「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

湯浅 誠 (K-8031)

  • HOME »
  • 湯浅 誠 (K-8031)

湯浅 誠 ゆあさまこと

社会活動家 東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ 理事長

1990年代よりホームレス支援・生活困窮者支援に従事。内閣府参与、内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長などを歴任。2018年全国のこども食堂を支援するための民間団体「全国こども食堂支援センター・むすびえ」を設立。著書『つながり続けるこども食堂』(中央公論新社)など。

評論家・ジャーナリスト 大学教授・研究者
福祉・介護 人権・平和

湯浅 誠のプロフィール

■経歴
1969年東京都生まれ。
東京大学法学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。
1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。
内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。
2014~2019年まで法政大学教授。
他に日本弁護士連合会市民会議委員、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」コメンテーターなど。

■受賞歴
ヤフーニュース個人に連載中の「1ミリでも進める子どもの貧困対策」で「オーサーアワード2016」受賞
法政大学の教育実践で「学生が選ぶベストティーチャー」を2年連続で受賞
「こども食堂安心・安全プロジェクト」でCampfireAward2018受賞

■著書
『つながり続ける こども食堂』(中央公論新社、2021年)
『子どもが増えた!―明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり)』(泉房穂氏との共著、光文社新書、2019年)
『「なんとかする」子どもの貧困』(角川新書、2017年)
『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版、2012年)
『反貧困』(岩波新書、2008年、第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞)
『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著、NHK出版、2010年)など多数。

講演タイトル例

福祉・介護 子どもの貧困と日本社会
~つながりの中で生きる~

社会にはいろいろな状況の人がいる。周囲の人がそのことに気付けるかどうかが、誰もが暮らしやすい地域をつくるための大事な要素である。 こども食堂が提供するものは、貧困対策だけでなく交流や体験といった「つな...

プランへ移動

人権・平和 人としての尊厳を守る 
~貧困と人権~

社会にはいろいろな状況の人がおり、周囲の人がそのことに気付けるかどうかが、誰もが暮らしやすい地域をつくるための大事な要素です。 貧困問題を始め、、障害者の人権や自殺問題、介護問題など、本人からは言い出...

プランへ移動

人権・平和 豊かな無縁社会へ

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

貧困問題を始め、地域活性化、男女共同参画、人権問題など様々な問題に取り組んでおられる湯浅 誠さん。「派遣村村長」を務めておられたことでご存知の方も多いかと思います。
主な講演実績に「人権を考えるつどい」「同和問題講演会」「男女共同参画フォーラム」などがあり、難しい話題に対して、専門用語などをほとんど使わず、丁寧かつ分かりやすく話して下さいます。
主な講演タイトルに、「人としての尊厳を守る ~貧困と人権~」「つながりの中で生きる~震災・貧困そして地域の絆から考える~」「豊かな無縁社会」「格差社会を考える~貧困と人権~」「みんなで考えよう「この国のかたち」」など。主催者様の要望にも臨機応変に対応していだいています。
聴講者からは「和やかでリラックスした雰囲気の中、地域の絆の大切さや命の大切さなど学ぶことができた」「身近でも起こりうる事柄や、その対策についてよくわかった」「参加者の様子を見ながら、貧困問題だけでなく人権そのものについての考え方についてお話しいただけてよかった」など。
講演終了後、さらに人権について身近に感じられる(自分自身のこととして考えられる)きっかけとなる講演です。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別