「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

岡本工介 (K-8062)

  • HOME »
  • 岡本工介 (K-8062)

岡本工介 おかもとこうすけ

一般社団法人タウンスペースWAKWAK 事務局長 環境教育事務所OCT(コミュニティ・オブ・トリーズ) 主宰

被差別部落出身というルーツを持ち、ネイティブアメリカンとの生活や黒人解放運動の地など10数年にわたる旅を経験。社会的包摂の実現に向けまちづくりに携わり、また、人権講演、人間関係トレーニング、自然と人をつなぐインタープリテーション等、子どもから大人までを対象に、講演・セミナーを行っている。

教育・子育て関係者 実践者 コンサルタント
人権・平和

岡本工介のプロフィール

■経歴
1979年 大阪府高槻市生まれ
2002年以来、毎年渡米。10数年にわたってネイティブ・アメリカン居留区でラコタ族の人々と出会い、共に生活する中で、彼らの伝統的儀式や生き方や自然観に深く触れる。また、放浪の旅の中、様々な国立公園やアメリカ南部を旅し、黒人公民権運動の指導者であるキング牧師のルーツを訪れる。
旅の中で“ルーツを大切に生きる生き方”と“Community of trees”(様々な木々が育つ森を地域に創る)というビジョン(夢)を持ち帰る。
龍谷大学卒業後、環境教育プランナーとして、公立の小学校・中学校・高等学校、行政機関、企業、環境教育施設などで、子どもから大人までを対象に、人間関係トレーニング、ワークショップ、教職員研修、企業研修、講演、キャンプなどの企画・運営に携わる。
2008年より、一般社団法人高槻市人権まちづくり協会の職員(事務局次長)として、高槻市及び高槻市教育委員会からの受託業務、同市の人権啓発業務(講座、研修会等)の企画運営や総合相談業務、法人運営、施設管理業務に携わる。
2016年4月に独立。現在は、一般社団法人タウンスペースWAKWAK事務局長、平安女学院大学キャンパスソーシャルワーカー、薫英学園大阪人間科学大学社会福祉学科非常勤講師、環境教育事務所COT(コミュニティ オブ トリーズ)主宰。

■著書
『サウスダコタの風1』『サウスダコタの風2』『サウスダコタの風3』『サウスダコタの風4』『虹をカタチに』
■映像資料DVD
『ぶらく新世代グローカルに生きるVOL1 風の人になりたい』(株式会社フルーク・風楽創作事務所)
■取材
大阪日日新聞『米国一万キロの旅を映画に~自らの存在証明に迫る新世代の感性』
■連載
・高槻市立青少年交流センターの情報誌「ぽこあぽこ」に「サウスダコタの風」
・高槻市立富田ふれあい文化センターの情報誌「桟」に「Making Rainbow~虹をカタチに」「グローカルに生きる」

講演タイトル例

人権・平和 「差別をなくす」から「手をつなぐ」へ

被差別部落というルーツに生まれ育ち、部落解放運動を進める両親のもと地域の中で地域の人たちに育てられ、支えられながら育ち、そして、21歳からの10年間にわたるアメリカの旅の中で共に生活してきたアメリカ・...

プランへ移動

人権・平和 虹をカタチに
~“ルーツ”をツールにして生きる。~

僕が伝えたいことは、ルーツ(被差別部落出身)を大切に生きるという生き方。 そして、ルーツは人とつながっていく大切なツールであるということ。 部落問題というと、どうしても「押し付けられる」や「考えさせら...

プランへ移動

人権・平和 新たな人権・部落問題学習のカタチ
~「自己肯定感」を高めることから~

○被差別部落というルーツ 被差別部落というルーツに生まれ育ち、部落解放運動を進める両親のもと地域の中で地域の人たちに育てられ、支えられながら育つ。  ○21歳の旅立ち 21歳からの10年間にわたるアメ...

プランへ移動

スタッフからのコメント

アメリカ先住民との交流を重ねる中で、“ルーツ(被差別部落出身)を大切に生きる生き方”に辿りついた岡本工介さん。

「差別をなくすから手をつなぐ」「世界を旅して、いま伝えたいこと~様々な違いをもつ“ひと”がほほ笑みながら手をつなぐ社会を~」などをテーマに、ご自身の体験や生い立ちを大変分かりやすく話され、差別の実体について考えるきっかけを与えてくださいます。

聴講された方からは、「「人権同和問題に対する関心を高め、差別意識や偏見を取り除き、人権を大切にしながら主体的に生きる明るい知識づくりを推進する」という、こちらの目的にあった内容でした。」「自らの体験を基に語られたので、とてもわかりやすく、心に響くものでした。」「とても話がわかりやすく、とにかく岡本さんのあたたかさが伝わってくる講演でした。」「パワーポイントやホワイトボードを効果的に使っていたので最後までしっかり聞くことができた」などの感想が届いています。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別