「いじめ」や体罰、不登校や親による虐待といった、子どもをめぐる人権問題は周囲の目につきにくいところで発生していることが多く、また被害者である子ども自身も、その被害を外部に訴えるだけの力が未完成であったり、身近に適切に相談できる大人がいなかったりする場合が少なくありません。「しつけだから」という理由で、親などが助けを求めることを知らない子どもに暴力をふるい、なかには死にいたらせるという児童虐待が、日本でも深刻な社会問題となっています。虐待は子どもの心身に重大な影響を及ぼす人権侵害であるばかりでなく、次世代に及ぶ「虐待の連鎖」を生む原因とも言われています。  また、児童買春やインターネット上での児童ポルノのはんらんなど、子どもが性的に搾取される問題も深刻になっています。  さらに世界には、紛争や貧困、有害な労働により命を脅かされる子どもたちもたくさんいます。子どもの人権を守るためには、子どもにこそ必要な独自の権利が保障されなければなりません。

子どもを犯罪の被害者にも加害者にもしない子育て
~問われる親の責任と覚悟~

幸島美智子 こうじまみちこ
元 警視庁警察官
子育てアドバイザー
警察官のキャリアと子育て経験を基に「少年犯罪予防委員会」を設立(~2011年)。「我が子を犯罪者にしない子育てこそが、日本の治安回復に直結する」と犯罪予防に取り組む。講演では、防犯・少年犯罪予防の他、段階的な子育て法を説き、子育てに迷う親や防犯に取り組む人たちに大きな力を与える。

少年非行・少年犯罪の低年齢化(小学校1年生の万引き等)の原因がわからず、子育てに不安を抱えている親が多い。現実問題として幼稚園生の我が子と一緒にお風呂に入らない(理由は面倒くさいから)親が増えてきてい… (続きを読む)

大人から子どもまで、誰でもわかる基本的人権
心のつながりをもとめて
~コミュニケーションで変わる人間関係~

瀬川文子 せがわふみこ
コミュニケーションアドバイザー
アンガ―マネージメントファシリテーター
エニアグラムアドバイザー・絵本作家
客室乗務員(14年間)の経験、再婚家庭の子育て(結婚と同時に12才、7才の母)を通し、コミュニケーションの大切さを、講演、研修、著作で伝えている。子育ても企業の人材教育も信頼関係が重要。「想いが伝わる」コミュニケーション魔法の極意を楽しく分かりやすく、参加型の講演スタイルで伝授。

大人から子どもまで、誰でもわかる基本的人権の話です。  人は誰でも生まれながら安心して、自信をもって、自由に生きる権利があります。虐待、暴力、イジメにと、人は無力感に襲われ、自分はダメな人間だ、弱い人… (続きを読む)

孤立と虐待のない街づくり~無縁化する子どもを支えるためにできること

石川結貴 いしかわゆうき
作家/ジャーナリスト

一貫して家族問題を取材し、現場にこだわり自分の目と足を使って多くの実例と向き合ってきた。複雑化する家族の現状、子どもに起きている異変、学校と保護者の関係づくりなど、机上論ではなく具体論を提示する。2人の男の子を育てた自身の経験からも、現実的な視点を大切にしている。

家族の孤立化、地域の希薄化、経済格差などにより、人とのつながりを失う子どもが増えています。 周囲の関心や助けがなく、児童虐待などの問題を抱える子どもも少なくありません。 虐待や無縁化がもたらす影響は大… (続きを読む)

いじめや虐待から子どもを守る。と同時に親御さん自身も守る。その為に今日から出来ること。

悠々ホルン ゆうゆうほるん
子どもの本音の代弁者
子どものSOSソングライター
いじめや虐待などの子どものSOSを歌い続けるミュージシャン。講演ではこれまで全国の子達から聞いてきた子どもが親・大人に言えない本音・SOSの代弁、またその原因や対応策をお話します。また悠々ホルンの実体験や相談の手紙やメールをもとに作られた曲を弾き語り等で披露。

子どもを守るには、まず大事な場面で大事な事に気付けるかどうかが問われています。私は今回の講演でその”気付き”を90分間に渡り、お伝えします。  専門用語は極力避け分かりやすく、講演終了頃には、子どもの… (続きを読む)

子どもたちに伝える「いのちの価値」と「可能性」

桑原規歌 くわはらのりか
株式会社ハートマッスルトレーニングジム 代表取締役
元 養護教諭(保健室の先生)
ハートマッスルトレーナー
教員時代、脳科学に出会い、可能性を引き出す方法を現場で検証、実践。退職後、脳科学、コーチング理論を仕事や人生に生かす独自コンテンツを開発。ゲームや検証実験取り入れた講演大人気。癒しがもてはやされる昨今、癒し系ではなくどやし系と自らを称する元気印の50代。

保健室の先生(25年勤務)として、子どもたちの心と体にむきあってきた経験からお伝えします。  管内一荒れた中学校で、保健室という場から子どもたちの本音にむきあってきた中で分かった子どもたちの苦しみと何… (続きを読む)

“オール1先生”からのメッセージ
~子どものサインを見逃さないで~

宮本延春 みやもとまさはる
エッセイスト
元 高校教諭
作家
著書『オール1の落ちこぼれ、教師になる』で知られる元教師。いじめが原因で学校嫌いになり、中1の成績はオール1。23歳の時に見たアインシュタインのビデオに衝撃を受け、豊川高校定時制部・名古屋大学に進学し物理学を学ぶ。現在は、自身の体験から、大人や子どもに夢と希望と感動を与え続ける。

少年・少女から思春期に向かう多感な時期に、勉強や友達関係や将来のことなど、色々な局面で躓いたり、悩んだり、苦しんだりする子どもたち。彼らを温かく見守り続け、時には手を差し伸べ、適切な方向に導かないとな… (続きを読む)

子どもと心を通わせる
ADHDのわが子を育てて
子どもの生きる力を育てるには
職場で役立つコミュニケーション

松本 純 まつもとじゅん
親業訓練インストラクター
コミュニケーションアドバイザー
ADHDの息子を持ち、家庭崩壊の寸前までいった母親としての経験を基に、子育てに悩む親たちを支援。親と子の愛情をどう育むか、効果的なコミュニケーションの方法を具体的に伝授。親が愛情だと思っていても、子どもに伝わらなければ同じことと語り、親子関係の再生に向けて一筋の光を投げかける。

気持ちは伝えることが大事です。子どもとだけでなく、 夫婦、職場など、受講者の周囲の人間関係で、 気持ちの通う良い関係の築き方をお伝えします。 すぐ役に立ち、実行できる内容です。 人間関係が楽になると元… (続きを読む)

いじめられていい人は一人もいません
~いじめから子どもを守るために、今、おとなとしてできること~

阿部真紀 あべまき
認定NPO法人エンパワメントかながわ 理事長

いじめ、虐待、デートDVなど、あらゆる暴力をなくしていくために大切なことは、自分を大切に思う気持ち、人と人とのコミュニケーション、そしてつながることだと考え、笑顔あふれる参加ワークショップ形式を取り入れながら伝えています。

いじめは、子どもの問題ではなく、おとなや社会の問題です。 いじめをなくしていくことは、おとなや社会の責任です。 いじめをなくしていくために、おとなとしてできることはたくさんあります。  暴力をなくして… (続きを読む)

ホスピタルクラウンが伝える感動と笑顔
~全ての人たちの笑顔が見たい!~

大棟耕介 おおむねこうすけ
有限会社プレジャー企画 代表取締役会長
NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会 理事長
愛知教育大学 非常勤講師
「すべての人に笑いを」という想いから、闘病中の子ども達を笑いで元気づけるホスピタル・クラウン。
新聞・雑誌・テレビ等でも取り上げれられ、著書『ホスピタルクラウン』は、2008年にドラマ化され話題を呼ぶ。「笑いは職場環境を変える」と題した講演も好評。


プロの道化師として、各地でショーを行う傍ら、闘病中の子どもたちや老人ホームなどを訪れ、笑いで元気を届けるホスピタルクラウン。映画「パッチ・アダムス」のロシアの病院慰問ツアーに参加するなど、クラウン先進… (続きを読む)