自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、11月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

難病を乗り越えて
~生きると決めた日、運命は変わり始める~

さくらいりょうこ さくらいりょうこ
人生を奏でる講演家
パワーオカリナ奏者
心の底から湧きあがる勇気と希望を伝える講演会は日本全都道府県にて1500回以上開催され、35万人以上に感動をもたらした。壮絶ともいえる難病クローン病との闘病、その波乱万丈な人生は夢に生きることを決意させる。生きるパワー漲る真のストーリーを持つパーフェクト・モティベーター。

難病クローン病を発症して30年。病気とともに生きてきた壮絶な人生は、いつしか「生き る」ことを考える人生となった。言葉に力をもらい、思いやりと慈愛に守られ導かれ、数 々の困難を乗り越えてきた奇跡ともい… (続きを読む)

あーよかったな あなたがいて
~「優しさ」という温かい貯金~

仲島正教 なかじままさのり
教育サポーター

小学校での21年間に及ぶ教師経験を基に、子育てや学校教育における「真の人権教育の大切さ」を語る教育者。教育現場で得た子どもたちとの様々な感動体験を交えながら、親や地域の大人が今こそ改めて認識すべき「人権意識」について、“優しい風(loving-wind)”にのせて世に贈り続ける。

人は、自分の「心の銀行」に温かい貯金があれば、つらいことや悲しいことに出会っても、その貯金を使って乗り越えていくことが出来ます。 でも自分の心の銀行に貯金がない人は、つらいことに出会ったとき「どうせ私… (続きを読む)

あきらめない心
~前向きに生きることで必ず道は開ける~

伊藤真波 いとうまなみ
元 パラリンピック水泳日本代表

看護師を志していた途上の20歳の時、交通事故で右腕を失う。失意のどん底から、親や家族との関わりにより不安や葛藤を乗りこえ、看護師の道に進む。また、パラリンピック水泳日本代表やバイオリン演奏など、「夢や希望」を常に前向きに実現させる。現在、育児をしながら講演活動も精力的に行っている。

看護師を目指す、その途上での事故により右腕を切断。  その後、様々な人に支えられ、看護師復帰、パラリンピック出場、結婚、出産と、幾多の困難を乗り越え、夢を実現してきました。 「どのような状況にあっても… (続きを読む)

自分らしく生きるために
~家田からのエール~

家田荘子 いえだしょうこ
作家
僧侶(高野山本山布教師・大僧都)
光の当たっていない世界や女性など、「常に弱者の視点から真実を描き伝える作品」に定評がある作家。一貫して現場・現実主義を貫き、作品で描く当事者には必ず会って真実を掴むという取材を続けている。講演では、自身で取材した真実に基づき、発言をし続けている。

私は、イメージと違い、体は小さいし喋ることより黙っている方が得意、静かな性格です。が、人に必ず会ってお話をうかがうという取材をしなくてはいけない職業についてしまいました。人の人生を取材して任せてもらう… (続きを読む)

笑って長生き

桂 三金 かつらさんきん
落語家
関西大学人間健康学部 非常勤講師
金融機関勤めから一転、落語家の夢を叶えるため桂三枝(現・六代 桂文枝)に入門。古典落語に励む一方、「ゴスペル落語」や海外公演など新しいスタイルの落語の創作活動にも取り組んでいる。また、2013年より関西大学 人間健康学部「ユーモアコミュニケーション論」非常勤講師を務める。

折れない心

野村忠宏 のむらただひろ
柔道家
株式会社Nextend 代表取締役
祖父は柔道場「豊徳館」館長、父は天理高校柔道部元監督、叔父はミュンヘンオリンピック軽中量級金メダリストという柔道一家に育つ。柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成。2015年、40歳で現役引退。現在は、国内外にて柔道の普及活動を展開。医学博士号取得。

◆中学~大学時代  ◆アトランタオリンピック  ◆シドニーオリンピック  ◆シドニー終了後  ◆アテネオリンピック  ◆まとめ (続きを読む)

「安心して生きられる」子どもの権利を守るために
~虐待・いじめ問題への対応~

幸島美智子 こうじまみちこ
元 警視庁警察官
子育てアドバイザー
警察官のキャリアと子育て経験を基に「少年犯罪予防委員会」を設立(~2011年)。「我が子を犯罪者にしない子育てこそが、日本の治安回復に直結する」と犯罪予防に取り組む。講演では、防犯・少年犯罪予防の他、段階的な子育て法を説き、子育てに迷う親や防犯に取り組む人たちに大きな力を与える。

虐待が子どもに与えるダメージは、大人の想像以上に大きく、発達障害すら招きかねない。躾と虐待の違いを認識し、ありのままの存在を認めることにより、子どもは自己肯定感を育んでゆく。 「どう生きるか」は子ども… (続きを読む)

~日本が生んだ世界食 インスタントラーメン~
  ヒット商品開発の舞台裏

加藤正樹 かとうまさき
元 日清食品ホールディングス株式会社
知的財産部部長
日清食品にて、商品の企画・開発を裏側から支える知的財産部の部長として大きく貢献。講演では、20世紀最大のヒット商品と言われるインスタントラーメンの開発秘話と知的財産について、具体的な事例を交えながら、「ヒット商品」の舞台裏にあった知財戦略についてわかりやすく解説する。

ユニークな技術を創出、製品化し、その商品がヒット商品となるには、容易ではありません。また、それを支える知的財産戦略は、企業の経営者や技術開発担当者にとって極めて重要であり、具体的な活用の手法が模索され… (続きを読む)

今日から使える「アンガーマネジメント」~イライラ・怒りで後悔しない人生に~

稲田尚久 いなだなおひさ
産業カウンセラー
アンガーマネジメントファシリテーター
アンガーマネジメント叱り方トレーナー
24年間教育現場の最前線で、子供と保護者へ寄り添ってきた経験を活かした内容と豊富な事例。私がイライラを家族へぶつけてきた父親としての反省を活かした内容。怒りの失敗経験も包み隠すことなく、おもしろおかしく伝え、笑いながら楽しく学んでいただけます。

誰しもイライラや怒りの感情を持っています。 しかし、感情の扱い方を誤れば、仕事に支障をきたすだけでなく、社会的立場や信用を失ったり、個人だけでなく社内全体への大きな損失へとつながります。 怒るべきこと… (続きを読む)

ごぼう先生と楽しむ大人の健康体操講座

ごぼう先生 ごぼうせんせい
ごぼう先生
大人のための体操のおにいさん
ごぼう先生の由来は、介護の「ご」 予防の「ぼう」。全国各地300ヶ所以上、1万5000人のシニアの皆様の前で健康体操で笑顔をつくる。普段は、喫茶店のようなデイサービス「リハビリカフェ倶楽部」を運営している介護経営者。介護界のアイドル=カイドルと呼ばれる。

ごぼう先生が考える「健康」とは、例え病気になっても、介護が必要になっても、笑顔でいられること。そして、身体も心も「健康的」に日々を送ることができることです。 そのために必要な5つの介護予防キーワードは… (続きを読む)

 

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる