「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

門田隆将 (K-8121)

  • HOME »
  • 門田隆将 (K-8121)

門田隆将 かどたりゅうしょう

作家 ジャーナリスト

週刊新潮編集部の記者、デスク、次長、副部長などを経て、2008年に独立。現在、作家、ジャーナリストとして活躍。『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。『疫病2020』(産経新聞出版)などベストセラー多数。

評論家・ジャーナリスト 作家
人材・組織マネジメント その他ビジネストピック 人権・平和 文化・教養

門田隆将のプロフィール

■職歴・経歴
1958年高知県生まれ。
中央大学法学部卒業後、新潮社入社。
週刊新潮編集部で記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年独立。
「毅然と生きた日本人像」をテーマに、幅広い分野で著作を発表。

『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。
『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』(新潮文庫)、『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』シリーズ(小学館)、『オウム死刑囚 魂の遍歴』(PHP研究所)、『新聞という病』(産経新聞出版)、『疫病2020』(産経新聞出版)等々、ベストセラー多数。
最新刊は、新たな形の全体主義に警鐘を鳴らした『新・階級闘争論』(WAC)。

WOWOWでドラマ化された「なぜ君は絶望と闘えたのか」は文化庁芸術祭テレビ部門で大賞受賞、『死の淵を見た男』原作の映画「Fukushima50」はブルーリボン賞作品賞受賞、日本アカデミー賞も最多6部門で最優秀賞受賞。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
総会 記念講演会

<受講者への貢献> 東北で商売をするに当たり、また福島県の企業として、....

福島県
2019/04月
製造業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人材・組織マネジメント 伝説の打撃コーチ・高畠導宏の人の育て方
名選手を育てた『フルスイング』人生~伝説の打撃コーチが遺したもの~

人間の器量は、土壇場でこそ発揮される。 ホンモノのリーダーとは、肩書きや年齢ではなく、本来の使命、すなわち「本義」に忠実に生きる人たちだ。その中の一人を紹介いたします。 プロ野球伝説の打撃コーチ「高畠...

プランへ移動

その他ビジネストピック リーダーの本義
~その時、リーダー達はどう決断したのか~

人間の器量は、土壇場でこそ発揮される。 ホンモノのリーダーとは、肩書きや年齢ではなく、本来の使命、すなわち「本義」に忠実に生きる人たちだ。 登場するのは、2011年東日本大震災による原発事故で事態収拾...

プランへ移動

人権・平和 光市母子殺害裁判が問いかけたもの
光市母子殺害裁判と裁判員制度

23才の若さで愛する妻子を殺害された、光市母子殺害事件の遺族「本村洋さん」。その闘いの日々には支え続けた人たちがいた。その裏舞台を語る。 人間の器量は、土壇場でこそ発揮される。 ホンモノのリーダーとは...

プランへ移動

文化・教養 歴史に学ぶ 
~日本人の生きざまとは~

『康子十九歳 戦渦の日記』(2009年7月/文芸春秋)『大地に殉ず 陸軍中将根本博の生涯』(2010年1月/集英社より上梓予定)を踏まえ、歴史の中の毅然とした日本人の生きざまを語ります。  ビジネスパ...

プランへ移動

人権・平和 裁判員制度はなぜ必要なのか

「裁判員制度はなぜ必要だったのか」 ○裁判員制度が必要になるまで日本の司法が追い込まれた、その理由。 ○そこまで日本の官僚裁判官が堕落したのはなぜなのか。 など、その“根本”を語ります。  裁判員制度...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別