「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

大崎麻子 (K-9119)

  • HOME »
  • 大崎麻子 (K-9119)

大崎麻子 おおさきあさこ

国際協力・ジェンダースペシャリスト 関西学院大学総合政策学部 客員教授 聖心女子大学 非常勤講師

国連開発計画(UNDP)で途上国の女性支援やジェンダー平等の推進を担当。現在は、フリーの国際協力・ジェンダー専門家として、国連PKO(平和維持活動)派遣要員へのジェンダー研修をはじめ、外務省、JICA、内閣府、国際機関、NGO等向けに、政策提言・評価、講演など幅広く活動している。

大学教授・研究者
人権・平和 男女共同参画 国際化・グローバル 防災・防犯 教育・青少年育成

大崎麻子のプロフィール

■職歴・経歴
1992年 米国ブリンマー大学留学
1994年 上智大学比較文化学部卒業
1997年 米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院修了(国際関係修士号 人権・人道問題専攻)   
1997年~2004年 国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部開発政策局プログラム・マネージャー
2006年~2007年 ほっとけない世界のまずしさ政策アドバイザー
2007年~2010年 国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所政策アドボカシースペシャリスト 

■現在の主な活動
・International Women’s Club Japan理事/グローバル・ママ・ネットワーク主宰
・政策シンクタンク型NGO Gender Action Platformアドボカシー担当
・Take Action Foundation評議

ノーベル平和賞を受賞したエレン・ジョンソン・サーリーフ氏がかつて勤務していた国連開発計画(UNDP)で途上国の女性支援やジェンダー平等の推進を担当。多国間の政策協議や国連会議に多数出席し、世界各地のジェンダー平等と女性のエンパワーメントの推進・プロジェクトに携わる。
現在は、フリーの国際協力・ジェンダー専門家として国連PKO(平和維持活動)派遣要員へのジェンダー研修をはじめ、外務省、JICA、内閣府、国際機関、NGO等向けに、政策提言・評価、講演、社会貢献活動のアドバイジングなど幅広く活動している。特に、ジェンダーの視点から、東日本大震災復興のための女性支援に尽力している。
世界の開発・人道支援を牽引しているゲイツ財団「グローバル・アドボカシー戦略ミーティング」に、日本のNGOネットワークを代表して参加するなど、活動は世界中である。
自身の経験を踏まえ、子どもや母親が真の意味の“グローバルな視点”を持てる機会づくりに力を注いでいる。“女性も男性も同じように、持って生まれた可能性を開花させられる国・社会づくりと教育の実現”がライフワークである。

■著書
『女の子の幸福論―もっと輝く、明日からの生き方』 (講談社)

■出演番組 
「サンデーモーニング」(TBS)、「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ)など

講演タイトル例

人権・平和 世界の女性たちは、いま
女性・安全・平和 ~国連PKOとジェンダー~

「誰もが持って生まれた可能性を開花させ、自分で自分の人生を選択していけるような環境を創ることが”開発の真の目的”である」という考え方が国際社会の主流理念です。 実現するために、貧困削減、教育、保健医療...

プランへ移動

男女共同参画 すべては子育てから始まった!
~子どもがいることで広がる世界~

出産・子育て経験を女性のキャリアの「ブランク」ではなく、「チャンス」ととらえてみませんか? 子どもを持ったことで世界観が変わり、母親であることを「セールスポイント」にして国連に就職。 子育てをしながら...

プランへ移動

国際化・グローバル ジェンダー・ギャップ指数134カ国中94位をどう解釈するか? 
グローバル視点から考える日本の男女共同参画

日本の男女共同参画の現状や問題点を「グローバルな視点」からわかりやすく解説します。 男女共同参画社会の実現が、一人一人の人生の豊かさだけではなく、活気のある社会・持続的な経済の 礎になることを、北欧・...

プランへ移動

防災・防犯 東日本大震災
女性や妊産婦が経験したことを踏まえて、これからの防災を考える

東日本大震災で、女性や妊産婦はどのような経験をしたのでしょうか? 彼女たちの声、女性や子どもに特化した支援を行った団体・専門家によるフィードバックから見えてきた、 日本の防災システムの現状・課題をわか...

プランへ移動

教育・青少年育成 思春期の親はつらいよ。
~子育ての卒業試験、巣立ちに向けた仮免許~

思春期は、突然嵐のようにやってくるような気がしますが、乳幼児期からの延長線上にある「成長のプロセス」です。 それまで親と一心同体だった子どもが、「ひとりの人間」となる大切な時期です。 思春期とは、親に...

プランへ移動

男女共同参画 男もつらいよ
~誰もが生きやすい社会へ~

*働く女性たちへ *日本にも広がる貧困の現状 *女性の貧困、母子家庭の貧困、子どもの貧困 *女性の人権 *男性とジェンダー

プランへ移動

男女共同参画 2050年の日本はこうなる?未来の日本予想図
女性の活躍が新しい経済成長を生む

日本の男女共同参画の現状や問題点を「グローバルな視点」からわかりやすく解説します。 男女共同参画社会の実現が、一人一人の人生の豊かさだけではなく、活気のある社会・持続的な経済の 礎になることを、北欧・...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

国際協力・ジェンダー専門家として国内内外でご活躍の大崎麻子さん。
TBS「サンデーモーニング」、日本テレビ「真相報道バンキシャ!」など、報道番組のコメンテーターとしてもお馴染みです。

主な講演タイトルに、「さあ、もっと自分らしく!~幸せに生きるためのヒント~」「思春期の親はつらいよ。~子育ての卒業試験、巣立ちに向けた仮免許~」「世界の女性たちは、いま 女性・安全・平和 ~国連PKOとジェンダー」など、男女共同参画、人権、教育など幅広いテーマをお持ちです。

聴講された方からは「これからの自身の生活の中で意識していかなければならないことがたくさんあると思った」「また、聞いてみたい」など感想が寄せられています。
(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別