「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

奈佐誠司 (K-4502)

  • HOME »
  • 奈佐誠司 (K-4502)

奈佐誠司 なさせいじ

プロ車いすダンサー

オートバイの事故で下半身麻痺となり、左手の握力も無くなる。現在は、日本初プロの車いすダンサーとして「心のバリアフリー」をテーマに積極的に活動。バリアフリー・ダンス・ユニット「リトル・ラブ」のリーダー。
持ち前の明るさと行動力で様々なイベントで活躍。エネルギッシュなダンスはもちろん、講演も心に響く。

音楽・芸術関係者
福祉・介護 人権・平和 意識改革 演芸・演劇

奈佐誠司のプロフィール

■職歴・経歴
1968年生まれ。奈良県出身。
高校生の頃からオートバイレーサーを目指し、18歳の時にバイク事故に遭う。
自由のきかない身体に絶望し、自殺を図るが一命を取りとめた。そんな時、車いすダンスに出会う。
その後、東京のスクールに通い続け、数々の賞を受賞。
プロダンサー・柴山道法氏と出会い、ユニット『Little Love』を結成。そして東京・六本木ヴェルファーレでバリアフリーなダンスイベントを大成功におさめた。現在では女性のダンサーも加わり更に磨きをかけると同時に“バリアフリー”をテーマに各地の学校、福祉施設等の講演活動に力を入れ、さらに タレント として メディアや舞台にも 活動を広げ活躍中!
大阪府堺市在住。

スーパージャパンカップ09’にてラテンアメリカンクラスⅡで優勝
第1回全日本車いすダンススポーツ選手権ラテン部門優勝
ポーランドにて、世界車いすダンス選手権に「松島トモ子」さんとペアーを組出場
第1回アジア車いすダンススポーツ選手権にて、ラテンクラスで優勝し、アジアチャンピオンとなる
スーパージャパンカップ04'にて、ラテンアメリカンクラスⅡで優勝
世界選手権大会日本代表選考会にて ラテンクラス2で 優勝し 日本代表に決定
第3回世界車いすダンススポーツ選手権04'に出場

■著書
『車いすのダンサー―神様がくれた生き直しのチャンス』(PHP研究所)
『大震災!!イヌ、ネコを救え 車イスで救援活動』(ポプラ社)

奈佐誠司さんのホームページ

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
PTA講演会

<受講者への貢献> .

大阪府
2018/11月
学校・PTA
学校祭

<受講者への貢献> ダンスも感動しましたが、お話も看護学生にとって、と....

福岡県
2018/11月
医療・福祉
福祉講演会

<受講者への貢献> おかげさまで、障害者週間のイベントも盛況に終えるこ....

奈良県
2017/12月
医療・福祉
障害者週間・障害理解特別企画

<受講者への貢献> ご自身の体験を元に、受障からエンパワメントされた現....

長野県
2017/12月
医療・福祉

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

福祉・介護 ダンスで心のバリアフリーを!
~ 人間の福祉も動物の福祉も同じ ~

障害のある人とない人が車いすダンスを通してお互いを理解しあい、助け合う姿からノーマライゼーションや心のバリアフリーな社会を考えてもらう機会になればと考えます。 そして、人にやさしい社会は動物にとっても...

プランへ移動

人権・平和 ダンスで心のバリアフリーを!

オープニングにスピード溢れるストリートダンス! 後半にはストーリー性、メッセージを組み込んだダンスでしめくくります。 また、講演の中では、実際に会場の皆さんにも“車いすダンス”を体験していただく参加型...

プランへ移動

意識改革 夢をあきらめない 
~自分を信じて

現在の子どもは、将来のも夢や目標もなく 自分は何が出来るのだろーと悩んでいる子が多いと聞きました。 また 目標があっても ちょっとした挫折や失敗で 簡単に諦めてしまう現代っ子。 そんな子ども達、若い方...

プランへ移動

意識改革 冬は必ず春になる
人生もダンスもフリースタイル

人生生きていれば、色んな壁にぶち当たる事もありますが、その時どう生きるか、どう乗り越えるかというのはとても悩み辛い事だと思います。 全ての人が強くたくましく乗り越えれると言うものでもなく、チョッとした...

プランへ移動

演芸・演劇 ダンスで心のバリアフリー
~車椅子ダンス&車椅子ダンス体験コーナー~

高校生の頃からオートバイレーサーを目指していたのが一転、18歳の時のバイク事故で車椅子の生活に。 「もう二度と歩けない!」と告知されたときは、自殺を図るほどの絶望の淵にいたが、車椅子ダンスと出会って以...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

バイク事故で車いす生活を余儀なくされた奈佐誠司さん。
そんな中、車いすダンスと出会い、東京のスクールに通い続け、数々の賞を受賞するまでとなりました。現在は、各地の学校、福祉施設等の講演活動に力を注ぐ傍ら、メディアや舞台にも活動の場を広げて活躍中でいらっしゃいます。

主なタイトルは「夢をあきらめない~自分を信じて」「ダンスで心のバリアフリーを!」など。
講演+車いすダンス+体験コーナーの構成で、小・中・高等学校講演会、PTA講演会、人権講演会、子育て講演会、社会福祉協議会 社会福祉大会などでの実績があります。

聴講された方からは「参加型の楽しい内容の中にもしっかりと福祉の在り方や考え方へのメッセージが込められた素晴らしい内容だった。」「小さい子どもたちにも内容がよく伝わり、大人にもその趣旨がよく伝わっていたと思う。また、ダンスのパフォーマンスも楽しくあっという間の一時間半でした。」「参加型の飽きさせない内容で、体験ダンスも楽しさ盛りだくさんで大満足です。」「実体験を基に楽しくもそして悲しくも身近に感じるお話をしていただき、感動しました。」などの声をいただています。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別