「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

石田ゆうすけ (K-6930)

  • HOME »
  • 石田ゆうすけ (K-6930)

石田ゆうすけ いしだゆうすけ

旅行作家 グルメ作家

自転車で7年半かけ、無帰国で世界一周。デビュー作『行かずに死ねるか!』が累計20万部を超えるヒットとなる。パソコン&プロジェクタを使い、「夢」「モチベーション」「相互理解」等をテーマにした笑いあふれる講演は、学校や企業で好評を博し、講演回数は300回を超えた。

実践者
意識改革 モチベーション コミュニケーション

石田ゆうすけのプロフィール

■職歴・経歴
和歌山県白浜町出身。
高校時代から自転車旅行を始め、20歳の時に日本一周を達成。雪印乳業に入社し、3年3ヶ月勤めて資金を貯めたあと、自転車世界一周へ。7年半かけて、9万5000㎞、87か国を走り、2002年末に帰国。
現在は旅関係以外にインタビュー記事やグルメ記事も執筆。
『行かずに死ねるか!』から始まる「世界9万5000キロ自転車ひとり旅」シリーズ3部作は韓国、台湾、中国でも発売され、累計30万部を超えるヒット作に。
日本の旅を描いた『道の先まで行ってやれ!』は2010年の長野県国公立入試問題に使われた。
現在は各誌で取材・執筆のかたわら、「夢」「国際理解」「モチベーション」「食」をテーマに、全国の学校や企業で講演も行っている。講演はアメリカや台湾でも開催された。

■著書
『大事なことは自転車が教えてくれた』(小学館)
『行かずに死ねるか!』(実業之日本社)
『いちばん危険なトイレといちばんの星空』(実業之日本社)
『洗面器でヤギごはん』 (実業之日本社)
『道の先まで行ってやれ!』 (幻冬舎)
『台湾自転車気儘旅』(メディアファクトリー)
『地図を破って行ってやれ!』(幻冬舎刊)ほか

■寄稿
『dancyu』『BE-PAL』『CYCLE SPORTS』『Bicycle Navi』『自転車人』『The Gold』『JCB PREMIUM』『JR EAST』『日本農業新聞』『フォーブス』『ガルビィ』『b*p』『サントリークォータリー』『identity』 等各誌

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権講演会

<受講者への貢献> アンケート結果について、講演内容に対して、満足、お....

新潟県
2017/07月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

意識改革 自転車世界一周の旅を仕事に変える

旅行作家として成功するまでのプロセスを、自転車世界一周のスライドショーを上映しながら話します。 1995年~2002年までの7年半をかけて、自転車で世界一周し、87ヶ国を巡りました。 その旅のなかで、...

プランへ移動

モチベーション 夢を形にする喜び
~自転車世界一周の旅を仕事に変える~

7年の歳月をかけて、自転車で世界一周、87ヶ国をまわり、気候・風土・文化・言語等、様々な違いを体験し、多くのことを学びました。 講演では、旅のスライドを上映し、みなさんに世界一周旅行の疑似体験をしてい...

プランへ移動

コミュニケーション 「世界とのコミュニケーション術」

7年の歳月をかけて、自転車で世界一周、87ヶ国をまわり、気候・風土・文化・言語等、様々な違いを体験し、多くのことを学びました。 講演では、旅のスライドを上映し、みなさんに世界一周旅行の疑似体験をしてい...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

自転車で7年半かけて世界一周に挑戦した石田ゆうすけさん。
講演では、「夢を持つことの大切さ」「夢の実現に向けて努力する姿勢」など、
実際に体験し、実現した者だからこその言葉が心に響きます。

主な講演タイトルに、「夢を形にする喜び」「困難に挑むおもろさ~夢を形にする喜びと、生きている実感~」「ゆうすけ流「人生100倍楽しむ方法」~自転車の旅 世界一周の秘話~」「~7年半、自転車世界一周、9万5千kmの旅~」など。
これまでの講演実績に「中学校 道徳授業地区公開講座での講演会」「中年健全育成会 教育講演会」「健康講演会」「中学校創立記念式」「「町役場 人権講演会」「小中学校 キャリア教育講演会」「高等学校 国際理解講演会」など。

聴講者からは、「中学生にとって、日々の生活を振り返り、将来に向けて志を立て、明るい展望を持って困難に向かっていこうとする意識を高めるすばらしい内容でした」「世界を自転車で旅した選りすぐりの映像を映し出しながら、「迷ったら後悔しない方を選ぶ」「何より大切なのは時間である」ことなどを話していただき心に響きました」「真実は一つでなく、情報は自分の目で見て確認することが大切であるという言葉が印象的だった」「最近のシリア情勢と絡めて話していただいたことはタイムリーで非常によかった」などの感想が届いています。

生徒たちにとっては卒業後してからも忘れられない時間として心に残ることでしょう。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別