「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

相原正道 (K-15580)

  • HOME »
  • 相原正道 (K-15580)

相原正道 あいはらまさみち

大阪経済大学 学長補佐・人間科学部教授 2016と2020の2度招致活動を経験した日本唯一の研究者

2016&2020 東京オリンピック・パラリンピック招致活動を実践した日本唯一の研究者。ABC放送「おはよう朝日です」関西テレビ「報道ランナー」にて東京オリンピック開催を巡る問題について解説出演。企業、行政、メディア等での豊富な講演実績を持つ。著書に『多角化視点で学ぶオリンピック・パラリンピック』など。

大学教授・研究者 コンサルタント スポーツ関係者・指導者
その他ビジネストピック 時局・経済 コミュニケーション 人権・平和 教育・青少年育成

相原正道のプロフィール

■職歴・経歴
1971年東京生まれ。
1996年IT系出版社編集部を経て、1998年より電通パブリックリレーションズにおいてリサーチ&プランニング部、ヘルスケア(厚生労働省健康日本21プロジェクト推進)部、イベント部、メディア部、営業部などの各部署を歴任し、数多くの業界・業種をクライアントとして担当。
2004年筑波大学大学院スポーツ健康システム・マネジメント専攻修了。
2004年 東京ヤクルトスワローズ F(古田敦也選手兼任監督)-PROJECTメンバー 、2005年 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会事業部門マネジャー等を経て、2012年より、福山大学経済学部准教授。2015年より、大阪経済大学人間科学部准教授、2017年10月27日より、大阪経済大学人間科学部教授へ就任。

日本万国博覧会記念公園運営審議会委員、九州経済産業局「FUKUOKA超・ボールパークを地域の核とした観光・スポーツの新サービス創造のためのイノベーション支援」アドバイザー、スポーツ庁スポーツ産業の成長促進事業「スタジアム・アリーナ改革推進事業先端事例形成支援事業」座長、
大阪・関西スポーツツーリズム&MICE推進協議会副会長、

大阪府市都市魅力戦略推進会議委員兼スポーツ部会長、大阪市スポーツ振興施策検討有識者会議委員、大阪市教育委員会「大阪市立学校における部活動のあり方に関する有識者会議委員、府域における均衡ある障がい者スポーツ支援体制のあり方検討委員会委員、

日本トップリーグ連携機構「トップレベルスポーツクラブマネジメント強化プロジェクト」プロジェクトメンバー、文部科学省委託事業「スポーツの環境の整備に関する調査研究事業」プロジェクトメンバー、環境省委託事業「熱中症予防声かけプロジェクト実行委員会」委員、農林水産省「特定農林水産物に付される登録標章策定検討委員会」委員、日本バレーボールリーグ機構「バレーボール国内50周年事業」総合プロデューサー、日本スポーツGOMI拾い連盟理事等を歴任。

■著書
SPORTS PERSPWECTIVE SERIES 1「スポーツマーケティング論」 2「スポーツガバナンスとマネジメント」 3「スポーツ産業論」 4「スポーツ文化論」 5「スポーツマンシップ論」 6「スポーツマーケティング入門」(晃洋書房)、「多角化視点で学ぶオリンピック・パラリンピック」(晃洋書房)、「現代スポーツのエッセンス」(晃洋書房)、「LOHASマーケティングのススメ」(木楽舎)、「携帯から金をつくる」(ダイヤモンド社)

講演タイトル例

その他ビジネストピック アーバンスポーツにおける街づくり:地方創生

街づくりの考える上で現代のミレニアムベイビー世代の若者を理解し、従来の貨幣換算する経済では通じないデジタル世代に対し、多様性の価値観を理解し、どのようなアプローチ方法が有効なのかをスポーツを通じて理解...

プランへ移動

時局・経済 ゴールデン・スポーツ・イヤーズの可能性

2019年のラグビーワールドカップ、東京2020オリンピック・パラリンピック、2021年の関西ワールドマスターズゲームズというゴールデンスポーツイヤーズを迎える。関西においてスポーツはどのような可能性...

プランへ移動

コミュニケーション 関西におけるスポーツの可能性

2019年のラグビーワールドカップ、東京2020オリンピック・パラリンピック、2021年の関西ワールドマスターズゲームズというゴールデンスポーツイヤーズを迎える。関西においてスポーツはどのような可能性...

プランへ移動

人権・平和 スポーツと障害者
~パラリンピアン~

パラリンピアンに焦点を当てることによって健常者にもアスリートに対するリスペクトが生まれ 障害者差別をする考えが失くなります。東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の体験から 障害者(パラリンピアン...

プランへ移動

教育・青少年育成 スポーツと体罰

なぜ体罰がなくならないのか?国際的に体罰というものをどのように見られているのか? どうすれば体罰がなくなるのかをお話したい。体育ではなく、スポーツで考えることを次世代の子供たちへ伝えていきたいです。エ...

プランへ移動

時局・経済 東京2020オリンピック・パラリンピックの経済効果

東京オリンピック・パラリンピックの経済効果にはどのようなことが考えられるのか?  また、どのように活用していくべきなのか?  2016年と今回の2度のオリンピックの招致活動を経験したからこそ語れる、何...

プランへ移動

  • 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会時代
  • 相原正道研究室

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別