「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

蓮池 透 (K-6037)

  • HOME »
  • 蓮池 透 (K-6037)

蓮池 透 はすいけとおる

元「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」副代表

実弟・薫氏がある日突然行方不明となったことから、蓮池一家の平穏な生活が一転。行方不明の実弟を探し求め、北朝鮮の拉致であることが判明。「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局長、副代表を歴任。拉致問題を人権侵害の最たるものとして捉え、広く理解を求めて全国で講演活動を展開中。

実践者
人権・平和 時局・経済

蓮池 透のプロフィール

■職歴・経歴
1955年新潟県柏崎市生まれ。
1973年新潟県立柏崎高校を卒業。
1977年東京理科大学電気工学科を卒業後、東京電力株式会社に入社
1997年より「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局長
2005年より2007年まで同会 副代表を務める。

■経緯
実弟・薫氏がある日突然行方不明となる。
以後、蓮池一家の平穏な生活が一転。何の情報も得られぬまま、行方不明となった実弟を探し求める。長い歳月をかけた末、ついに北朝鮮による拉致であることが判明。
「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局長として、さまざまな問題に取り組む。念願叶って弟・薫氏と家族は帰国を果たす。
拉致被害者、蓮池薫氏の兄として、拉致問題を人権侵害の最たるものとして捉え、広く理解を求めて全国で講演活動を展開中。

■著書
『告発―日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由』(ビジネス社)
『拉致と日本人』(辛 淑玉氏との共著 岩波書店)
『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)
『13歳からの拉致問題―弟と家族の物語』(かもがわ出版)
『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版)
『拉致2 左右の垣根を超える対話集』(かもがわ出版)
『奪還』(新潮社刊)
『奪還第二章』(新潮社刊)

講演タイトル例

人権・平和 二つの国のはざまで翻弄され続ける家族

北朝鮮による日本人拉致事件は、小泉前総理の訪朝により白日の下に晒された。 そして、5人の拉致被害者とその家族は帰国・来日を果たした。しかしながら、その他の被害者の問題に関しては膠着状態となり、拉致問題...

プランへ移動

時局・経済 原発に未来はあるか 福島第一原発事故を踏まえ
元東京電力社員として

福島第一原発事故は、どういうものだったのか。東電という会社はどのような会社なのか。それらを通じて、今後の日本の原子力・エネルギー政策はどうあるべきかを提案。 福島第一原発事故を踏まえ、また東京電力社員...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

「二つの国のはざまで翻弄され続ける家族」と題した講演会を、全国各地で行う蓮池 透さん。
人権啓発講演会、人権フェスティバル、人権・同和問題啓発強調月間市民講座、ヒューマンフェスタなど、これまでたくさんの地域の方々からご依頼をいただいています。
聴講された方からは、「人権侵害の最たるものである他国家による拉致事件。未だに解決されない拉致家族の苦悩や思い、拉致事件における真相解明の経過など、人権問題として真剣に考えさせられた」「生徒には難しい内容もあったが、生徒なりに受け止め、地域や保護者の方々にも好評であった」「当事者の思いを語っていただきました。講演後の質問でも丁寧に答えていただき、学ぶことが多い講演会だった」「論理的で柔らかい語り口。思いがひしひしと伝わってきた」など。
日本と北朝鮮のはざまで戦う拉致被害者家族の心境、拉致被害者が生き延びるため、また自分の家族を守るために行なった行動など、報道の内容とはまた違った生の声を聴くことができる貴重な講演です。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別