日本人として初めての受賞。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
市町教育委員会研修会

<受講者への貢献> こちらの都合で講演開始が早まりましたが臨機応変に対....

静岡県
2019/11月
教育委員会

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

モチベーション 次世代を担う若者達へ
よりよく生きるための勇気と指針

私が若者達に語りたいのは、仕事、旅、航海など、実際の体験から導き出されたアフォリズム(格言)の数々です。とくに、1万マイルを超える航海経験から、ヨットを操り無事に目的地点まで航海するための術と企業のマ...

プランへ移動

男女共同参画 ~新しい家族のあり方~
パートナーシップと子育て

私は、高校教師をしている幼馴染の女性と結婚しました。 小説家志望のボクは自然に家事をし、娘ができたことで子育てをすることになりました。 保育園の送り迎えの時、当時は男の子育てが珍しかったのか、妻に逃げ...

プランへ移動

教育・青少年育成 なぜ勉強するのか

人間は、なぜ勉強するのか、その目的を明確にしなければ、絶対に勉強することに対するモチベーションは高まらない。 「勉強させる」のではなく、自ら勉強する子どもを育てるためには、これは不可欠なことです。  ...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

著書『リング』『らせん』をはじめ、数々の話題作を世に送り出している鈴木光司さん。講演ではいつもパワー全開で熱いメッセージを届けてくださいます。
中・高校生、保護者、子育て世代、高齢者など対象者に合わせて話題も工夫され、話術・構成力ともに抜群。「男女共同参画」「教育」「文化・生涯学習」など、幅広い市場に対応可能です。
これまでの講演実績に「教育委員会 男女共同参画啓発講演会」「青少年健全育成講演会」「人権月間 人権講演のつどい」「中学校 創立記念式典講演会」「
教育委員会 教育フォーラム」「PTA連合会講演会」など。
主な講演テーマは「なぜ勉強するのか」「新しい家族のあり方~パートナーシップと子育て~」「夢を抱いてたくましく生きる子どもを育てる」「現代日本人にとって理想の教育って何だろう」などです。
聴講された方々からは「子育て世代にはこれからの子育てに参考になる内容であった」 「元気を頂いた」「子育ての話が良かった」「息子・娘夫婦や孫にも伝えていきたい」「孫に本を読んであげたくなった」「男性が育児や家事への体験や意見を語ることは、男性にとっても聞きやすく、新たな興味やきっかけづくりとなった」などの感想が寄せられています。
自称「文壇最強の子育てパパ」からの言葉には説得力があり、講演を聞くことによって意識も変わるのではないでしょうか。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別