()

  • HOME »
  • 藤川幸之助 (K-8238)

藤川幸之助
ふじかわこうのすけ

詩人・児童文学作家

詩人・児童文学作家

認知症の母親に寄り添いながら、命や認知症を題材にした作品を発表。全国各地で、認知症への理解を深めるため講演活動を行い、また「子ども達にどのように認知症を伝えるか」「命に寄り添う」というテーマで研究を進め、大阪大学大学院、長崎大学、活水大学等で講義を行っている。

属性 作家
講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
属性 作家
講師ジャンル
社会啓発 福祉・介護 人権・平和

関連記事

高齢者の人権を考える講演プラン

介護の際に虐待を受けたり、無断で財産を処分されたり、詐欺商法で被害を受けるなど、高齢者の問題が多発しています。高齢者が生き生きと暮らせる社会の実現を目指し、高齢者を大切にする心を育てる必要があります。システムブレーンでは...

プランへ移動

【介護士研修プラン】2024年より介護サービス事業所で義務化! 高齢者虐待を防止するための効果的な研修プラン12選

2024年4月より、介護サービス事業所において高齢者虐待防止対策が義務化されています。年々増加する事業者内での高齢者虐待を防止するために、何ができるのでしょうか? 本記事では、高齢者虐待の原因と対策、そして虐待の芽となり...

プランへ移動

在宅医療・在宅介護を考える講演プラン

2025年には、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、5人に1人が後期高齢者になると推定されています。 可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活...

プランへ移動

藤川幸之助のプロフィール

■経歴
1962年生まれ。長崎大学教育学部大学院修士課程修了。日本児童文学者協会会員。
小学校の教師を経て、現在は、認知症の母親の介護の経験を基に、命や認知症を題材にした作品を作り続けている。また、認知症への理解を深めるための講演活動や、「子ども達にどのように認知症を伝えるか」「命に寄り添う」などのテーマで研究を重ね、大学等でも講義や講演を行っている。
著書を基ににNBC長崎放送が制作したラジオ番組「マザー・詩人藤川幸之助が綴った母との瞬間」が、2004年度民間放送連盟賞最優秀賞受賞、文化庁芸術祭参加作品となる。

■著作など
『絵本こどもにつたえる認知症シリーズ全5巻』(クリエイツかもがわ)
『母はもう春を理解できない』(致知出版社)
『支える側が支えられ生かされていく』(致知出版社)
『徘徊と笑うなかれ』(中央法規出版) 
『この手の空っぽは きみのために 空けてある』(PHP出版)
『手をつないで見上げた空は』(詩画集/ポプラ社)
『満月の夜、母を施設に置いて』(詩画集/対談・谷川俊太郎 絵・松尾たいこ/中央法規) 
『やわらかな まっすぐ』(メッセージブック/PHP出版)
『君を失って、言葉が生まれた』ポプラ社(詩画集/著・藤川幸之助 絵・田雜芳一)
『大好きだよキヨちゃん。』(絵本/ 文・絵 藤川幸之助/クリエイツかもがわ)
『ライスカレーと母と海』(詩集/ポプラ社 )
など多数

講演タイトル例

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別