「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

寺谷一紀 (K-5261)

  • HOME »
  • 寺谷一紀 (K-5261)

寺谷一紀 てらたにいちき

アナウンサー 元 追手門学院大学客員教授

“ナニワのアナウンサー”のキャッチフレーズで、関西に密着した個性的な活動を展開。
1964年大阪生まれ。87年NHKに入局。人気番組「とっておき関西」などのキャスターとして人気を得る。2002年NHK退社、フリーとなる。関西からのメディア革命を目指し活躍中。

キャスター・アナウンサー
防災・防犯 地域活性 その他実務スキル 文化・教養 人権・平和 医療・福祉実務 コミュニケーション 教育・青少年育成 健康

寺谷一紀のプロフィール

■職歴・経歴
洛星中・高等学校、旧大阪外国語大学(現 大阪大学・外国語学部)を経て、1987年NHK入局。
東京・報道局と大阪・スペシャル番組部で、のべ6年間ディレクターとしてドキュメンタリーなどの番組制作で活躍する。92年アナウンサーに転向。番組の企画制作とリポートを兼任し、自作自演のスタイルを確立。一方で、東京一極集中のメディアのあり方に一石を投じ、放送でも関西弁を積極的に使い、地域の身近な話題を進んで取材するなど、関西に密着した活動を展開し、個性的な活動を行う。
キャスターをつとめていた「とっておき関西」では、中高年の主婦層を中心に熱烈なファンが多い。
2002年にNHKを退社し、フリーに。大阪の街にとことんこだわり、日本のメディアの東京一極集中を脱却すべく活動中。
現在、関西を中心にテレビ・ラジオ・CMなどに出演。吹田市ならびに高槻市文化振興事業団理事。

■著書
『寺谷一紀の 医療どぉ~ナル 』(旬報社)
『ぼくがナニワのアナウンサー』(西日本出版社)
他、地域情報紙や新聞・雑誌にエッセイなど連載中。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
職員研修会

<受講者への貢献> 大変有意義な時間となり、参加者も大変興味深く聴講し....

大阪府
2018/05月
医療・福祉
人権啓発講演会

<受講者への貢献> 寺谷一紀様の講演会は予定通り無事終えることができま....

滋賀県
2018/02月
その他公的団体
防災講演会

<受講者への貢献> このたびは大変お世話になりました。無事に開催するこ....

兵庫県
2018/02月
官公庁
安全特別講演

<受講者への貢献> さすがアナウンサーです。非常に聞きやすいお声とお話....

千葉県
2016/11月
医療・福祉

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

防災・防犯 災害報道の現場取材から見た防災

地域活性 ことばの力が心をつなぐ ~民生委員・児童委員のこれからのあり方~

その他実務スキル これであなたも会話の達人
「必ず上手くなる話し方講座」

とちらずに美しく話すことが、上手な話し方とは限らない。 プロのアナウンサーでも会話の下手な人はたくさんいる。 では、どんな話し方が理想なのか。  明快な5つの法則で、相手に伝わる会話術をめざす、目から...

プランへ移動

文化・教養 ブラウン管の向こう側
「誰も知らないテレビの裏話」

15年に及ぶNHK時代から、民放で幅広く活躍する現在まで、放送現場で体験した信じられないようなエピソードを、赤裸々に、面白おかしく紹介する。 放送では決して披露できない失敗談から、思わずホロリとくる感...

プランへ移動

地域活性 「とっておき関西」
~不況でも、こんなに元気~

一見さびれてしまった商店街。しかしそこには、恐るべきパワーが秘められていた。 取材を通じて出会った、商店街の人たちの、奇想天外な町おこしのアイデアの数々。 そして、独創的な技術で世界をリードする、元気...

プランへ移動

文化・教養 東京一極集中を吹き飛ばせ
「大阪的サバイバルの法則」

放送のデジタル化やハイビジョンの推進。 いま日本が国を挙げて進めていることは、世界的にみると、前時代的でナンセンスきわまりない計画だった。 こうした迷走の元凶ともいうべき、メディアの東京一極集中。 そ...

プランへ移動

人権・平和 常識を疑うことから始めよう
~ナニワのアナウンサーの人権セミナー~

権威や権力を信じるよりも、個人の価値観を高めなければ真実には近づけない。 差別や偏見をなくすためにも、まずは“常識を疑う”ことから始めよう。 人と同じでなくてもよい。みんなについて行かなくても構わない...

プランへ移動

文化・教養 ぼくがナニワのアナウンサー
~大阪弁が日本を救う~

NHKの全国放送で堂々と大阪弁を使った初めてのアナウンサーとして、大阪弁の持つ様々な効用を、体験とともに面白おかしく紹介する。 本音と合理精神にあふれる大阪弁には、日本を元気にするカギが隠されている。...

プランへ移動

医療・福祉実務 助かる医療、助からない医療
「目利きの患者になるために」

長年にわたる医療現場での取材を元に、日本の医療の問題点を鋭く浮き彫りにする。 頻発する誤診。搬送先によって生死を分ける救急医療の実態。横行するもうけ主義。 医師や病院の治療成績を評価するシステムもなく...

プランへ移動

コミュニケーション 住民と信頼関係をつくるコミュニケーション

文化・教養 コーディネーター

地域活性 ことばの力がくらしを守る
「地域や子どもの安全のために」

「ご近所のコミュニケーション」は万全ですか?  気軽に子供達に声をかけていますか?  意外にも「遠慮して話さない」という関係が多いのではないでしょうか。 「ことば」による正しいコミュニケーションこそが...

プランへ移動

文化・教養 なにわ文化に学ぶ“自治の伝統”

大阪の街は、武士ではなく「町衆」とよばれる町人によって発展してきました。言葉や習慣にも色濃く残る、なにわ文化の特長と伝統について、東西比較を交えながら、面白おかしくお話しします。

プランへ移動

その他実務スキル 選挙にうかる話し方

ズバリ、「選挙に受かる話し方」を教えます。小泉前首相の「ワンフレーズ」ではありませんが、有権者に説得力を持って「伝える」ためには、いくつかのコツがあります。それをわかりやすく解説します。

プランへ移動

地域活性 あなたの一票が大切・・・・
町衆がつくる“わがまち、わが暮らし”

関西には自治の伝統があります。武士の文化でない、町人の文化が、大阪の町を発展させてきました。現代にも受け継がれている「町衆」の心意気を、あなたも「まちづくり」に生かしてください。

プランへ移動

コミュニケーション みんな本音で話そうや
明るい社会とコミュニケーション

自分の気持ちを相手に伝えるにはどうしたらいいのでしょうか? 誤解されずに真意を伝える方法ってあるのでしょうか。  心を割って本音を語ることから始めましょう。 “建前”ではなく“本音”を口にすることが肝...

プランへ移動

人権・平和 STOP!THEいじめ(イジメ)
みんな本音で話そうや

日本は「たてまえ社会」だと言われます。しかし関西、とりわけ大阪人は「ほんね」を上手に使います。 「思いをすなおに伝える」ということは難しいかもしれません。大阪弁の特長などをヒントにしながら、相手に率直...

プランへ移動

その他実務スキル 面接に受かる話し方
ナニワのアナウンサーの就職セミナー

「なぜか面接に受かる人」には、共通の特長があります。自分のことを、自分のことばで、素直に、気取ったりせず話すことや、感動したエピソードの選び方、その伝え方など、就職に役立つ話し方について、実例を交えな...

プランへ移動

教育・青少年育成 親子のコミュニケーションが子どものいのちを救う

「親子の対話」ありますか? 「気まずい対話」になっていませんか? 親子の仲を良くするための、とっておきのコミュニケーション術を教えます。対話が増えれば笑顔が増えます。笑顔が増えれば、きっと「自殺」や「...

プランへ移動

コミュニケーション ことばの力
生徒と心を通わせる

学校生活の中で、コミュニケーションほど大切なものはありません。どうすれば、先生と生徒が、心の通い合う、「ほんね」のコミュニケーションができるのか。実例を交えつつ講義します。

プランへ移動

その他実務スキル めざせ言葉の達人
~あなたを変える5つの法則~

「自分の言葉で」「わかりやすく」「短く区切って」「具体的に」「構成を考えて」この五つの約束を守るだけで、誰でも言葉の達人になれます。決して「うまく」話す必要はありません。「伝わる」ためのとっておきの話...

プランへ移動

その他実務スキル ことばの力が患者を救う

「インフォームドコンセント」ということが叫ばれて久しいですが、医療関係者と患者さんは、どこまでコミュニケーションがとれているのでしょうか。何気ない一言が、患者さんを助けたり、逆に苦しめたりするのではな...

プランへ移動

文化・教養 私にもできる、朗読ボランティア

いま朗読がブームです。私はプロとして、何人かの仲間と、定期的に朗読ボランティアにでかけています。中には、主婦や学生など、朗読が全く未経験の人達もたくさんいます。誰でも簡単にできる、やさしくて確実な朗読...

プランへ移動

医療・福祉実務 私が見てきた医療現場
~事故はこうして起こる、防ぐ~

NHK在職中から、多くの医療現場を取材してきました。 事故の形態は様々ですが、その多くが、医療従事者と患者(家族)のコミュニケーション不足が原因で起こっています。 人命をあずかる医療の世界において、フ...

プランへ移動

健康 食べたらあかん、危ないで

私は、放送の取材を通じて、「食品の裏側」というものをいやというほど見てきました。ポストハーベストから食品添加物の問題まで、幅広く「食の安全」についてお話しします。我が家の冷蔵庫には、大手メーカーのもの...

プランへ移動

健康 ナニワのアナウンサーの「喋って、笑って、みんなで健康」

「笑い」は免疫を高めます。笑うことは健康によいのです。声を出すことも、ダイエットや健康管理などに役立ちます。「正しい発声法」から、みんなで「大笑い」する放送の裏話まで、しゃべって笑って健康になりません...

プランへ移動

コミュニケーション 心と心をつなぐ言葉の力

「ことば」の力は偉大です。何気ない一言が、相手を救ったり、傷つけたりします。心の通ったコミュニケーションのために必要な「話し方のコツ」について、プロとしての経験を交えつつお話しします。

プランへ移動

コミュニケーション 職場の安全を守るために
「コミュニケーション5つの法則」

正しい日本語、美しく話すことが、上手な話し方とは限りません。 相手に「伝わる」話し方、コミュニケーションの極意をみなさまに!! 職場の安全を守る「コミュニケーション5つの法則」 1.自分の言葉で話す ...

プランへ移動

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別