「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

岩崎順子 (K-12601)

  • HOME »
  • 岩崎順子 (K-12601)

岩崎順子 いわさきじゅんこ

いのちの講演家 (公財)和歌山県人権啓発センター登録講師

いのちの講演・体験談が心の深いところに届くと感動を呼び、人から人へ日本全国での講演は1000回を超える。人権、子ども、親子、高齢者、心、生と死、生きる力、認知症、グリーフケア、災害、戦争をわかりやすい言葉で明るく和やかに講演。参加者の方々とのご縁を大事に響き合える時間を作る。

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者 実践者
人権・平和 教育・青少年育成 福祉・介護 メンタルヘルス

岩崎順子のプロフィール

■経歴
和歌山県海南市生まれ

公益財団法人 和歌山県人権啓発センター 登録講師
一般社団法人 京都グリーフケア協会 講師
2001年まで有限会社 こどもふくのティンクル 創業110年 株式会社 糸幸呉服店を経営
自宅でガンのため他界した夫、その傍で泣いて震えていた3人の幼い子ども達。
あることがきっかけで、父親の顔にさわり横に寝転んで最後には子ども達が父親のおなかの上に馬乗りになって遊びました。
いのちを頭でなく、その時に聴いた声、触れた感触、匂い、見たもの、五感で体験した時間。
ガンが病気という枠を超えて見せてくれたもの、気づかせてくれたこと。
生きているのではなく生かされていたことに気づかさせれていく日々。
その体験を話したことがきっかけで、その後「ガンが病気じゃなくなったとき」を青海社より出版
朝日、読売、産経、毎日、地域の新聞、雑誌などで何度も紹介され全国1000ヶ所以上で講演。

病院/医療/看護/介護施設/看護学校
幼稚園/保育所/小中学校/高等学校/大学
企業職員研修 (病院 JA 銀行 介護施設など多数)
市民講座/精神障害者家族会/自殺防止の会/虐待防止の会
お寺/神社/教会
など

■著書・連載
『ガンが病気じゃなくなったとき』(青海社)
『緩和ケア』にも原稿掲載
■テレビ・ラジオなど
・NHKテレビ 「あすのWA」 「ニュース845」で 近畿大学附属中学校での講演が放送
・テレビ和歌山で「ライフスタイルを考える 人権セミナー」の講演 放送
・ NHKラジオ「ともに生きる」出演
・ドリームなびテレビ
・和歌山放送「健康相談」 「レッツ有田リアン」「Honda ドリームナビ」などにも出演
・ドキュメンタリー映画「いのちがいちばん輝く日」「四万十 いのちの仕舞い」トークショー
 「いのちがいちばん輝く日」の溝渕監督と一緒に全国各地でトークショー
・ブログ 「大きないのちのめぐりの中で」 岩崎順子で検索

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
家庭福祉大会

<受講者への貢献> いのちの大切さ、互いを思いやる気持ちなど、あらため....

大阪府
2018/11月
官公庁
平成29年度生涯学習大会

<受講者への貢献> 多くの方が涙を流され、良かったと多くの感想をいただ....

宮崎県
2018/02月
教育委員会
人権啓発講演会

<受講者への貢献> .

大阪府
2017/07月
製造業
特別講演会

<受講者への貢献> 好評に終了しました。濃厚な時間で、学生たちも色々と....

大阪府
2017/06月
医療・福祉
人権啓発講演会

<受講者への貢献> <受講者への貢献> ・講演では参加者の多数の方が涙....

兵庫県
2016/09月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
大本山 永平寺様の修行僧の方々に 自分の体験をお話しさせていただきました

涙しながら聴いてくださる修行僧の方が沢山おられました

終わってから 質問の時間 それぞれが色々な質問を次々にしてくださいました

<開催目的に対して>
永平寺様の担当の方より 素晴らしい感想をいただきました

生と死 いのちが受け継がれていくこと

修行僧の方々が お寺に戻られてから 色々な方の悩みをきくことのこと

私自身も魂が震えるほど 素晴らしい時間をいただきました

この後 聞いてくださった方が それぞれのお寺 センターへの講演依頼をくださいました

<主催者>福井県 大本山 永平寺様

<会合名>人権研修

<タイトル>いのちは受け継がれて・・・ ~ガンが病気じゃなくなったとき 父親のおなかの上で遊ぶ~

<受講者の反応・成果>
看護にかかわる学生さんなので ティシュを回しながら泣きながら聴いてくれます

それぞれに 看護についての気持ちを深めていただいたと思います

現場にいくときに それが役立っていると思います

<開催目的に対して>
公益財団法人和歌山県病院協会立和歌山専門看護学校様には毎年 看護学生さんにお話しに行っております

心の痛み 身体の痛み 社会的な痛み スピリチュアルな痛みについて

患者の心に寄り添うこと

患者さんがもういやだ 死にたいと言ってきたときには死にたいのではなくて 辛さを誰かにわかってほしいから
安心して気持ちを出せる人がほしいから

などを体験を通して講演しました

看護にかかわる学生さんなので ティシュを回しながら泣きながら聴いてくれます

それぞれに 看護についての気持ちを深めていただいたと思います

何度もご依頼をいただいています

<主催者>公益財団法人和歌山県病院協会立和歌山専門看護学校様

<会合名>成人看護学 治療困難な人の看護 

<タイトル>ガンが病気じゃなくなったとき ターミナルケア論

<受講者の反応・成果>
住吉には 同じ方々に何度も講演に呼んでいただいています

いままでも色々してきました
今回は地域とのつながり この土地に住んでよかったと思える内容
終わってからみなさんが話しかけてくださり 私にとっても感動の時間になりました

<開催目的に対して>
地域の看護師さん 医師 ケアマネさん 訪問看護ステーションの方々も多く参加してくれました

人権の根本にあるもの
相手をおもいやる気持ち 絆 地域のつながりを
お話しさせてもらいました
前も聴いたから 違う内容の話をまた聴きたくてと言って足を運んでくれたからも多数いました

アンケートもとてもうれしい結果でした

<主催者>大阪 住吉 住之江 じんけんの集い様

<会合名>じんけんの集い

<タイトル>この地域に生きる この土地で生きる 石巻から那智勝浦へいのちのリレー

<受講者の反応・成果>
すばらしすぎた。とても元気がでました。学校現場でも話をしていただきたい。

「生きているだけで人を幸せにする」との言葉に深い感銘を受けました。
無茶苦茶感動した。

気づかされた事が多かったです。言葉に胸をうたれました。

聞かせてもらうたびに目からウロコがおちる…おとせる気がします。私も同じ思いになりながら大切なことは何かを考えながらこの地域でこの土地で生きていきたい。

強さや優しさも感じる事ができた。
人とのささえ合い、そして命はほんとうに大事だと思いました。これからも頑張ってほしいです。そしてじっくりとわかりやすい話しぶりに感謝しています、さいこうでした

<開催目的に対して>
講師は、今までも「夫の看取り体験・ガンが病気じゃなくなったとき」の講演(生命と死の教育)をはじめ何度か来ていただいている“住吉でも馴染みの人権啓発者”の岩崎順子さんです。

全国でじんけん講演をしておられる岩崎さんの話を聞きに来られた方もおられ参加者みんな熱心に胸を詰まらせながら話を聞きました。

震災の大変辛い状況、受止めがたい悲しみ、何とか被災者の助けになりたいと取組む人々の姿、また報道に戸惑う地元の被災者の心情などテレビでは決して知る事のできない内容の一遍を聞き「体験」出来ました。

地域の人々とのつながりを豊かに大事にする事の意味をみんなで感じあえた良い講演でした。

<主催者>大阪 住吉 住之江 じんけんの集い様

<会合名>住吉 住之江 じんけんの集い

<タイトル>この地域に生きる この土地で生きる 石巻から那智勝浦へいのちのリレー

<受講者の反応・成果>
和歌山県内の青少年センター職員様 教育関係 警察関係の方々ご参加下さりました

男性が多い会場だったのですが 涙しながら聴いてくださった方が多かったです

それぞれの現場に戻りおひとりお一人が 子ども達 次の世代に何を本気になって伝えていけるのかを感じていただける研修会になりました

<開催目的に対して>
「大会終了後、出席者と先生のご講演内容についての話となりました。私自身、先生のご講演に涙していた1人です。
すばらしいご講演をありがとうございました。本年の研修大会に出席した者は、永遠に先生のご講演を忘れることはないでしょう。また、先生のご講演の機会がございましたら、出かけていきます。」
ーーー

「生きているだけで誰かを幸せにしている」「優しさは悲しみから生まれる」心に刻まれることばとなりました。

岩崎先生のご講演をたくさんの人に聴いてもらいたいし、私自身もっと聴かせて頂きたいと感じました。

数日後に この日参加いただいた方から次の講演依頼をいただきました

<主催者>和歌山県青少年(補導・相談)センター連絡協議会様

<会合名>第46回 和歌山県青少年(補導・相談)センター職員研修会

<タイトル>大人が子ども達に伝えられることは・・・  ~ 石巻の女の子からの手紙~

講演タイトル例

人権・平和 いのちは受け継がれて
みんなが生まれてきた日には

「そのままでいい。ありのままでいいよ。」 今まで頑張ってきた自分を自分で認めて 受け入れることができたとき 本来誰もがもっている生きる力 自己肯定力がアップするのだと思います。 自分を認めることができ...

プランへ移動

人権・平和 ガンが病気じゃなくなったとき
~ 患者や家族が求める安心感 ~

患者さんの心に寄り添うということ  傾聴の本当の意味   身体の痛み 心の痛み 社会的な痛み スピリチュアルな痛みについて  患者さんが死にたいと言ったときに どうやって患者さんの心に寄り添うことがで...

プランへ移動

教育・青少年育成 子ども達の生きる力と絆
~ いのちのメッセージ ~

〇自己肯定力について友達との関係が上手く作れない子  心を閉ざしている子  誰かと比べて自信をなくしている子  いい子を演じて疲れている子  つらい気持ちを出すことができず 誰かをいじめることで解消す...

プランへ移動

人権・平和 当たり前の中にあった大切なもの
   ~石巻の女の子からの手紙~

東日本大震災 避難所の方々の声 テレビのニュースでは、放送されない光景や、人の心。  地域の繋がり  町の復旧、復興には多くの手と、人の心が必要。  震災後、時間が経つにつれて、心の問題が大きくなって...

プランへ移動

人権・平和 認知症の向こう側にある心
~ 84才のおじいちゃんから孫へ伝えてくれたもの ~

○ 病気の症状だけを見るのではなく、病気の向こう側、見える姿の向こう側にあるその人の心をみていく。  〇認知症は病気であってその人の性格がかわったのではない けれども家族がなったときに苦しみます それ...

プランへ移動

人権・平和 97歳のおじいちゃんも昔は赤ちゃん
  ~ いのちのつながり ~

いのちの繋がり  いのちの受け継ぎ  ひとりのいのちは 父と母から またその父と母から受け継がれている そして97歳のおじいちゃんも昔は赤ちゃんでお母さんのおなかの中にいました 誰かがお乳をくれて 誰...

プランへ移動

福祉・介護 介護する人 される人 心の橋渡し 
~私は病気の〇〇さんではありません~

一人で抱え込まないで   ○ ご家族は悩んでいたことを不安に思っていたことを医療従事者の方々に聴いてもらえる。聴いてもらえることによって、心に少しでも余裕ができる。  ○ 家族間の張り詰めた空気を和ま...

プランへ移動

教育・青少年育成 ほっとする場所 どこですか?
ほっとする人 誰ですか?

子どもにとって家がほっとできる人でなくなってきています。 また親がほっとできる人でなくなってきています。 子どもたちの心が ほっとできる人にそしてできればお家が ほっとできる場所に。 この子の親でよか...

プランへ移動

人権・平和 今、私達ができることは何?
 ~ 戦争体験を語ってくれた沖縄の女性「最後の言葉」~

人権の中でも いのちの繋がり 情報が多く、物が溢れる中、大事なものをついつい忘れがちです。 知識や情報はネットから得ることが出来ます。 でも、生きる智慧、生きる力は人から人へ 心から心へと受け継がれる...

プランへ移動

メンタルヘルス ちょっと心をゆるめてみませんか?
~笑う力 泣く力 感動する力 ~

職場の人間関係に悩んでいる。暮らしの中で悩んでいること。直面している問題。  心をゆるめることで見えてくるものがあるように思います。 日常の暮らしの中で本当に大切なものや支えてくれているものをついつい...

プランへ移動

人権・平和 ほとけさまはあらゆるものに姿を変えて
~苦しかった時間は いつか宝に そして慈しみの心へ~

いのちは、形を変えて・・・    亡くなられた方の肉体は滅びますが、形を変えて受け継がれると思います。 生きていた頃に教えてくれたこと、見せてくれたこと、生き方。それが、残された人たちが困難に出遭った...

プランへ移動

  • わかちあう心 つながるいのち 私達大人が次の世代に本気で残せるものは何でしょう
  • 「ガンが病気じゃなくなったとき」青海社 鳥取県 野の花診療所 徳永進先生が帯のコメントを書いてくれました
  • 小学校の子ども達 保護者の方々 地域の高齢者90代のかたまで幅広い年齢層 子ども達の笑顔 楽しい講演会でした

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別