「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

勝田吉彰 (K-12113)

  • HOME »
  • 勝田吉彰 (K-12113)

勝田吉彰 かつだよしあき

関西福祉大学教授ドクトル外交官(外務省医務官)OB

ドクトル外交官(外務省医務官)としてアジア・アフリカ・欧州24か国で業務経験を重ねた国際派医師。北京ではSARSのパンデミック渦中でリスクコミュニケーションを経験。海外経験をもとに海外、とくに新興国・途上国への赴任者の健康管理・メンタルへルスの情報発信に精力的に取り組んでいる。

大学教授・研究者
メンタルヘルス 健康 危機管理・コンプライアンス・CSR 国際化・グローバル

勝田吉彰のプロフィール

精神科臨床医として勤務後、オックスフォード大学留学を経て外務省入省。在スーダン日本国大使館医務官を振り出しに、フランス・セネガル・中国の日本国大使館に在勤し、赴任と出張で24か国の医療を経験。この中で、駐在員・NGO・青年海外協力隊・旅行者などさまざまな立場の邦人と向き合い、非常事態への対処や予防活動を通して健康やメンタルを支える経験を重ねた。

 それぞれの任国では
1)スーダンでは、連日の砂嵐に見舞われ、最高気温50℃のなか1日20時間停電する過酷な環境で、マラリアなど熱帯病も含めた、現地に在住する人々の健康・メンタル管理にあたった。
2)フランスでは、医療資源の乏しい途上国から重症患者の緊急移送の受入れ業務を通じて健康危機管理の経験を重ねた。さらにメンタル担当としても、アフリカ・中近東の広域担当した。
3)セネガルでは、マラリアや消化器感染症などのケアとならんで、重症者を送り出す側として緊急移送へのかかわりを通じて途上国における健康管理の経験を重ねた。
4)中国では2003年のSARS流行の対応を通じて、危機情報の効果的な伝え方、リスクコミュニケーションを身をもって学んだ。

 在中華人民共和国日本国大使館参事官兼医務官を最後に退官後は関西福祉大学教授として、外務省の経験や人脈を生かしながら海外赴任にかかわる健康管理やメンタルへルスに関する研究や情報発信をおこなっている。

理化学研究所(理研)などで産業医業務をおこない職場の健康管理に通暁。(独)労働者健康福祉機構 産業保健総合支援センター相談員としてストレスチェック制度の講演を多数重ねる。

 専門分野
1)渡航医学(海外渡航にともなう感染症・予防接種・支援策など)
2)メンタルヘルス(ストレスチェック制度、職場のメンタルヘルス、海外赴任者のメンタルヘルスなど)

 主な著書
パンデミック症候群 - 国境を越える処方箋 (エネルギーフォーラム)
ドクトル外交官世界を診る (星和書店)
心に傷をうけた人の心のケア (保健同人社)
不安ときどき認知療法・・・のち心は晴れ(星和書店)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
安全衛生大会

<受講者への貢献> <受講者への貢献> 10点をつけたいところですが、....

滋賀県
2015/10月
業界・職業団体

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
東南アジア(ベトナム・フィリピン・ラオス・台湾)へ派遣される50名対象の講演。講師の海外医療経験(アフリカ・アジア・欧州)を交えて、東南アジア赴任で身を守るのに必要なスキルを伝えた。
「目からウロコだった」「注意すべき点がわかった」等の好評コメント多数。

<開催目的に対して>
好評にてリピートいただいた(次回は8月にインドネシア・カンボジア赴任者研修依頼を受けている)

<主催者>(独)国際交流基金様

<会合名>日本語パートナーズ派遣前研修

<タイトル>感染症予防のワザ ~アジアを中心に~

<受講者の反応・成果>
企業で研修にあたる人事総務職・産業保健職に対して、新入社員や若手社員に何を伝えるべきか、その伝え方のスキルとともに伝えた。自社に持ち帰り応用等の反応が得られた。

<開催目的に対して>
好評にてリピートいただいた。

<主催者>(独)労働者健康安全機構 岡山産業保健総合支援センター様

<会合名>企業向け研修

<タイトル>新入社員に「伝える」メンタルヘルス

<開催目的に対して>
次回7~9月開催のリピートをいただいた。

<主催者>在外企業協会様

<会合名>海外赴任者研修

<タイトル>海外赴任のワザ

<受講者の反応・成果>
府中市の市長みずから熱心に聴講いただきお声かけいただき感激いたしました。

<開催目的に対して>
MERSやエボラなど国境を越える感染症が話題をよんでいる時節がら、正確な知識を伝えることができ、また、海外旅行にお役立ていただける情報を発信できたのは幸いでした。

<主催者>府中地区医師会様

<会合名>市民公開講演

<タイトル>渡航医学の世界 〜国境を越える感染症〜

<受講者の反応・成果>
嘱託産業医として出務先。健診にて有所見者が増えたことから、糖尿病の情報発信を実施した。

<開催目的に対して>
引き続きリピートいただいた。

<主催者>理化学研究所(播磨)様

<会合名>

<タイトル>糖尿病のキホン

講演タイトル例

メンタルヘルス 総ストレスチェック時代の傾向と対策
~ストレスチェック制度を受けたメンタルヘルスのカンどころ~

労働安全衛生法の改正によりストレスチェックが開始されました。これで何が”チェック”され、どう対応すればよいのか、現役精神科教授かつ有名企業産業医が傾向と対策を伝えます。 さらに、ストレスチェックの結果...

プランへ移動

健康 国境を越える処方箋 ~海外赴任者・出張者に伝えるポイント~

海外に送り出す人材は、いまや会社の主たる収益を支える屋台骨です。メンタルにも身体的にも健全な状態でパフォーマンスを発揮できるか否かに会社の業績がかかっています。そのために、海外生活における家族を含めた...

プランへ移動

危機管理・コンプライアンス・CSR デング・ジカ・MERS・・・みんなで知ろう、職場を感染症から守るテクニック 【安全大会向け】

新しく耳慣れない感染症や毎年やってくる感染症。行きあたりばったり、五月雨式に遭遇すると不安が高まってしまいますが、共通点をおさえて要領よく理解すると、適切な予防行動をとることが出来るようになります。職...

プランへ移動

国際化・グローバル ミャンマー進出のへルスマネジメント ~いまホットな国の注目点~
【講演料はミャンマーの医療現場への寄贈に活用されます】

【この講演でいただいた講演料は、研究活動を通じてミャンマーの医療・教育現場への寄付の原資として活用させていただきます】  ミャンマー駐在におけるリスクについてお伝えします。  消化器感染症・デング熱・...

プランへ移動

国際化・グローバル ドクトル外交官と語ろう! 海外医療現場から見えて来る日本の姿 【国際交流講演向け】

ドクトル外交官として世界24か国で業務をおこなった経験をもとに、医療という切り口を入口に、我々のいる日本の立ち位置を再確認したいと思います。   アフリカやアジアなど途上国の現場に立ち、そこにかかわる...

プランへ移動

メンタルヘルス 現役精神科教授に聞こう!ホンモノのメンタルヘルス ~新入社員・若手社員に伝えるメンタルヘルス~

職場のメンタル不調や事故の相談の中で、「もっと早く不調をキャッチして手を打っていれば」と感じることがあります。身近な同僚、同期社員などがお互いに最初のサインをキャッチ出来ればメンタル対策に大きな効果が...

プランへ移動

メンタルヘルス 現役精神科教授に聞こう!ホンモノのメンタルヘルス 〜ストレスを軽くする「ものの見方・考え方」〜

人間関係・日常業務などあらゆる面で、多彩なストレスの発生するのが現代社会です。こうした現実に直面したとき、そのとらえ方(これを認知といいます)によって、同じ現実でも必要以上に悲観的な気分になったり不適...

プランへ移動

メンタルヘルス 現役精神科教授に聞こう!ホンモノのメンタルヘルス 
~部下をもったら知っておかねばならないこと ラインケア編~

メンタル不調で現れるサインについて、プロの精神科医が診察室で見ているポイントについて分かりやすく具体的に説明いたします。さらに、部下をもったら知っておかねばならないメンタル対策の基本的ルールについての...

プランへ移動

  • フジテレビ「ワイドナショー」
  • フジテレビ「ノンストップ!」
  • 特別講演Meet the Experts の取材記事から

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別