「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

松林 薫 (K-15587)

  • HOME »
  • 松林 薫 (K-15587)

松林 薫 まつばやしかおる

ジャーナリスト 社会情報大学院大学 客員教授

日本経済新聞記者として15年間、経済ニュースを中心に取材・執筆。講演では、日経新聞や経済ニュースの実践的な読み方、活用法、メディアリテラシー等を解りやすくレクチャー。また、多種多様な要人を取材・執筆する記者の基本スキルを、ビジネスや組織運営に応用し、成功に導く手法を伝えている。

評論家・ジャーナリスト 大学教授・研究者 コンサルタント
時局・経済 コミュニケーション 教育・青少年育成

松林 薫のプロフィール

■経歴
1973年 広島市生まれ。京都大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修了。
1999年 日本経済新聞社入社。経済解説部、経済部、大阪経済部、経済金融部で経済学、金融・証券、社会保障(年金、少子化)、エネルギー、財界などを担当。「経済教室」「やさしい経済学」の編集者も務める。BSジャパン「日経みんなの経済教室」に室長役で出演。
2014年 退社し、報道イノベーション研究所を設立。
2016年 関西大学総合情報学部特任教授(ネットジャーナリズム論)
現在、社会情報大学院大学 客員教授

■専門分野
日経新聞の読み方、就活や仕事への活用法
一般紙(全国紙、地方紙)の読み方、活用法
経済ニュースのわかりやすい解説
日本経済論
メディアリテラシーの身につけ方
マスコミ論、ジャーナリズム論

■著書
『迷わず書ける記者式文章術―プロが実践する4つのパターン』(慶応義塾大学出版会 2018)
『「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方』(晶文社 2017)
『新聞の正しい読み方―情報のプロはこう読んでいる!』(NTT出版 2016)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
支部長セミナー

<受講者への貢献> ①参加者 好評でした。経済の部分で基本的なことをベ....

愛知県
2019/01月
卸売・小売業
広報担当者研修会

<受講者への貢献> 問題なく無事終了し評判も良かったです。.

岡山県
2018/11月
JA
修学旅行生向け 大学模擬講義

<受講者への貢献> 開催3日前という急なお願いにも関わらず、的確な内容....

606-8332
2018/11月
サービス業
春闘対策研修

<受講者への貢献> 春闘に際して、前提となる経済や社会について、知識習....

千葉県
2018/02月
労組
大学図書館主催 講演会

<受講者への貢献> こちらが期待していた内容を展開していただいた。 ....

京都府
2017/11月
学校・PTA

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

時局・経済 今後の日本の社会・経済情勢の展望について

仕事においても、生活においても、経済情勢を予測し、備えることは重要です。 日本経済新聞記者として15年間、経済ニュースを中心に取材・執筆してきた経験から、新聞・経済ニュースの実践的な読み方を含めてお話...

プランへ移動

コミュニケーション 記者式! 5W1Hで伝える、やさしい文章の書き方

ビジネスの現場で役立つ、わかりやすい文章の書き方を、簡単なワークショップも交えながら伝授します。 ・お絵描き伝言ゲームに挑戦(写真を文章で表現し、他の人が再現できるか試す)  ・メモはこう取れ!「絞り...

プランへ移動

時局・経済 やさしい経済指標入門

経済の全体像を正しく知るには、「マクロの動き」をイメージする必要があります。その際、経済指標を個別に見るだけでなく、相互の関係に注目することが重要になります。このプランでは、まず経済がどのような要素か...

プランへ移動

教育・青少年育成 メディアリテラシー入門
~メディアの読み解き方、活用の仕方~

メディアリテラシーは、しばしば「情報を批判的に見る姿勢」を身につけることだと説明されます。しかし、単にマスコミを「疑う」「信じない」だけでは、本当の意味で活用したことにはなりません。重要なのは、「何を...

プランへ移動

時局・経済 未来を予測するためのニュースの読み方
世の中の流れを知って仕事に活かす

みなさんは、ニュース記事でよく使われる、「〜の方向で検討に入った」と「〜に向けて最終調整に入った」という表現の違いを説明できるでしょうか。実は、記者はこれらを状況によって使い分けているのです。  実は...

プランへ移動

時局・経済 日経新聞の読み方
~「経済の先を読む」ためのコツ~

みなさんは、日経の記事でよく使われる、「〜の方向で検討に入った」と「〜に向けて最終調整に入った」という表現の違いがわかるでしょうか。実は、記者はこれらを状況によって使い分けているのです。  実は、日経...

プランへ移動

コミュニケーション 記者のコミュニケーション術“3つの軸”
「表現(プロトコル)」「立場(制約条件)」「動機(行動原理)」

人や組織が発するメッセージを正確に読み解くには、相手の「表現(プロトコル)」「立場(制約条件)」「動機(行動原理)」を理解する必要があります。この3つを軸にすると、メッセージが「立体的に」見えてくるの...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別