「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

月亭遊方 (K-1043)

  • HOME »
  • 月亭遊方 (K-1043)

月亭遊方 つきていゆうほう

落語家

明るく人懐っこい高座が持ち味。あくまで「笑える落語」にこだわり、古典落語を現代感覚でポップに演じる他、日常の面白さがベースの新作落語に情熱を注ぐ。講演では、独自の視点と自由奔放な口調で鋭く本質をつき、笑いに導く感性と表現力に定評がある。

タレント・芸能関係者
福祉・介護 人権・平和 文化・教養 健康 演芸・演劇

月亭遊方のプロフィール

■職歴・経歴
1964年 兵庫県西宮市生まれ。明治大学商学部中退後、1986年 月亭八方に入門。
「事実が一番おもしろい!」と、誰にでも共感を得る生活の笑いをネタにした自作の落語「カジュアルラクゴ」が持ち味。日常の家庭や職場での会話からつむぎ出される笑いは、ストレス社会で忘れてしまった大切なものを思い出させてくれると好評を得ている。
これまで多数の番組出演はもとより、最近では舞台活動が目覚ましく、主に関西・東京を中心に独演会やトークライブを定期的に行ったり、趣味の音楽をはじめ、異文化とのコラボレーションなどで文化庁芸術祭に参加、全国公演も成功させたりと、精力的な動きでファン層を着実に拡げている。
2008年 天満天神繁昌亭大賞創作賞受賞。

■指導内容
阪神淡路大震災の際、笑いの無力さを痛感すると同時に“キレイごとではない自然な笑い”に出会う。
その経験から生まれた「笑いと福祉の心」では、“無理せず前向きになるポイント”を自身の体験を交えて説得力いっぱいに語り、好評を得ている。他にも「みんな違って当たり前~笑いが育むこころの豊さ~」(人権講演)や、「笑いはこころの薬~日常の愉快の見つけ方~」(心身健康講演)、「落語修行で学んだこと~するとさせられるの違いは大きい~」(学校・教育向け講演)、「安全第一、笑いも第一」(安全大会向け講演)など、いずれも「周知の知識を覆し、即践力ある話」をモットーに、各地で笑い満載の講演を繰り広げている。

講演タイトル例

崖っぷちでも余裕顔
~笑っていれば大丈夫!!~

笑うということはその人の文化度、健康状態と大いに関係があります。笑いは心身の健康のバロメーターです。大阪・東京の笑いの違いから、実例をあげながらTPOに応じたお笑いの本質、スタイルに迫ります。 生活を...

プランへ移動

~落語家の話し方指南~
話し上手は人生を豊かにします

人前で上手に話をするためにはコツがります。 落語や漫才を聞いても勉強にはなりません。演芸を楽しめば想像力は養われますが、話し上手とは別のもの。 自分の心の中にある気持ちをどれだけ正直に伝えられるかが、...

プランへ移動

福祉・介護 笑いと福祉の心
~阪神淡路大震災で得たこと~

落語生活で学んだこと、それは人を笑わせるテクニックではなく、場の雰囲気を感じ、読みとることです。 「空気を読む」ということは人の気持ちをわかる事に通じます。 人の悲しみ、心の痛みが読めて、初めて笑いの...

プランへ移動

落語修業でまなんだこと
~「する」と「させられる」の違いについて~

学校で習う事は、知識としてはすべてが社会に出てからも必要なものとは限りません。また最近では、男女平等という事で、教育方針も学校によって様々です。そんな学校生活の中で、将来に感じている疑問に一つの答えを...

プランへ移動

人権・平和 みんな違って当たり前!
~笑いがはぐくむ心の豊かさ~

差別するという行為・・・そこには「感情」が大きく関わっていると思います。 「嫌い」という感情を持つと、自分と相手に境界線を引き、異なる理由を探す。その反対に「好き」という感情を持つと、相手のいいところ...

プランへ移動

文化・教養 安全第一、笑いも第一

実は「笑い」と「安全」には、共通点があるんです。それは何か? 講演ではリラックスして笑ってもらいながら、笑いと安全について楽しいお噺をさせていただきます。

プランへ移動

健康 なんといっても健康生活が一番 ~笑いの効用~

演芸・演劇 月亭遊方ゴキゲン落語会
古典ものから新作までじっくりと味わって下さい

落語は日本の貴重な古典芸能。 漫才ブームに押されてか「落語を聞いたことがない」という人たちが急増中!? そんな悲しい人たちのために、月亭遊方はあなたの街まで落語の生ライブをお届けに参ります。 月亭遊方...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別