「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

三橋尚伸 (K-4847)

  • HOME »
  • 三橋尚伸 (K-4847)

三橋尚伸 みつはししょうしん

真宗大谷派 僧侶 産業カウンセラー

仏教とカウンセリングの融合を通し、本来人間が備え持つ成長する力を呼び起こし、多くの人々の心に健康を施す有髪の尼僧。僧侶とカウンセラーという二つの顔を使い分け、職場・家庭の問題を抱えて苦しむ人々に対し、優しい話し方や問いかけにより、自然な形で明日への自己活力を促している。

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者
医療・福祉実務 意識改革 福祉・介護 メンタルヘルス

三橋尚伸のプロフィール

■職歴・経歴
1949年 東京生まれ。二十代より印刷会社にてデザイン・編集に携わる。
     三十代からはいくつかの学校で密教教義や図像学の研究を始める。
1988年 東京大谷専修学院を修了。真宗大谷派にて得度。
      仏教情報センター相談員として「仏教ホスピスの会」に参加。
1993年 財団法人全国青少年教化協議会の局外編集委員。
1994年 労働省(現・厚生労働省)認定 産業カウンセラー資格を取得。
1995年 財団法人全国青少年教化協議会の出版部課長などを歴任し、
      青少年問題を考える月刊誌や仏教書の出版・編集などに携わる。
企業・公官庁・医療・宗教関係などでの研修や講演の他、電話相談・面接カウンセリングで心の病や病気(主に癌)で苦しむ人々の身心のケアを続ける。また、病院では医療従事者をはじめ、患者・家族のカウンセリングを行いながら、病棟のラウンドや法話会を実施している。

■著書
『死で終わるいのちは無い―死者と生者の交差点に立って』(ぷねうま舎)(2016年2月)
『「病」を包む、お見舞い言葉』(講談社)(2012年5月)
『「林住期」を生きる』(太郎次郎社)(山折哲雄氏等との共著)

■活動・内容
30年以上にわたる実績から、心身の病気に苦しむ人々との関わりで体得した話法は説得力があり、多くの人が相談に訪れる。講演では、PTA・学校関係者向け、医療関係・患者向けの内容、企業・商工会向けに“部下の心を読む・あなたの思考、行動パターン ”等、幅広いテーマを持つ。現代の社会問題を取り入れながら、平易な言葉で解説するため、「自分の問題に気付いた」「興味深く聴くことができる」と各地で高い評価を得ている。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
介護職員交流会

<受講者への貢献> 今回はパート3で前回の復習をする内容もありましたが....

福島県
2017/10月
JA
社会貢献事業・講演会

<受講者への貢献> 皆さん真剣に聴いておられ、大変為になる話で好評でした。.

愛知県
2017/10月
法人会等
セミナー

<受講者への貢献> 担当の方は聴講されておられなかったのですが、参加さ....

埼玉県
2017/09月
金融業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

医療・福祉実務 深層の気持ちに気付く
~より良い対応を目指すために~

私達が何かを話してわかって欲しいと思っている時、先ず相手が本当に分かってくれる人なのか、信頼に足る人なのかを探ります。恐る恐るどうでも良い話をしながら様子を観察して、大丈夫そうだと感じた後で本当にした...

プランへ移動

意識改革 安全で活気のある職場をつくる「心の健康」

僧侶と産業カウンセラーという二つの顔を持つ尼僧が仏教とカウンセリングの融合を通じ、人間が備え持つ成長する力を呼び起こして多くの人に健康を施します。心の病や末期癌の臨床現場で体得した法話は説得力があり、...

プランへ移動

福祉・介護 手をとり合って共に作る住みよい町をめざして

『手をとり合って共に』とは、美しい言葉ですが、私たちは本当に共に生きることを望んでいるのでしょうか。凡夫である私たちが望む「共に」の中に入るのは、自分にとって都合の良い、同じ色をもった仲間だけではあり...

プランへ移動

メンタルヘルス 心の健康

家族と、仲間と、あなたはうまくいってますか? 良い人間関係が楽に築けてますか?  人との関係や生き方で苦しんでいる方々、またほんの少し背中を押して欲しい方々。 温かい雰囲気の中で問題に向き合い、一緒に...

プランへ移動

意識改革 キレる社員とキレない社員
~メンタルマネジメントで職場を120%活性化させる法~

「人とうまく付き合えない、人との関係に疲れてしまうのはどうしてなんだろう?」「キレる部下・上司がいるけど、どうしたらいいんだろう?」「Aさんとは楽に付き合えるのにBさんが相手だと嫌になってしまうのは何...

プランへ移動

医療・福祉実務 病を包むお見舞い言葉

二人に一人という高い確率で誰でもが一人称の問題に成り得る「がん」ですが、実際にそのようになられた方にどのように対応したらよいか迷います。自分がなった時にどうしたらよいのか、受け止められるのかも迷います...

プランへ移動

交流分析で思考・行動のクセを知ろう

交流分析は、生き方・行動・思考・感情などのクセを知ることによって、幼少時に無意識に決断したことを知り、現在により適応した生き方に変更する道が開かれます。性格と過去は変えられませんが、原因を知って、対応...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別