「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

ダイアン吉日 (K-5266)

  • HOME »
  • ダイアン吉日 (K-5266)

ダイアン吉日 だいあんきちじつ

バイリンガル落語家

イギリス リバプールから来日のパワフルな落語家。バックパッカーで世界を旅した経験を元に、明るく前向きに生きる術をユーモアを交えて語る講演・英語落語が、老若男女問わず幅広い年齢層に人気を得ている。日本の文化にも興味を持ち、茶道、華道は師範を取得。2013年中曽根康弘賞受賞。

タレント・芸能関係者
国際化・グローバル

ダイアン吉日のプロフィール

■職歴・経歴
イギリス リバプール出身。
ロンドンでグラフィックデザイナーとして働いていたが、世界中を旅したいと決心し、バックパッカーをしながら1990年に日本にたどり着く。英語落語の先駆者、故桂枝雀氏の「お茶子」を務めたことをきっかけに落語と出会い、1998年自ら初舞台を踏む。古典落語から創作落語までさまざまな工夫をこらして演じ、「わかりやすい落語」と子どもから年配の方まで幅広い年齢層に愛されている。今までに50ケ国以上を旅した体験談や、日本に来た時の驚き、文化の違いなどユーモアあふれるトークを交えての講演会も好評。バルーンアーティストとしての一面も持ち、「笑い」で世界を繋ぐ懸け橋となるべく国内外で日々活動中。 2013年、インドにてラフターヨガ講師資格を取得してから、「笑い」を生活の中に取り入れ、心も身体も健康になる「笑い」の持つ無限のパワーを広く知ってもらう活動にも力を入れている。

1990年 日本の文化に魅せられて大阪に住み始める。
1994年 華道(三先流)師範取得 
1998年 故・桂枝雀氏のお茶子を務めたことがきっかけとなり、英語落語の勉強を始める。
2000年 生玉神社で独演会を開く。
2001年 ロンドンでの「ジャパン2001年」出演
2002年 茶道(表千家)師範取得、着付け上級コース卒業。
2003年~06年 英国総領事主催、英国大使館、日米協会 文化庁主催イベント、国際交流団体等で
      数多く英語落語を上演する。
2007年 大阪サンフランシスコ姉妹都市提携50周年記念事業 サンフランシスコ公演参加
      21世紀ジャーナリストフォーラム
2007~09年 NHKワールドテレビ リポーター
2009~10年 奈良テレビ「ゆうドキッ!」月曜レギュラー
2011年 イギリス、ロンドンのカルチャーイベント「HYPER JAPAN」にて英語落語
      浅草にて「ダイアン吉日独演会」、大阪歴史博物館にてこども英語落語「ばいりんがる寄席」
2012年 NHKラジオ ラジオ深夜便「人生‘私’流」出演
     NHK文化センター「ダイアンと英語で話そう日本文化」講師
2013年 これまでの日本と海外の文化の懸け橋となる国際的な活動が高く評価され、
      公益財団法人世界平和研究所において第9回中曽根康弘賞 奨励賞を受賞。
2014年 NHK「NHKスペシャル 日本新生」日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」TBS「所さんのニッ
     ポンの出番!」などに出演
     アメリカ(サンフランシスコ・ロサンゼルス・コロラド・ホノルル)にて英語落語 計8公演
     国際イノベーション会議 Hack Osaka 2014 にてMC など

講演タイトル例

男女共同参画 ダイアンから見た日本

子どもの頃、人前で話すのが大の苦手だったダイアン。 そんな子ども時代だったと思えないほどの迫力満点の話術で観客をとりこにします。  ほんの数ヶ月の滞在のつもりで来た日本ですが、すっかりその伝統文化の奥...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別