「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

虎井まさ衛 (K-7889)

  • HOME »
  • 虎井まさ衛 (K-7889)

虎井まさ衛 とらいまさえ

作家

「性同一性障害者特例法」の成立に携わり、日本の性同一性障害者に対する医療・行政・教育現場・メディアのあり方等を正しいものにすべく尽力中。性同一性障害当事者・研究者・支援者のためのミニコミ誌「FTM日本」を16年間主宰。『女から男になったワタシ』など著書多数。

作家
人権・平和

虎井まさ衛のプロフィール

■経歴
1963年東京生まれ。
幼児期より性同一性障害に悩み、大学卒業後、渡米して女性から男性への性別適合手術を受ける。その前後の1987年より、著述・講演など性同一性障害についての啓発活動を始め、1994年に創刊した「FTM日本」は国内外の研究者・教育者にも広く参考にされていた。
東京都人権啓発ビデオ(東映製作)への出演、「3年B組金八先生」第6シリーズへの協力など、性と人権について、教育現場や特にメディアを通じてアピールすることに力を入れている。関連著書多数。

■現職・公職など
・作家
・立教大学兼任勤講師
・東京学芸大学非常勤講師(2014年後期)

■著書
『性同一性障害と戸籍』(緑風出版2007年、共著)
『男の戸籍をください』(毎日新聞社 2003年)
『ある性転換者の幸福論』(十月舎 2001年)
『トランスジェンダーの時代』(十月舎 2000年)
『トランスジェンダーの仲間たち』(青弓社 2000年)
『ある性転換者の記録』(青弓社 1997年共著)
『女から男になったワタシ』(青弓社 1996年)
等多数。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
令和元年度人権啓発講演会

<受講者への貢献> 気づきと人権意識の向上にとても為になるお話を頂きました.

埼玉県
2019/11月
官公庁
人権講演会

<受講者への貢献> LGBTの中でもわかりづらい特に“T”について理解....

埼玉県
2019/07月
教育委員会

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 トランスジェンダーについて
~LGBTのTの話~

LGBT(性的少数者)と一口に言われますが、一文字ずつ意味があり、LGBとTが違うテーマを抱えていることは、一部の人々にしか知られておりません。特にT(トランスジェンダー)の中だけですら多種多様で、ひ...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別