「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

大谷將夫 (K-8094)

  • HOME »
  • 大谷將夫 (K-8094)

大谷將夫 おおたにまさお

タカラ物流システム(株)・タカラ長運(株) 元 代表取締役会長

宝酒造「タカラみりん」の基礎を創りあげ「すりおろしりんご」等のヒット商品を開発。10年間赤字が続き倒産寸前の長崎運送(株)をM&Aで単身現地に乗り込む。“人を創り、人を活かし、人に任す”大谷流経営法で陣頭指揮を執り、僅か8ヶ月で売上52億円・利益1億円の黒字化へと再建を果たす。

経営者・元経営者
経営哲学 ワークライフバランス 意識改革 経営戦略・事業計画

大谷將夫のプロフィール

■職歴・経歴
1940年 京都府生まれ
1959年 宝酒造株式会社入社
1990年 食品営業部長
1997年 理事営業部長(調味料事業担当)
2000年 タカラ物流システム株式会社 初代社長
2006年 長崎運送株式会社社長(兼任)
2009年 長崎運送株式会社は「長運株式会社」に社名変更
2011年 長運株式会社は「タカラ長運株式会社」に社名変更
2012年 タカラ物流システム株式会社・タカラ長運株式会社 代表取締役会長に就任
2014年6月 タカラ物流システム株式会社・タカラ長運株式会社 代表取締役会長 退任

宝酒造では、脱酒類事業のすべてを仕掛けた中心人物であり、「すりおろしりんご」に代表される飲料事業をゼロから年商350億円規模に拡大させる。
2000年タカラ物流システム株式会社社長に就任。2006年長崎運送を買収し、社長を兼務。
原油高とコスト削減圧力などで苦しい物流業界にあって、知恵と工夫で9期連続増益。
宝酒造の100%子会社ながら、“親離れ”を宣言。外販比率3%を52%とし、親会社頼りの経営から脱却。社員の意識改革・業務改革で9年間で売上げ3倍・利益5倍を達成。
さらに各地の物流網を強化し、関連会社以外からの取扱量拡大と事業多角化を目指す。

■著書
『儲かる会社に変える 貧乏人の発想 金持ちの行動』(実業之日本社、2009年6月 発行)

■テレビ出演
長崎文化放送「びたみん 長崎の元気」2009年7月4日・11日

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
経友会

<受講者への貢献> アグレッシブな講演で良かったと思います。.

鹿児島県
2018/09月
金融業
JA役員秋季セミナー

<受講者への貢献> 歯切れも良く、非常に分かりやすく、意識を変えてもら....

新潟県
2018/09月
JA
管理職研修

<受講者への貢献> 意識改革につながったという意見が多く出ており、非常....

宮崎県
2018/04月
JA
マネジメント講座

<受講者への貢献> 大変熱のこもったお話で、好評でした。.

岐阜県
2017/11月
JA
金融機関お客様会主催講演会

<受講者への貢献> 盛況に終了。すごい元気とパワーで、皆圧倒されるほど....

愛知県
2017/09月
金融業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

経営哲学 儲かる会社に変える 貧乏人の発想 金持ちの行動

会社再建は、最初の3ヶ月が勝負所(強みと弱みの分析)である。 合理主義(業務改革:課題つぶし)と人間主義(意識改革:モチベーションをあげる)の両刀づかいでなければ成功しない。 意識改革のキーワードは、...

プランへ移動

ワークライフバランス 困ったときの再建王 大谷流「中小企業のための働き方改革」

現場でやって来た、数々の成功事例を語ります。中小企業にも簡単にできる事柄です。 ちょっとした気付きで、余裕の時間と利益を生みます。 まず、業務改革を先行して行い、儲かる会社に変革し、それから労働条件(...

プランへ移動

経営哲学 タカラ長運(旧 長崎運送)
10年赤字の会社を8ヶ月で黒字化の秘訣

・経営は、結果がすべてである   ・会社再建は、最初の3ヶ月が勝負所(強みと弱みの分析)    ・合理主義(業務改革:課題つぶし)と人間主義(意識改革:モチベーションをあげる)の両刀づかい   ・意識...

プランへ移動

経営哲学 長崎運送 10年赤字の会社を8ヶ月で黒字化の秘訣

・経営は、結果がすべてである   ・会社再建は、最初の3ヶ月が勝負所(強みと弱みの分析)   ・合理主義(業務改革:課題つぶし)と人間主義(意識改革:モチベーションをあげる)の両刀づかい   ・意識改...

プランへ移動

意識改革 明るく、元気に、前向きに
いまやる、頭を使ってやる、必ずやる

・業務改革は、貧乏人の発想と金持の行動で行う   ・経営者は「強い思い」と「戦略的思考=長期的・全体的」を持つべきである   ・現場に黄金が落ちている それをどう拾うか?   ・数字を追うな 中身を追...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 物流改革(特にコストダウン)をどう進めるか

・トラックの実車・積載率を向上させる(一車一人制から複人制へ、バーター契約)   ・賃金制度の見直し(歩合給の導入)   ・配車の知恵(お客様優先、効率性、儲かる配車)   ・燃費の効率化、CO2対策...

プランへ移動

スタッフからのコメント

人を育て、その人の力を最大限発揮させ、そして信頼し任せるという人重視の経営は大変参考になりました。講師自身は親分肌で厳しいお話の中にも人情深さが見られる講演で大変満足しております。
・・・と評価いただきました。(担当 田中 滋)

実績をもとにした体験談である事から、聞き手を飽きさせず、また、人を引き付ける話術でした。セミナー受講者からも、良い評価をいただきました。(担当 安宅 仁)

昨日の大谷將夫先生の講演は、無事予定通り、かつ盛況のうちに終了いたしましたので、お礼を申し上げるとともにご報告いたします。
非常に熱く話していただいた講演で、参加者は相当刺激を受けたのではないかと思います。
また、講演後の懇親会にも参加いただき、参加者の悩み等を聞いていただき、貴重なご意見をいただけた参加者も多かったと思います。
改めまして、素晴らしい先生をご紹介いただきまして誠にありがとうございました。
・・・と評価いただきました。(担当 清水久貴)

出席者の反応がとてもよかった。
感情を込めて話されるので,とてもわかりやすく,伝わってくる。難しい内容ではなく簡単なことを理解しそれを確実に実践していくことがいかに大切かが理解できた。是非他にもお薦めしたい。
・・・と評価いただきました。(担当 田中 滋)

大谷様は赤字から黒字にすることを宣言し、短期間で実績をあげたこと。また、儲かる会社に変えるために、投資(お金を掛け)し勉強し、経営者自らが先頭にたって、改革スピードを意識して結果を出し続けている。成功者の話、体験談を聞くことができた。
・・・と評価いただきました。(担当 白石千雅)

ビジネスの現場で働く皆様の心に響く講演を目指し、聴講者を意識し、(シティバンク、ケンタッキー、近所の団地の内科のお医者様のお話など)先生が聴講者に合わせて例をあげ、何を自分の武器としてやっていくのかを意識して仕事をすること、支持される会社、人となるには、心配りのサービスが必要不可欠、つまり親切丁寧に仕事をすることが大切であるとお伝え頂きました。その結果、お客様からは、企業のトップの方々がストレートに表現できない部分をズバッとお話いただけて、会としても非常に実りのある講演となりましたとのことでした。
・・・と評価いただきました。(担当 佃 美咲)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別