「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

講師一覧結果(実績順)

  • HOME »
  • 講師一覧結果(実績順)

大学教授・研究者の人気講師

弊社での実績の多い方順でご紹介します。

富坂 聰 とみさかさとし

ジャーナリスト 拓殖大学教授

評論家・ジャーナリスト 大学教授・研究者

中国問題を中心に精力的な取材活動を展開し、現代中国のインサイドリポートを週刊誌・雑誌の連載、著作などで活躍するジャーナリスト。中国語力を生かして、中国全土を飛び回り、現地中国を徹底取材。「反日」の実態、中国メディアの現状など、現代中国の核心に迫る。

講師プロフィールへ移動

A・ウイッキー えーういっきー

元 奥羽大学教授

タレント・芸能関係者 大学教授・研究者

日本テレビ「ズームイン!!朝!」でワンポイント英会話コーナーを15年間担当し、お茶の間の人気を得る。 奥羽大学教授、島根県立大学客員教授などを務め、カルチャースクール等で英会話指導を行う傍ら、“外国人から見た日本文化”“誰でも話せる英会話”などをテーマに講演活動も行っている。

講師プロフィールへ移動

石澤清史 いしざわきよし

環境ジャーナリスト 環境省 環境カウンセラー

評論家・ジャーナリスト 大学教授・研究者

東京でゴミ戦争がはじまった1970年から、ゴミ問題の重要性をマスメディアを通じて訴えてきたゴミ問題の第一人者。NHKスペシャル番組のチーフプロデューサーとして、環境問題をテーマにした番組を多数企画・制作。中小企業の環境経営の事例にも通じ、的確なアドバイスが好評を得ている。

講師プロフィールへ移動

加藤諦三 かとうたいぞう

早稲田大学名誉教授 ハーヴァード大学ライシャワー研究所准研究員

大学教授・研究者 教育・子育て関係者

講師プロフィールへ移動

北野 大 きたのまさる

秋草学園短期大学 学長 淑徳大学 名誉教授 工学博士

大学教授・研究者

“マー兄ちゃん”の愛称で人気を博す工学博士。財団法人化学物質評価研究機構 企画管理部長、明治大学理工学部応用化学科教授などを経て、2017年より現職。講演テーマは、環境問題、リスクコミュニケーション、健康、介護問題など多岐にわたる。-タレント・ビートたけし氏(映画監督・北野武)の実兄。

講師プロフィールへ移動

清家 篤 せいけあつし

慶應義塾大学商学部教授 慶應義塾学事顧問、博士(商学)

大学教授・研究者

高齢化社会の労働問題などを研究し、21世紀への提言をする気鋭の学者。1978年慶應義塾大学経済学部卒業。92年同大学商学部教授、2007年より商学部長を経て、2009年5月から2017年5月まで慶應義塾長。専攻は労働経済学。著書『高齢者の労働経済学』で、義塾賞など受賞多数。

講師プロフィールへ移動

本間正明 ほんままさあき

近畿大学世界経済研究所所長・教授 財団法人関西社会経済研究所所長

大学教授・研究者

財政学・公共経済学分野で新理論を展開する気鋭の経済学博士。専門分野は、日本経済論、公共経済学、NPO・フィランソロピー、ボランティアと幅広い。大阪大学経済学部教授、同大学副学長、同大学大学院経済学研究科教授などを歴任。現在、近畿大学世界経済研究所所長・教授を務める。

講師プロフィールへ移動

山口二郎 やまぐちじろう

北海道大学大学院法学研究科教授

大学教授・研究者

20年間論壇で活動し、政権交代に向けた世論をリードしてきた政治学者。北海道大学法学部教授を経て、イギリス・オックスフォード大学に留学。現在、北海道大学大学院法学研究科教授。自らのネットワークをもとに、政界・政治学会の著名人を招いたシンポを積極的に主催、大学活性化の一翼を担う。

講師プロフィールへ移動

吉村作治 よしむらさくじ

東日本国際大学学長 早稲田大学名誉教授 (工学博士)

大学教授・研究者

古代エジプト考古学の発掘調査・研究で知られる大学教授。1966年アジア初の早大エジプト調査隊を組織し現地に赴いて以来、発掘調査を継続、数々の発見により国際的評価を得る。現在、東日本国際大学学長を務める。著書『太陽の船復活―エジプト考古学者 吉村作治の挑戦』他多数。

講師プロフィールへ移動

松原 聡 まつばらさとる

東洋大学副学長・博士(経済学)

大学教授・研究者

経済政策の中でも、とりわけ民営化規制緩和を専門とし「朝まで生テレビ」「サンデープロジェクト」等で積極的に発言。小泉内閣郵政懇談会委員・総務省通信放送懇談会座長・神奈川県水道懇話会座長などを歴任。2005年にNPO法人「マニフェスト評価機構」を立ち上げ、政策研究の実践化を目指す。

講師プロフィールへ移動

横島 章 よこしまあきら

宇都宮大学名誉教授 東京理科大学講師

大学教授・研究者

今も根強く残る同和問題を解決するため、様々な角度からの取り組みを展開。さらに基本的人権の本質に関する態度を喚起する人権教育を目指す。幼い時期から人権問題を考える習慣をつけるような環境をつくり、社会の組織や体制が人権尊重を実現するよう改善されることを強調している。

講師プロフィールへ移動

関 満博 せきみつひろ

明星大学経済学部 教授 一橋大学名誉教授

大学教授・研究者

地場産業や地域産業で活躍する“小さくても強い会社”に注目する経営学者。急成長を遂げる中国・アジア市場の中で、これからの日本の中小企業が勝ち抜くための秘策を語る。本来卓越した技術力を有する地元企業の強みを活かし、国境を越えた企業・産業レベルでの新たな協力の可能性を模索する。

講師プロフィールへ移動

大森 彌 おおもりわたる

東京大学名誉教授

大学教授・研究者

自治体行政学の形成を目指し、専門家の立場から鋭いメスを入れる。東京大学教授、千葉大学教授などを歴任。地域づくりについて講演・指導は、「介護」「人口増加の要件」「教育問題」など、バランスよく、分かりやすく、どの立場でも参考になる内容。現在、「NPO法人地域ケア政策ネットワーク」代表理事。

講師プロフィールへ移動

野口悠紀雄 のぐちゆきお

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター 顧問 一橋大学 名誉教授

大学教授・研究者

経済学を中心に幅広い分野に精通し、著書「超」シリーズで知られる経済学者。1964年大蔵省入省。 その後、一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院教授などを経て、現在、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問。

講師プロフィールへ移動

榊原英資 さかきばらえいすけ

青山学院大学教授

大学教授・研究者

東京大学経済学部卒業。大蔵省入省(関税局国際課)。豊岡税務署長、大臣官房企画官、理財局国債課長、東海財務局長、国際金融局次長、国際金融局長、財務官などの要職を歴任し、1999年10月より慶應大学教授に就任。その後、早稲田大学教授を経て、現在は青山学院大学教授。

講師プロフィールへ移動

森田ゆり もりたゆり

エンパワメント・センター主宰 元 立命館大学客員教授

大学教授・研究者

米国と日本で、多様性人権啓発、子ども・女性への虐待防止専門職の養成に30年以上携わる。その間7年間はカリフォルニア大学主任研究員として、多様性、人種差別、性差別など人権問題の研修プログラムの開発と大学教職員への研修指導に当たる。1997年にエンパワメント・センターを設立。

講師プロフィールへ移動

久野譜也 くのしんや

筑波大学 体育系 教授

大学教授・研究者

1992年筑波大学大学院博士課程医学研究科終了。博士(医学)。同年東京大学教養部保健体育科助手、その後ペンシルバニア大学医学部客員研究員(文部省在外研究員)。筑波大学大学院 人間総合科学研究科准教授を経て、2011年より筑波大学 体育系 教授。

講師プロフィールへ移動

樋口美雄 ひぐちよしお

独立行政法人労働政策研究・研修機構理事長

大学教授・研究者

米国コロンビア大学経済学部客員研究員、一橋大学経済学研究所客員教授等を経て、慶應義塾大学商学部教授(~2018年3月)。専門は労働経済学・計量経済学。著書『日本経済と就業行動』では、第34回 日経・経済図書文化賞を、『雇用と失業の経済学』では、第42回エコノミスト賞を受賞。

講師プロフィールへ移動

荻野アンナ おぎのあんな

慶應義塾大学文学部 教授

作家 大学教授・研究者

1956年横浜生まれ。パリに留学し、86年 第三期博士号取得。88年「片翼のペガサス」を『文學界』に発表、注目を浴びる。その後、小説を書き始め、「背負い水」で第105回芥川賞を受賞。随筆活動の他、テレビ・ラジオ出演、講演活動を行う。

講師プロフィールへ移動

高橋俊介 たかはししゅんすけ

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

大学教授・研究者

東京大学工学部卒業、米国プリンストン大学工学部修士課程修了。日本国有鉄道(現・JR)、マッキンゼー・ジャパンを経て、現在のタワーズワトソンに入社、93年 同社代表取締役社長に就任。97年に独立し、個人主導のキャリア開発や組織の人材育成の研究・コンサルティングに従事している。

講師プロフィールへ移動


講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別