自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、8月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

夢の実現~ツキの法則10ヵ条~

北原照久 きたはらてるひさ
株式会社トーイズ代表取締役
横浜ブリキのおもちゃ博物館館長
ブリキのおもちゃコレクター第一人者として世界的に知られ、サザビーズやクリスティーズのオークションカタログにも名前が載るほどの権威を持つ。テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」のレギュラー鑑定士としても活躍。現在、株式会社トーイズ代表取締役、横浜ブリキのおもちゃ博物館館長などを務める。

北原照久といえば、コレクターを生業として成功を収めた第一人者的存在です。 好きなことを一心に貫いて、そのコレクションの総数は膨大。 『King Of Collector』として、世界的にその名を知られ… (続きを読む)

石原家の家族愛&自然への想い

石原良純 いしはらよしずみ
俳優
気象予報士
舞台・映画・テレビドラマ・バラエティーにと意欲的に活動する一方、1996年に気象予報士の資格を取得し、ウェザーキャスターとしても活躍する。著書『石原家の人びと』『石原良純のこんなに楽しい気象予報士』等を出版。官公庁・地方自治体の環境講演会、シンポジウムも多数行う。

子どもの頃、父慎太郎は仕事の関係上ほとんど不在がちではあったが、常に存在感があった。 叔父裕次郎は,この世を去っても常に身近に感じられるような永遠に大きな存在。 母は石原家の要であり、母あっての石原家… (続きを読む)

認知症850万人時代を支える地域医療とは?
病とともに地域で生きる

久田直子 ひさだなおこ
元 NHK「きょうの健康」キャスター
NHK「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHK Eテレの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間続けてきました。話を聞いた医師、医療、介護関係者700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマでお話しできます。

<病と共に地域で生きる> ・認知症高齢者数の推移 ・オレンジプランとは?(認知症施策推進5ヵ年計画) ・アルツハイマー病の症状 ・認知症初期集中支援チームとは? ・早期発見の取り組み ・認知症治療の取… (続きを読む)

一流スポーツ選手から学ぶ
~体と心の健康管理法~

石川 顕 いしかわあきら
フリーアナウンサー
スポーツ評論家
TBS入社以来、長年スポーツ担当名アナウンサーとして活躍。1987年日本シリーズ・西武VS巨人戦で「清原が優勝目前、涙を流しています!」を名実況。同様に、沢村忠のキックボクシング中継の名調子も語り草、決め技「真空とびひざげり」の命名者。日本で講演回数最多の、人気講師のひとり。

全ての人に共通して大切なものが、健康です。 一流のスポーツ選手に共通しているのは、自ら心・技・体を極め周りを化学反応で輝かせること、プラス志向とマイナス志向のバランス感覚、選手や部下から尊敬される人間… (続きを読む)

女と男 豊かな生き方

小宮山洋子 こみやまようこ
ジャーナリスト
元NHK解説委員・アナウンサー。1998年参議院議員に。2003年から衆議院議員(4期)。厚生労働大臣、少子化対策担当大臣等を歴任。2013年1月政界を引退、これまでの経験を生かし、社会保障(子育て、超少子高齢社会への対応等)、労働問題(特に女性)、男女共同参画をテーマに各地で講演。

現在の日本は、男の価値観を中心になりたっているといってもよいでしょう。仕事は男、家庭は女と役割分担していては、お互いに豊かな生き方とはいえません。人間として豊かに生きられる社会を少子化、高齢化の問題な… (続きを読む)

笑顔の交通安全活動
~元気なアイサツは無敵です!~

三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ
落語家
東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を教示している。独演会も全国にて多数開催。

昔は「むこう三軒両隣」と言われましたが、今は隣に住む方の名前・性別も分らない社会! 「遠い親戚よりも近くの他人」と言います。 笑顔の挨拶を心掛けてご近所さんに顔を覚えてもらうと、隣の家に知らない人が入… (続きを読む)

笑顔でつなぐ 木久蔵流・地域コミュニケーション

林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家
1975年東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業後、父親でもある、初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年9月 真打に昇進し、二代目・林家木久蔵を襲名。落語以外にも、テレビ出演や講演など活動の場を広げている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。

普段からご近所同士であいさつをし、すすんでコミュニケーションをとることで【地域活性】を推進しませんか! ★ご近所の力 近所のお年寄りと子供たち、とても楽しそうにしている姿をよく見かけるんですね。 する… (続きを読む)

イキイキ生きる父親が社会を変える
仕事も育児も人生も、笑って楽しむパパになろう!

安藤哲也 あんどうてつや
父親の育児・自立支援
NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表理事
父親の育児・自立支援をサポートするNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事。「Fathering=父親であることを楽しもう」をモットーに、父親の意識改革を促す。父親が解放・啓発され精神的に成長・自立し、家庭や地域に積極的にコミットすれば、社会も大きく変わると、その意義を説く。

「育児も、仕事も、人生も、笑って楽しめる父親を増やしたい。」 これが、父親の育児支援を行なうNPO法人ファザーリング・ジャパンを立ち上げた時の強い思いです。  我々は“良い父親”ではなく“笑っている父… (続きを読む)

タニタ式・生活習慣病予防の生活法

池田義雄 いけだよしお
株式会社タニタコア技術研究所 名誉所長
(一社)日本生活習慣病予防協会 名誉会長
内科学(糖尿病、肥満)、健康医学(生活習慣病)を専門とする医学博士。肥満、糖尿病並びに生活習慣病の基礎的並びに臨床的研究に多くの業績がある。これらの分野において研究開発を進め、一般生活者に向けた啓発活動に尽力中。

元刑事が教える!!家庭で考えるべき防犯対策

森 透匡 もりゆきまさ
刑事塾塾長
経営者の「人の悩み」解決コンサルタント
刑事約20年の経験があり、警部で退職して起業した異色の講師。現場で培った事例中心の話は「おもしろい!」「また聞きたい!」とファンも多い。希少性も高く、受講者を飽きさせない話題、話術は一度体験したら癖になるはずです。

昨今、こどもが被害に遭った事件のニュースを目にすることが多くなっています。 特に登下校中に誘拐されて殺害されるなど凶悪化の傾向が顕著です。そもそもこどもを狙った犯罪はど んな場所で、どんな時間に発生し… (続きを読む)

笑顔で「防災防火」
~落語に学ぶコミュニケーション術~
(講演・落語・南京玉すだれ)

三遊亭歌扇 さんゆうていかせん
落語家
三遊亭圓歌に入門、東京で最後の内弟子修行者。落語家になる前は建設会社、警備会社、飲食店、他に勤務。落語に学ぶ、安全安心、交通安全、防災減災、コミュニケーション術、リスクマネージメントに定評がある。南京玉すだれ・腹話術・字遊び他、余芸も多数。

笑顔が一番、笑いは心の栄養剤、笑う門には福が来る。 笑うと病気にならない、健康になる、脳細胞が活性化されて判断力が付く、ボケない、長生きができる、医学的にも証明されております。先ずは健康が一番です! … (続きを読む)

落語家流
人間関係がよくなるコミュニケーション力アップの極意

桂 三四郎 かつらさんしろう
落語家
桂三枝(現・六代 桂文枝)に入門し、古典落語、創作落語ともに研鑽を積み、さらにはTV、ラジオ、芝居と活動の幅を広げている。修行生活で培った「挨拶」「礼儀作法」などは人間として当たり前のこと。「当り前のことをできるようになることが夢をかなえる第一歩。」と、笑いで夢を届けている。

人間関係の不和、ストレスの原因はコミュニケーション不足が原因であることが多々あります。 年上の人間とのコミュニケーションの取り方がわからない若者が多いと言われています。 反対に、若い人の育成に悩む上司… (続きを読む)

「報道(メディア)と人権」

藪本雅子 やぶもとまさこ
フリーアナウンサー
早大卒後、日本テレビへ。ニュース「きょうの出来事」キャスターを経て報道記者へ。警視庁、厚労省、防衛省等歴任。結婚を機に退職、出産。育児のかたわら2010年、上智大学で「メディアと人権」をテーマに研究、修士号取得。現在は、人権問題を中心に取材、執筆、講演活動を続けている。

局アナとして入社し仕事をしていく中で、ハンセン病患者の問題に出会い、私はアナウンサーから記者に転向しました。当時局内では、ハンセン病は既に終わった問題であるという認識で、ニュースとして十分に取り上げて… (続きを読む)

「男性の生きづらさ」から考える
性別にとらわれない多様な生き方

田中俊之 たなかとしゆき
大正大学心理社会学部 准教授
男性学を主な研究分野とし、日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎる」と警鐘を鳴らしている。多様な生き方を可能にする社会を提言する論客としてメディアでも活躍。
著書『男が働かない、いいじゃないか!』『〈40男〉はなぜ嫌われるか』ほか共著など多数。


「働き改革」という言葉をよく耳にするようにはなにましたが、 現実は日々、ハードな仕事に携さわる夫は家事や育児との両立に悩み、 妻は夫の関わりを不十分と感じ、自らの我慢をさらに重ねていく・・・・。 こ … (続きを読む)

生きることは感動すること
~柔らかな心で明日を生きてみませんか?~
お話と歌と朗読劇で心のストレッチ

佐久間レイ さくまれい
声優・歌手・劇作家・作詞家
テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」のバタコ役や、「魔女の宅急便」ジジの声などでもおなじみの声優であり、歌手・脚本家。アニメーションや洋画の吹き替え、テレビコマーシャル、番組ナレーションの他、命や人間の心をテーマにした物語を執筆し、自ら「語る」活動を展開、全国で好評を博している。

<講演の流れの一例>  【挨拶&自己紹介】  キャラクターの映像を使って声を披露&自己紹介(パワーポイント)  【歌】 「アンパンマンのマーチ」「ふすさと」など  【トーク】 身体同様、心も何かにつま… (続きを読む)

子どもたちのSOSを見逃さない
~学習障害から考える未来~

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校
共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

子どもたちは何らかの形で大人にSOSを出しています。そのサインに大人は気づかない時があります。子どももどのようにサインを出していいかわからない時があります。それでも、子どもという時代に自分の気持ちをわ… (続きを読む)

なぜ”院内暴力”は起きるのか?!
医療従事者としてその場でできること、病院としてできること教えます

齋藤敦子 さいとうあつこ
保健師、助産師、カウンセラー、大学教員
病院副院長、医療コンサルタント
日本と海外を往復しながら次世代の国際貢献のリーダーを育てています。まず人は自分が自分の価値を認め、好きになることから、初めて他人に貢献したい!という意欲が出てきます。そのため様々な内容の講演講義を通していのちを大切にし、自己価値、自己尊重を高めるお手伝いを精力的に行っている。

医療機関において、5年間、患者医療相談室長 兼リスクマネージャーをしておりました。また、その間に県から医療安全推進協議会委員を拝命していました。多くのクレームや、院内暴力を未然に防いできた体験と、患者… (続きを読む)

職場の空気作りが、社員を変える!パワー・コミュニケーション

夏川立也 なつかわたつや
空気活性プロデューサー
コミュニケーションプロデューサー
京都大学卒業後、お笑いタレント~起業・会社経営~青年会議所理事長、これらの経験から、楽しい空間の周囲に人は集まり、その集団はポジティブであることに着目。周囲を楽しい気分にする事の重要性に、心理学的アプローチ、脳内プロセスなどを加えた“パワー・コミュニケーション術”を開発。

成果を直接追い求めるのではなく、空気感(コミュニケーション・風通し・ムード等々)を改善するだけで、結果は必ずついてくることを、実感していただくプログラムです。 職場の中で、翌日から使える方法論をしっか… (続きを読む)

なぜ投票率は下がるのか?
~ 日本の選挙をとりまく問題を考える ~

戸桝茂哉 とますしげや
ライター/作家/時事アナリスト/
政治評論家/IT評論家
大学卒業後、中小企業局次長・農林水産団体局長・防衛政務次官などを歴任した代議士の他、文部科学委員会委員長を務めた代議士など数々の代議士の下で政策決定の裏側を見てきた。その後、IT企業のビジネスサイドで活動し、現在は時事アナリストとして多方面に活躍中。

秘書時代に実際に選挙対策要員として活動してきた経験や政治家との交流、執筆活動や講演活動を通して感じたリアルな政界と選挙をとりまく状況をもとに、いかにして選挙と政治を自分達のものにし、投票率を上げクリー… (続きを読む)

組織活性化のためのアンガーマネジメント講座

高田しのぶ たかだしのぶ
日本アンガーマネジメント協会
シニアファシリテーター
オフィス悠々 代表
大学教員時代にアンガーマネジメントの必要性を感じる。「目から鱗が落ちた」「明日から組織の生産性が上がる」「家族を救ってくれた」など受講生は驚きと喜びを得ます。「論理的」「わかりやすい」「実践的」な話しが特徴です。あなたもイライラの消しゴムを手に入れましょう。

職場で管理職が怒るとどうなるでしょう。 パワハラがすぐに思い浮かびますが、そこまでいかなくても組織の生産性を下げます。 怒る上司には部下は相談しにくくなりますし、失敗も報告しづらくなります。 思い切っ… (続きを読む)

HACCP法(食品衛生法改正)が成立
中小の小売・飲食店の厳しい法律ができたこと知っていますか。

垣田達哉 かきたたつや
消費者問題研究所 代表
食品問題評論家
BSE、鳥インフルエンザ問題などの食の安全や、食育、食品表示問題に関する第一人者。食品問題評論家、食アドバイザーとして、評論や執筆活動・講演等を手がけ、日本テレビ「世界一受けたい授業」にも出演。表示問題を中心に、消費者が見落としがちな食の安全に関する真実について分かりやすく説く。

・本当にHACCPを導入できるのか? ・最低限知っておきたいHACCP入門編  WEB商業界オンラインでも大反響。食の2020年問題に迫ります。 分かりにくい食品表示法を分かりやすく解説した『面白いほ… (続きを読む)

高齢社会を元気に生きる

毒蝮三太夫 どくまむしさんだゆう
タレント

「街角の人気者」「ジジイ、ババアの友」と称される庶民派タレント。1936年東京生まれ。日大芸術学部映画学科卒業。パーソナリティを務めるTBSラジオ「ミュージックプレゼント」は、1969年より現在も放送中。本業は俳優。現在は、タレントとしてラジオ・テレビで活躍中。

私が35年間以上パーソナリティを務めているTBSのラジオ番組「ミュージックプレゼント」は、朝の10時半からの生放送。忙しい人は見に来られない。来るのは、ばあさんなんです。 おれは「ばあさんのアイドル」… (続きを読む)

天使がこの世に降り立てば
~ダウン症者の書家 翔子と歩んできた道~

金澤泰子・翔子 かなざわやすこしょうこ
書家



■金澤翔子さんによる席上揮毫  ■金澤泰子さん金澤翔子さんの母娘ミニトーク  ■金澤泰子さん講演  ■金澤翔子さんダンスパフォーマンス   *講演会運営報告ページ https://www.sbrain… (続きを読む)

孤立と虐待のない街づくり~無縁化する子どもを支えるためにできること

石川結貴 いしかわゆうき
ジャーナリスト

一貫して家族問題を取材し、現場にこだわり自分の目と足を使って多くの実例と向き合ってきた。複雑化する家族の現状、子どもに起きている異変、学校と保護者の関係づくりなど、机上論ではなく具体論を提示する。2人の男の子を育てた自身の経験からも、現実的な視点を大切にしている。

家族の孤立化、地域の希薄化、経済格差などにより、人とのつながりを失う子どもが増えています。 周囲の関心や助けがなく、児童虐待などの問題を抱える子どもも少なくありません。 虐待や無縁化がもたらす影響は大… (続きを読む)

魅力ある自治会・町内会、加入促進と活動の活性化
加入率低下、担い手不足、マンネリ打破!

水津陽子 すいづようこ
合同会社フォーティR&C 代表
経営コンサルタント
地域資源を発掘・活用した地域ブランドづくりや新たな観光まちづくり、自治会・町内会活性化など、地域活性化・まちづくりをテーマに活動するコンサルタント。他にない豊富な事例を有し、これまでの講演数は1000本超。地方創生法に関連し衆議院経済産業委員会に参考人出席した。

自治会・町内会が抱える課題に対し、先進的な事例を用い、活性化のアイデアヒントを提供しています。  ・加入率アップへ マンションなどの集合住宅や新たな住民へのアプローチ法 ・担い手づくり 役員のなり手が… (続きを読む)

 

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる