文化には言葉を超えて共感を生み出すことが出来る力があります。古来より受け継がれる記憶に触れることで、新たな学びや気付きを得ることができます。システムブレーンでは、日本の文化や歴史に親しみながら教養を深めることができる人気の講師、講演テーマをご提案させていただきます。

夏井いつきの句会ライブ

夏井いつき なついいつき
俳人
初代俳都松山大使
俳句集団「いつき組」組長
俳句のイメージを一新する楽しいお話しを交え、俳句の簡単な作り方をお教えします。コツをつかめば誰でも5分で一句ひねることができますよ。そんな魔法の技を知れば、あなたも俳句がだんだん好きになる!

●はじめに 俳句なんて古くさい、難しいから、私は絶対作れないと信じている人でも、「取り合わせ」という技を一つ覚えれば、5分で一句作ることができます。自分の俳句がその場で評価され、皆で議論してグランプリ… (続きを読む)

偉人に学ぶ50代からの処世術

金谷俊一郎 かなやしゅんいちろう
歴史コメンテーター
歴史作家/歴訳家
「世界一受けたい授業」で歴史をわかりやすく伝える活動が人気となり、「おもいッきりPON!」ではレギュラーコメンテーターもつとめた。 「試験に出るコント」では、ギャラクシー賞選奨受賞。東進ハイスクールカリスマ日本史講師として、映像授業が全国で放映される、トップシェアを誇る。

違うから面白い、違わないから素晴らしい

宮本亜門 みやもとあもん
演出家

親しみ感のあるタレント性に加え、ブロードウェイやウエストエンドなど世界的に活躍する実力も兼ね備え、テレビやマスコミ、CMなどで活躍。また、印象とは反対の紆余曲折した生き方は、多くの人から共感を得ている。

引きこもり、自殺未遂、交通事故、母の死、すでに経験済み。生き方に迷ったときの指南と、キラキラ輝く前向きな人生のために。 これまでの人生で経験してきたこと(自書『ALIVE』『バタアシ人生』や、自身を追… (続きを読む)

世界一受けたい授業
~おもしろ日本語~

金田一秀穂 きんだいちひでほ
杏林大学外国語学部教授
日本語学者
祖父に金田一京助(言語学者) 、父に金田一春彦(国語学者)をもつ日本語学者。海外の大学などで日本語を指導。現在は杏林大学外国語学部教授。また、独特のキャラクターでテレビ出演も多い。
講演では、長年の日本語研究による言葉にまつわるエピソードの数々が披露され興味が尽きない。


日本語が元来持っている「曖昧さ」について私たちに提示していただける、ユニークで楽しい講演です。  「正しい日本語とはべつになくて、皆さんの頭の中にある日本語が一番正しいのです。」 僕は外国で日本語を教… (続きを読む)

私の役者人生

笹野高史 ささのたかし
俳優

テレビ・映画・舞台と幅広く活躍。主な作品に、NHK大河ドラマ「天地人」、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(EX)など、映画では「釣りバカ日誌1~20」「男はつらいよ」シリーズなど。映画「武士の一分」で第30回アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。最近ではバラエティー番組、CMと多方面で活躍。

恋する日本史 ~講演と講談~
江戸の文化から見る・おもてなしの心

神田 蘭 かんだらん
講談師

女優・ナレーターとして活動後、2004年1月に神田紅師匠のもとに弟子入り、2008年6月に二ツ目に昇進。ドラマチック講談「A作とまつ~アラフォーに捧ぐ」をはじめ婚活3部作が話題となり、現在、各寄席にて活動中。2010年 著書『恋する日本史講談』を出版。得意ネタ 70話以上。

土と役者と考古学

苅谷俊介 かりやしゅんすけ
俳優
日本考古学協会会員
映画・テレビ・CMなどで活躍する俳優。助監督を経て、1971年「さらば掟」で映画俳優としてデビュー。その後、映画「里見八犬伝」テレビ「西部警察」等に出演。また、考古学にも精通し、研究会「苅谷俊介の考古学見聞会」を主催。著書を多数出版する他、講演などでも活躍中。

江戸文化入門~世界が求める〝日本らしさ〟を再発見~

堀口茉純 ほりぐちますみ
江戸に詳しすぎるタレント
“お江戸ル”歴史の水先案内人
明治大学卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。2008年に超難関の江戸文化歴史検定1級を最年少の25歳で取得。「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集める。以来、歴史および日本の伝統文化、芸能の面白さを楽しく広めるべく、幅広く活躍中。

江戸時代は265年という長期に渡り平和が続いた希有な時代である。平和な時代は日本に何をもたらしたのか。その一つが〝庶民主体の文化〟だ。浮世絵、芸能、食、ファッション・・・現在〝クールジャパン〟として世… (続きを読む)

時代が教える経営戦略
~歴史を動かした人物に学ぶ~

井沢元彦 いざわもとひこ
作家

日本史から宗教・マスコミ論に至るまで多分野に精通するマルチ作家。TBS在職中に発表した推理小説『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞受賞。現在、執筆活動に専念し、歴史ミステリー・評論で独自の境地を拓いている。深い知識と高い見識に基づき、現代日本の社会問題を興味深い内容で熱く語る。

歴史上の人物についての豊富な知識、独創的な見方から、経営にも役立つお話を頂きます。 <講演でのエピソードの一例>  ・信長の優れていた点は、兵農一致が当たり前の時代に専門兵士を作った事。それまでは兵=… (続きを読む)

歴史が教えてくれる 日本人の生き方・美学

白駒妃登美 しらこまひとみ
博多の歴女

慶應義塾大学卒業後、大手航空会社に国際線の客室乗務員として7年半勤務。退社後、二児の母となり、命の尊さを実感する日々の中、命にかかわる大病を患い闘病。奇跡的な回復を得て、博多の歴女として精力的に活動。著書『人生に悩んだら「日本史」に聞こう~幸せの種は歴史の中にある』他。

元宝塚総支配人が語る 宝塚歌劇とAKB48の比較論

森下信雄 もりしたのぶお
元・宝塚総支配人
経営・マーケティングコンサルタント
北摂演出研究所代表・プロデューサー
香川大学を卒業後、阪急電鉄(株)に入社。その後、宝塚歌劇団、梅田芸術劇場等に出向し、劇団、劇場の経営に長年携わる。2011年 阪急電鉄(株)を退職。現在は、人材コンサルタントとして多方面で活動し、「タカラヅカ」に学ぶ組織運営、危機管理、経営戦略、地域づくり戦略などをテーマに講演。

2014年、創立100周年を迎えた宝塚歌劇と、現在のわが国エンターテイメントシーンを席巻するAKB48に一体どんな共通項があるのか? 「近接性と結界」「偶然性と必然性」「開放系と閉鎖系」・・・また、双… (続きを読む)

 

 「自治体・公的団体」特集ページ へもどる