「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 森 久美子 (K-6234)

森 久美子 もりくみこ

作家・エッセイスト 拓殖大学北海道短期大学 客員教授 農林水産省 食料・農業・農村政策審議会元委員

農水省や北海道の審議会委員等を多数務め、農政問題に精通。「食育」や「都市と農村の交流」などをテーマに講演。新聞・雑誌のコラムでは、消費者にもわかりやすく農業の大切さを伝えている。2014年から2年「JAグループの自己改革に関する有識者会議」委員を務め、JA改革についても詳しい。

作家
農業・農政 メンタルヘルス 地域活性

森 久美子のプロフィール

■職歴・経歴
札幌生まれ。2022年3月、北海道大学公共政策大学院修了、「公共政策学修士」取得。拓殖大学北海道短期大学 客員教授。
放送局、洋画配給会社勤務を経て、1995年に北海道開拓時代の少女を描いた小説で、「らいらっく文学賞」(朝日新聞北海道支社主催)入賞。以来、新聞各紙や雑誌に多数の連載を持つ。母と子の心のつながりや、育児・食育をテーマにしたエッセイの連載多数。1999年から2011年3月までの12年間、FMアップル「北の食物研究所」のパーソナリティーとして、約600回、食と健康について専門家と対談した。
2014年10月より、日本農業新聞に小説「青い雪」を連載し好評を博した。のちに、「青い雪」は「ハッカの薫る丘で」(中公文庫)のタイトルで刊行。
農林水産省、北海道庁、北海道開発局、北海道教育委員会、地方自治体等の委員を多数務めている。
「農業振興」「食育」「食農教育」「都市と農村の交流」に関わる講演も多い。

■公職
農林水産省 食料・農業・農村政策審議会元委員
農林水産省 農村振興局 都市農村交流事業評価委員
北海道農業・農村振興審議会 前委員
NPO法人北海道田園生態系保全機構 理事
一般社団法人 家の光協会 参与 など

■主な受賞
1995年 朝日新聞北海道支社主催「らいらっく文学賞」入賞
2002年 第8回ホクレン夢大賞・農業応援部門優秀賞受賞
2004年 農業土木学会賞・著作賞受賞

■著書
『優しいおうち―古民家再生物語』(2021年 中央公論新社)
『古民家再生物語 古材を生かす、未来を建てる』(2018年 中央公論新社)
『おいしい記憶』(2017年 共著・中央公論新社)
『ハッカの薫る丘で』(2016年 中公文庫)
「「食」と「農」を結ぶ~心を育む食農教育』(2014年 JC総研ブックレット/筑波書房)
『背信 待ち続けたラブレター』(共同文化社)
『食育実践記 きゅうりの声を聞いてごらん』(家の光協会)
『母のゆいごん』(共同文化社)
『わがままな母親』(芳賀書店)

講演タイトル例

持続可能な食料供給の実現~みどりの食料システム戦略の実現に向けて

農林水産省、2021年3月に「みどりの食料システム戦略」の中間とりまとめを発表した。これは環境負荷の低減と農業生産力の向上を両立させることで、持続可能な食料供給を実現しようという国の政策方針である。 ...

プランへ移動

食と農の未来と地域振興のあり方

食のグローバル化が進む中、国際経済連携や政策を踏まえた上で、日本の食料生産と地域振興のあり方を提案します。  地方自治体、JAなど

プランへ移動

古民家を活用した地域おこし

日本の伝統的な建築工法で建てられた古民家は、太い梁や大黒柱など長く使える木材を使用している、価値ある文化財です。古民家を再生し、ワーケーションなど現代の暮らしに合った活用を考え、空き家対策等の地域振興...

プランへ移動

農業・農政 「食」と「農」を結ぶ
~心を育む食農教育~

消費者が自分の健康だけを考えるのではなく、野菜を育てる産地を思い、農の営みがもつ多面的な機能を学び、農業を買い支える意識を持ってもらうことの大切さを語ります。 ・子どもたちが「食」をどうとらえているか...

プランへ移動

「いただきます」を忘れずに~食育を進めるために~

食のグローバル化が進む今こそ、「いただきます」の意味をあらためて見つめ直し、食生活の大切さを再認識してもらいます。  地方自治体の食に関するフォーラム、JAやPTAの食育講座

プランへ移動

農業・農政 JA自己改革で、ピンチをチャンスに!

「JAグループの自己改革に関する有識者会議」の委員として、「農協改革」の議論を踏まえて、農業の活性化への道筋を提案します。 安全で安心な国産農畜産物を、消費者に安定供給しているJA。 生産者と消費者の...

プランへ移動

農業・農政 ○○県農業の魅力と課題

食のグローバル化が進む今こそ、地域の農業・農村のすばらしさを再認識することが重要です。地域農業の発展のために、内需拡大を促進することの大切さを伝えます。  地方自治体、JA関係者、生産者

プランへ移動

メンタルヘルス 子どもの笑顔は、心と体のバロメーター

次代を担う子どもたちに豊かな食生活を。食育の大切さを伝授します。 ラジオ番組や取材等で把握している現代の食生活の問題点(食料自給率の低さ、個食、食の外部化、空腹感の欠如、食べ残しなど)を切り口に、家庭...

プランへ移動

きゅうりの声を聞いてごらん~子育ては食育から~

地域活性 女性の力を生かして、地域の魅力を発信しよう

地方自治体、JA女性部

プランへ移動

  • 紹介 「食育」のなかでも子どもたちが農業・農村を体験することで食の大事さを学ぶ「食農教育」がなぜ大事かを著し、今後の「食農教育」の可能性について示していきたい。学校での体験機会の減少を踏まえ、農家やJAの手で新たな食農教育を進めていくヒントの1つと考えていただけたらありがたく思う。 目次 はじめに Ⅰ なぜ、食農教育か Ⅱ 食べものの命をどう捉えるか Ⅲ 食農教育の核となる「農業体験」―具体例と着地点 Ⅳ ギャップを埋めるキーワード―食農教育を進めるために
  • 『日本農業新聞』に連載した「青い雪」を大幅加筆により文庫化。新聞各社書評欄でも紹介され、好評発売中。1964年の東京オリンピックに未来を夢見つつ、北の大地で学んだ中学生たち。50年ぶりの同窓会から、再び人生が動き始める。
  • 国産の貴重な木材で、すぐれた技による伝統構法で建てられた古民家。日本の四季を感じ、心身ともに豊かで温もりのある暮らしをもたらしてくれる、「優しいおうち」を守り継ぎ奮闘する匠たちの物語。

スタッフからのコメント

森久美子さんは、作家・エッセイストとして、母と子の心のつながり・育児・食育をテーマにしたエッセイを手がける傍ら、農林水産省、北海道、自治体などの農業や食料問題を考える委員も務められ、JA改革にも精通されています。
講演は「食育」「食農教育」「農業」「女性の生き方」などをテーマに全国各地で行い、主なタイトルに「食卓の笑顔は、心と体のバロメーター」「『いただきます』を忘れずに~食育を進めるために」「食に対する消費者の動向と、農業農村の関わり」「『食』と『農』を結ぶ~心を育む食農教育」「いきいきと輝く女性であるために」など。内容もわかりやすく、また、お人柄も気さくで、参考になる内容が多く満足感は高いと好評を得ています。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.