「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

生利喜佐男 (K-9111)

  • HOME »
  • 生利喜佐男 (K-9111)

生利喜佐男 なまりきさお

コミュニケーション・ホーム喜舎代表 医療分野専門人材育成コンサルタント

医療・福祉分野は≪ヒューマン・サービス≫と言われ、【人が主役】のサービス業です。患者さんと対面のコミュニケーションで業務を行ないます。従って、医療分野の人材育成研修は医療ぞのものを理解し、医療現場の問題を把握していることが必須です。その条件を満たしている人材と思っています。

コンサルタント
福祉・介護 コミュニケーション 医療・福祉実務 リーダーシップ その他実務スキル

生利喜佐男のプロフィール

■職歴・経歴
広島生まれ。
一橋大学卒業後、本社にて経営企画部など戦略・企画部門の責任者として従事する。人材育成に関わり、コミュニケーションやリーダーシップを中心とした人材育成プログラムを開発し、指導にもあたる。その人材育成プログラムを活用した≪医療機関スタッフ研修プログラム≫を開発し、全国の医療機関・調剤薬局・介護施設などで指導に当たる。
退職後、「コミュニケーション・ホーム喜舎(きっしゃ)」を立ち上げ、引き続き全国の医療機関スタッフ研修を行なっている。全国で約300軒以上の医療機関などで350回以上の研修を実施。

■資格
・PHP公認ビジネスコーチ
・認定心理士
・キャリア・コンサルタント技能士
・産業jカウンセラー
・コミュニケーション・マスター
・EQ公認プロファイラー
・国際交流分析協会公認コース終了
・日本マーケティング協会 マーケティング・マイスター

■肩書き
・医療分野専門人材育成コンサルタント
・コミュニケーション・トレーナー
・ビジネスコーチ
・EQトレーナー
・産業カウンセラー
・キャリア・コンサルタント

■主な著作物・マスコミ活動ほか
『患者満足はコミュニケーションを通して生まれる』(2011年作成の冊子、非売品)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
看護部講演会

<受講者への貢献> 大変好評な講演会となりました。当院としてスタッフに....

静岡県
2018/10月
医療・福祉
新規採用者研修

<受講者への貢献> おかげさまで非常に良い研修を実施できました。 昨年....

奈良県
2018/04月
医療・福祉
医療安全対策講習会

<受講者への貢献> 生利先生には、早めにお越しいただくなど、大変お気遣....

愛知県
2018/01月
医療・福祉
スキルアップ研修会

<受講者への貢献> お陰様をもちまして、無事に研修会を終えることができ....

兵庫県
2017/11月
医療・福祉
コミュニケーション研修

<受講者への貢献> 大変好評に終了しました。.

愛知県
2017/11月
医療・福祉

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
参加者(123名)の評価
①参加目的は達成されたか?
 大いに達成できた28%、ほぼ達成できた66%、あまり達成で
 きなかった以下は0%
②意見
 ・人に直接係る上で人を知ること、理解することが大切だ
  と感じた。新たな気付きを得られて大変有意義だった。
 ・職場に戻って何をすべきか、何ができるか具体的な方法
  を学ぶことができた
 ・理論だけではなく、演習や質問を通して具体的に掘り下
  げることができた

<開催目的に対して>
アンケートの感想では「3時間があっという間だった。とても為になった」「今後、仕事の中で活かしてゆけるものを学ぶことができて大変よかった」など先生の講義内容が素晴らしかったこと、又「演習があり主体的に学ぶことができた」「様々な職種が集まり、その考えの視野が広がった」「自分自身を見直すことができた」など多くのことを学びとってもらえた様子がうかがえました。又「講話だけではなく、参加型であり、楽しく参加できた」など楽しみながら学習できた様子がうかがえました。本当に有意義なセミナーになり、心からお礼を申し上げます。(聖隷クリストファー大学 学長)

<主催者>聖隷クリストファー大学様

<会合名>対人援助専門職向け公開セミナー

<タイトル>対人援助の現場で活かすリーダーシップを磨こう

<受講者の反応・成果>
・続けて研修を受けたい
・次回は他の調剤薬局のスタッフを参加させたい
・知人にも紹介したい
・秋田県からの参加だが研修に来てもらえるか
・自分の欠点に気づいた
・患者さんの名前を呼ぶことを心がけたが、びっくりする
 ほど反応が変わった

<開催目的に対して>
終了後のアンケートや感想から人選に間違いなかったと確信した。
今後も継続してコミュニケーション研修をお願いしたい。

<主催者>昭和薬学研修協会様

<会合名>

<タイトル>頼られる調剤薬局をつくるコミュニケーション

講演タイトル例

福祉・介護 主任保育士、保育園施設長を対象とした人材育成やリーダシップの発揮

保育園を取り巻く環境は日々変化してしていますが、保育士の離職率が高い状況は未だに解決されていません。保育は医療・介護・教育と並び対人援助職です。又業種の視点で見れば「ヒューマンサービス業」です。「対人...

プランへ移動

コミュニケーション 信頼される医療人となるために(新入職員プログラム)

新人として入職した医療機関において、自身が患者さんから信頼される医療人となるために必要なことを学んでもらいたい。 医療とはどういうものなのかということから、医療現場で必要とされるコミュニケーションまで...

プランへ移動

コミュニケーション 患者満足はコミュニケーションを通して生まれる

地域の医療機関・介護施設・調剤薬局が、地域の健康パートナーとして、 患者さんや地域から「ずっとお世話になりたい」と選ばれ続けることを目指して、 その≪主役であるスタッフと患者さんとのコミュニケーション...

プランへ移動

コミュニケーション 患者さんや利用者とのコミュニケーション
患者さんとの話し方・聴き方・思いを引き出す質問の仕方

私はまず「医療機関においてなぜコミュニケーションが大切なのか」と「今の自分のコミュニケーションを振りかえる」ことを出発点にして、「コミュニケーションの基本」「3つの大切なスキル 患者さんとの話し方・聴...

プランへ移動

医療・福祉実務 医療・福祉現場
~チームとしてのコミュニケーション~

ここでは「お互いを認める」「コンセンサスを取る」「承認する」「聴く」「アサーション」「ソーシャル・スキル」「ファシリテーション」などのスキルが大切です。  全国の病院・クリニック・調剤薬局・介護施設・...

プランへ移動

コミュニケーション 医療機関の大きな悩みは若いスタッフが育たないこと
~若手の育成指導のためのコミュニケーション~

それを具体的に解決するのがコーチングというコミュニケーションです。  全国の病院・クリニック・調剤薬局・介護施設・看護師の研修会 医療機関の大きな悩みは若いスタッフが育たないこと、定着しないことで、そ...

プランへ移動

コミュニケーション 入職2~3年目研修
~チームワークを高める~

医療や介護の現場は職場内のチームワークと連携が最も必要とされる職場です。 的確に課題を把握し、最適な対処方法を考え、お互いが協力しながら迅速に対応し、患者さんやご利用者さんにより良い処遇を行なうために...

プランへ移動

リーダーシップ リーダー研修
~リーダーシップを磨き、人を育て、チーム力を高める~

医療や介護の現場は職場内のチームワークと連携が最も必要とされる職場です。 的確に課題を把握し、最適な対処方法を考え、お互いが協力しながら迅速に対応し、患者さんやご利用者さんにより良い処遇を行なうために...

プランへ移動

医療・福祉実務 今の“接遇研修”に満足されていますか?
患者満足を高め、職員の意欲も高めるコミュニケーションを磨く

医療機関や福祉施設などでは“接遇研修”が繰り返し行われていますが、“接遇研修”で職員の意欲が高まり、患者さんの満足度は高まったとお感じですか?   “接遇”を広辞苑で引くと「1.もてなし 2.接待 3...

プランへ移動

その他実務スキル 『医療機関のクレームを予防し、現場での対応力を磨く』ー事例を通して

1.「クレーム対応」には2つある   -大切なことは”クレーム発生の予防” 2.なぜクレームが起こるのか   -事例と医療サービスの特性から理解する 3.クレーム発生予防のために大切なこと 4.クレー...

プランへ移動

リーダーシップ 対人援助の現場で活かすリーダーシップ

まず、医療や介護などの対人援助の現場の特異性をしっかり理解する必要があります。その特異性を踏まえて自分自身が患者さんやご利用者さんとの良好な関係性を築くことができるかがリーダーシップの発揮の前提になり...

プランへ移動

スタッフからのコメント

高度な医療技術だけでなく、本当に満足していただけるサービスとは何か?
製薬会社勤務時代の長年の経験を生かし、医師、看護師、患者、患者の家族・・・それぞれの立場を十分に把握し、きめ細やかなプログラムで進めて行きます。
主な講演タイトルに、「患者満足はコミュニケーションを通して生まれる」「現場で役立つクレーム対応術」「今の“接遇研修”に満足されていますか?―患者満足を高め、職員の意欲も高めるコミュニケーションを磨く」「患者から選ばれ続ける医療機関とは」など。
多くのサービスを提供できなければ、病院といえども淘汰されて行く世の中、改めて自身のやり方を見直し、正しい方法を身につけていただきます。
聴講者からも、「コミュニケーション理論を今までとは違った視点で話を聴くことができた」「【聴くスキル】の重要性を実感できた」「事例が具体的でわかりやすかった」「早速明日から実行します」など、スピードが要求される医療現場において、即実践できると医療従事者から高い信頼を得ています。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別