「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

齊木茂人 (K-18136)

  • HOME »
  • 齊木茂人 (K-18136)

齊木茂人 さいきしげと

クレーム対応コンサルタント カスタマーハラスメント対応コンサルタント 消費者志向経営推進コンサルタント

クレーム対応の専門家として11年間、50,000件以上の支援やカスタマーハラスメント対策を実践。また、消費者の声を聴く活動など、SDGsにつながる消費者志向経営を推進。企業・行政・大学などで講演を実施。中小企業向の成長に向けて、最新の企業事例を用いて実践的な支援を行う。

コンサルタント
経営戦略・事業計画 顧客満足・クレーム対応 モチベーション

齊木茂人のプロフィール

■職歴・経歴
・1985年日本ハム株式会社に入社。
・2016年よりお客様サービス部長兼お客様サービス室長に就任。
・2019年10月退職し、2020年1月齊木総合研究所を開業。  
・公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)会員 元理事、元西日本支部長。
・大阪府内の市における消費生活委員2018年度
・大手生命保険相互会社 消費者専門委員2019年度~現在   
■主な講演
・2016年 日本規格協会 標準化と品質管理全国大会「お客様の声を活かす~品質№1経営を目指
 して~」約500名                                    
・2018年 徳島県・消費者庁 消費者志向経営推進シンポジウム「消費者志向自主宣言企業における
 フォローアップ活動」約200名
・2019年 大手スポーツアパレルにて 「お客様の声を活かす」約80名 
・その他 大手食品企業・食品関連工業協会・神戸大学・関西学院大学・大東文化大学・大阪経済大学
 などにて講演。・日本規格協会は、東京大会・四国大会・東北大会と好評につき、3年連続で開催。
■書籍 
・『食品企業の事故対応マニュアル作成のための手引き』検討委員会委員として参画

■主たる活動
・クレーム対応研修や消費者視点の経営コンサルを通じて中小企業を支援。

講演実績

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
・実際経験者としての話でしたので現実的でとても参考になりました。
・本日はありがとうございました。非常にわかりやすい説明と聞き取りやすい話され方で参考になりました。
・顧客の声を活かす活動は社会貢献であると感じた。自社での取り組みも工夫していきたい。
大変有用な内容でした。社内のシステムを変革するのは大変だと感じました。

<開催目的に対して>
齊木さんに依頼してよかった。
引き続き協力をお願いしたい。

<主催者>大手スポーツアパレル様

<会合名>

<タイトル>お客様の声を活かす

<受講者の反応・成果>
・これまで数々の企業の講義を聞いてきたが今回はとても新鮮に感じた。
・誠実さがすごい良く、また、お客様対応の面に関心を持ちました。
・講師の方の喋り方や声のトーン、ペースが調度よく話の内容が分かりやすく伝わってきた。
・ストーリもあり、「信頼」というワードを何回も使用することによって、どれだけその思いを大切にしているかが伝わってきました。
・企業の消費者とのかかわりについて興味を持つことができました。
・「消費者志向」実現に向けての本気度がよく伝わってきました。





<開催目的に対して>
・学生の理解が深まった。
・来年もお願いしたい。

<主催者>私立大学様

<会合名>

<タイトル>企業の消費者対応 ~消費者志向経営の実践~

<受講者の反応・成果>
・説明がわかりやすかった。
・斎木講師のご自身の経験を元に整理されていた点
・最悪の事態を想定が、自社には弱い。つい楽観視しがち。
・少し難しい内容でしたが、大変参考になりました。危機管理マニュアルの作成に役立ちそうです。
・最悪の事態を想定して考えることは難しいと思いましたが、だから意識して考えておかないといけないと思いました。

<開催目的に対して>
・新しいコンテンツとして新鮮さがあった。継続したい。
・時間があっという間に過ぎる内容であった。

<主催者>消費者関連様

<会合名>

<タイトル>危機管理

講演タイトル例

経営戦略・事業計画 消費者志向経営の実践
~消費者の声を聴き、SDGsの目標達成につなげる~

企業価値を高め継続して成長させる。そのためには消費者視点に立ち、消費者志向経営の実践による“もの作り”が求められています。お得意先の先にある消費者の声を聴くことなく存続は厳しいとまで言われています。 ...

プランへ移動

顧客満足・クレーム対応 クレーム対応の基本と実践
~カスタマーハラスメント対策~

2020年ハラスメントに関する指針が施行される予定です。「顧客からの著しい迷惑行為」に関してはマニュアル整備や研修が求められます。単に迷惑行為を問題視するのではなく、初期段階も含めた顧客対応プロセス全...

プランへ移動

モチベーション お客様対応部門の基本と実践
~メンバーのモチベーションを向上させる~

お客様対応部門は、企業の心臓にあたります。消費者に最も近い存在として、社内に消費者視点の風土醸成の役割を持ちます。そのお客様対応部門の価値を高めることはブランド価値を高め企業価値を高めることにつながり...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別