自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、6月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

「報道(メディア)と人権」

藪本雅子 やぶもとまさこ
元 日本テレビアナウンサー/記者

早稲田大学卒業後、日本テレビに入社。ニュース「きょうの出来事」キャスターを経て報道記者へ。警視庁、厚労省などを歴任。結婚を機に退職、出産。育児の傍ら、2010年 上智大学で「メディアと人権」をテーマに研究、修士号取得。現在は、人権問題を中心に取材、執筆、講演活動を続けている。
【ここがオススメ!】 

局アナとして入社し仕事をしていく中で、ハンセン病患者の問題に出会い、私はアナウンサーから記者に転向しました。当時局内では、ハンセン病は既に終わった問題であるという認識で、ニュースとして十分に取り上げて… (続きを読む)

ちょっとの工夫で子どもは伸びる!!
~子どもの“力”を引き出すためにできること~

池田清彦 いけだきよひこ
早稲田大学 名誉教授
山梨大学 名誉教授
東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。進化論・科学論・環境問題から、脳科学・発達心理学まで幅広く論じ、単著・エッセイ・書評多数。また、「池田清彦のやせ我慢日記」(メールマガジン まぐまぐ)の連載、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」に出演するなど、多方面で活躍している。

子どもにはそれぞれ個性があります。他の子と比較して叱咤激励してはいけません。  よく観察して、あせらず、しかし一番適切な時期に必要な教育を施すことが大切です。 そのことを意識すれば、少しの努力で子ども… (続きを読む)

落語家のヘルパー修行日記 介護は十人十色!

林家源平 はやしやげんぺい
落語家

老人福祉センターで落語ボランティアを行い、次第に介護そのものへの興味が高じ、ついには介護ヘルパーの資格を取得した落語家。体を動かす事が大好きな性格と、落語家の持ち味である“ことば”からにじみ出るその自然体な人柄に、多くの人から信頼が寄せられている。

介護を必要としている人、それぞれの人生が違うように、その人の性格も違います。 話しかけて喜ぶ人もあれば、そっとしてもらいたい人、名前を呼ばれて驚く人。 歩くのに困難だと思い、手をさしのべたら「そこまで… (続きを読む)

歴史を楽しむ
万葉集の楽しみ方

里中満智子 さとなかまちこ
マンガ家

高校2年生の時『ピアの肖像』で第1回講談社新人漫画賞受賞。プロとして活動に入る。現在までに500タイトル以上の作品を描く。代表作に『アリエスの乙女たち』『あした輝く』『海のオーロラ』『あすなろ坂』『狩人の星座』『スポットライト』『愛人たち』『北回帰線』『天上の虹』『女帝の手記』『古事記』など多数。

万葉集は日本の誇るべき文化です。 ぜひ読んで味わってみてください! 百人一首など小さい頃から身近にある万葉集の歌ですが、中学時代からより深く知るにしたがって、万葉の人々の想いは、今も変わらずにあざやか… (続きを読む)

命の輝き
~車イスから見える世界ってけっこうステキ~

又野亜希子 またのあきこ
『ママの足は車イス』著者
元 幼稚園教諭
保育士
交通事故によって頸髄を損傷。退院後、第1子を妊娠出産。子育ての様子が、TBS、テレビ東京、テレビ埼玉でドキュメンタリーが放送される。講演は、障がいを負って生きる中で感じている、命や愛の輝きが伝わる内容として好評。『ママの足は車イス』『ちいさなおばけちゃんとくるまいすのななちゃん』の著者。

生きていると誰もが、苦難に直面します。交通事故に遭遇し、障害を負ってしまった私は立ちはだかる苦難から逃げたい、死んでしまいたいと何度も思いました。 笑顔が戻った今、思います。苦難にどう向き合い、どう乗… (続きを読む)

コロナ危機下の学校を見つめなおす
~子どものケア、先生の働き方、教育のあり方~

妹尾昌俊 せのおまさとし
教育研究家
合同会社ライフ&ワーク 代表
NPO法人まちと学校のみらい 理事
野村総合研究所にて10年以上、学校や行政のマネジメント改革、戦略づくり等に従事。2016年からフリーとなり、講演・研修などを幅広く手がける。学校マネジメントを解説した本『変わる学校、変わらない学校』の著者。学校や行政の内情をよく知り、かつ外部の視点からの助言・研修等が好評を得ている。

・新型コロナに翻弄され続けている学校現場。改めて教育のあり方、方向性が問われています。  ・この講演、研修では、一斉休校から通常通り学校運営がなされている今日までを振り返り、コロナ危機下での学校の対応… (続きを読む)

幸福のための経済学―日本経済の現在とこれから

飯田泰之 いいだやすゆき
エコノミスト
明治大学 政治経済学部 教授
経済学をベースに論理思考を行い、世間的に常識と言われる経済論説のウソを見抜くエコノミスト。現在、明治大学政治経済学部教授。財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、総務省自治体戦略2040構想研究会委員、内閣府規制改革推進会議委員等歴任。専門は経済政策・マクロ経済学・地域政策。

経済政策の目的は,国民一人一人が幸福になること。幸福のために必要な経済学とはなんだろうか。動き始めた日本経済の持続的成長と、安定のための政策提言、そのなかでのビジネスパーソンに必要な資質と行動について… (続きを読む)

突然の別れと悲しみからの再生 
~犯罪被害の現場から~

入江 杏 いりえあん
絵本作家

東京都世田谷区の会社員一家4人が殺害された事件(2000年)の遺族として、被害に遭った家族への思いを込めて絵本『ずっとつながってるよ』を出版。「悲しみは決して癒えることはないが、少しでも前向きに生きることの大切さと、命の尊さを伝えたい」と、絵本を携えて各地で講演を行っている。

2000年12月31日未明、東京都世田谷区の静かな住宅地で妹家族4人が殺害されました。その事件は、動機も容疑者像もはっきりしないまま、いまだ解決されていません。  未解決事件の被害者家族として何よりも… (続きを読む)

鶴英の介護講談
ほっとけ 心でアッパレ介護

田辺鶴英 たなべかくえい
講談師

創作講談で人気の女流講談師。子育てが一段落した90年、田辺一鶴に入門したという変わりダネ。実体験(実母・義理母・義理父の介護)を基にした介護講談は、「共感できるところが多い」「説得力があり介護に対する考え方が変わった」等の声が寄せられる。他に、自閉症講談、リサイクル講談、防災講談等。

実母、義母の介護体験から、安心して老いる方法、その秘訣を伝授する講談。 介護は女の仕事という古い考えの男性に、良い薬になる話しです。  親の介護をひとりで抱え込むと、自分も倒れてしまうという悲劇が待っ… (続きを読む)

子どものコミュニケーション力を育もう
子育てが楽しくなる 子どもの心に届くことばかけ

天野ひかり あまのひかり
フリーアナウンサー
NPO法人親子コミュニケーションラボ 代表理事
NHK「すくすく子育て」 元 キャスター
NHK「すくすく子育て」キャスターとしての経験を生かし、全国の親子向けのトークショーやコーディネーターを務める。自身が立ち上げたNPO法人でも、多くの悩める親子と接し、コミュニケーション力を促進するため精力的に活動。一児の母として、子育ての喜びと大変さに共感を持って活動に臨んでいる。

「コミュニケーション力」を高めることは「生きる力」を高めることに通じると思います。 そんな力を持った子どもたちを育てるためにお母さんお父さんにできることは、、、  【お子さんの心に届くことばで話しかけ… (続きを読む)

ここがポイント!気象災害への備え

天達武史 あまたつたけし
気象予報士

フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」の気象キャスターを務め、同番組の司会者が呼びかける「あまたつ~!」で、全国的に人気を博す。分かりやすく天気予報を伝え、異常気象や災害時などは現場取材がモットー。天候・気候を基本に各地で講演を行い、テーマは「防災」「健康」「自己啓発」など。
【ここがオススメ!】 

台風や豪雨などによる水害をはじめとする気象災害は、いつどこで発生してもおかしくありません。 気象予報士として、適切で的確な情報を発信することで、皆さんの日々の暮らしのお役に立ちたいと思っています。一緒… (続きを読む)

自分という人生の長距離ランナー

増田明美 ますだあけみ
スポーツジャーナリスト
大阪芸術大学 教授
高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立、1984年ロス五輪出場など好成績を残す。現在はスポーツジャーナリストとして、執筆活動、マラソン中継の解説に携わる。その他、講演、イベント、テレビ出演、ナレーションなど多方面で活躍。日本パラ陸上競技連盟会長など公職も多数務めている。

高校時代に長距離走のトップランナーとなり、ロス五輪に参加するが、途中棄権。 懸命に再起に挑みながらも引退。 引退後、数々の取材経験から感じる強い選手の共通点とその秘訣、指導者の立場から見えてきたことな… (続きを読む)

男性の関心を促進するDV問題啓発とは?
~男性よ、DV問題は恐くない~

草柳和之 くさやなぎかずゆき
大東文化大学非常勤講師
メンタルサービスセンター代表・カウンセラー
日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員
長年、DV被害者支援に携わると同時に、日本で初めてDV加害者更生プログラムの実践と研究に着手し、以来20年以上に及ぶ。その活動は新聞・TV・雑誌等を通じて広く紹介される。
人権教材《DVカルタ》の製作者。


DVは家庭生活を営む上での必須知識です。DV問題に立ち向かうことは、男性にも大いに利益があります。 男性にとって、DVは身近で切実な問題と考えたくない傾向にあります。「知り合いにはそのような人はいない… (続きを読む)

思考体力を鍛える

西成活裕 にしなりかつひろ
東京大学 先端科学技術研究センター 教授

東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。専門は数理物理学。様々な渋滞を分野横断的に研究する「渋滞学」を提唱し、著書『渋滞学』は講談社科学出版賞などを受賞。国際学会誌に論文を多数発表。また、日本テレビ「世界一受けたい授業」など多くのテレビ、ラジオ、新聞でも活躍。

思考体力=脳にも「体力」がある! 日々鍛えることによって、思考体力は各日に上がっていきます。思考体力を5つの要素に分解し、説明いたします。 子ども~大人まで、幅広い年齢層の方に「とても役立つ内容である… (続きを読む)

働き方改革のためのタイムマネジメント
~先延ばしにしない仕事の進め方を身につける~

水口和彦 みずぐちかずひこ
時間管理コンサルタント
有限会社ビズアーク 時間管理術研究所 代表
「時間を活用する」ための考え方やスキルを専門とする時間管理コンサルタント。既成概念を打ち破る時間管理論とシンプルで使いやすい手帳の使い方の両面から、分かりやすく簡単で、しかも効果的な独自の手法を伝授。執筆や講演の他、手帳リフィルのオーダーメイドサービスなども行っている。

タイムマネジメントの手法を紹介する基本的な内容です。 対象者に合わせてアレンジします。 所要時間 90~120分 【1】タイムマネジメントとは? ・ 講師のタイムマネジメント:ビフォー・アフター ・ … (続きを読む)

実り多い豊かな人生 私は創造的でありたい。
~人生100年時代を生きるということについて~

若宮正子 わかみやまさこ
NPO法人ブロードバンドスクール協会 理事
メロウ倶楽部 副会長
熱中小学校教諭(一般社団法人熱中学園)
58歳からパソコンを独学で習得し、2017年にスマホアプリ「hinadan」を公開。その後、数々の政府主催会議構成員を務め、現在は、岸田首相主催・デジタル田園都市国家構想実現会議構成員。また、2021年は台湾政府デジタル担当大臣のオードリータン氏との座談会を行うなど、IT分野において広く活動。

人間が人工知能(AI)とどう付き合っていくか。 それは、創造する、新しいことに挑戦すること。 これは、やはり人間にしかできないことだと思っています。  そして、人生100年時代を生きるために必要なのは… (続きを読む)

「今、保育の中で大切にしたいこと」
~コロナ禍で気づいたことや得たこと、見直したことを生かしつつ~

汐見稔幸 しおみとしゆき
東京大学名誉教授、白梅学園大学名誉学長
全国保育士養成協議会会長、日本保育学会理事(前会長)
教育学、子どもの発達的人間学(教育人間学)、特にことばと人間形成を専門とする教育哲学者の一人。わかりやすくユーモアにあふれた講演内容は、教育現場で働くプロの教育者から子育て中の親まで幅広く支持されている。著書『子どもの「じんけん」まるわかり』(ぎょうせい 2021年)ほか多数。

女性の社会進出と今後の展望

山口真由 やまぐちまゆ
信州大学特任教授
ニューヨーク州弁護士
東京大学在学中に司法試験、国家公務員Ⅰ種に合格、2006年に「総長賞」を受賞し卒業後、ニューヨーク州弁護士として活動する他、執筆、講演、コメンテーターとしてのテレビ出演など幅広く活躍。講演では、独自の勉強法や仕事の戦略術、経済の基礎知識から複雑に絡まり合う世界のニュースまで分かりやすく説く。

それぞれに多様な働き方を希望する「女性」・・・女性の活躍、そして管理職への登用を進めるためには、①どの女性がどういう志向を持っているかを正確に見抜く「目利き力」、②「育休世代」のジレンマを理解して活用… (続きを読む)

仕事は楽しく、自分に限界をつくらない

三浦由紀江 みうらゆきえ
JR東日本グループ
株式会社JR東日本クロスステーション 弁当事業部 東京弁当営業支店
新宿営業所 駅弁マイスター
専業主婦23年を経て、44歳で初仕事となる駅弁売りのパートに就く。正社員採用から1年で所長に抜擢され、わずか1年で売上を5000万円アップさせる。著書『1年で駅弁売上を5000万アップさせたパート主婦が明かす奇跡のサービス』が注目され、マスコミ取材やテレビ出演、講演等でも活躍。

サービスの原点であるお客様目線での接客が問われていますが、リスク回避を優先するマニュアル化にとどまるでのCSではあり得ない「お客さま一人ひとり」の満足度向上を図るために何が必要か何が欠けてるかが多くの… (続きを読む)

健康長寿のために予防が大切!
ロコモ・フレイル・認知症を防ぐ生活

久田直子 ひさだなおこ
元 NHK「きょうの健康」キャスター
NHKEテレ「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHKの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間務める。話を聞いた医師、医療、介護関係者は700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマで講演を行っている。

・介護が必要なった主な原因 ・認知症のリスク ・認知症予防につながる生活 ・コグニサイズとは ・脳卒中とは ・ロコチェック ・ロコトレ ・フレイルとは ・こんな時はフレイル? ・健康長寿のために(シニ… (続きを読む)

生きてるだけで100点満点!

奥山佳恵 おくやまよしえ
俳優/タレント

1992年 俳優としてデビュー。以後、ドラマ・バラエティー番組など幅広く活動。2015年 ダウン症を持つ次男の「育児日記」を公開したエッセイ 『生きてるだけで100点満点!』を発刊。「ダウン症の次男を迎えての家族の日々などを伝えることでダウン症への理解を深めてほしい」と語る。
【ここがオススメ!】 

生まれてきた次男が「ダウン症」との告知を受け、「これからどうしようと、目の前が真っ白になった」と振り返える奥山さん。  「私にハンディのある子なんて育てられない」と思う気持ちと、「でも、この子は表現で… (続きを読む)

医療福祉と経済論

伊関友伸 いせきともとし
城西大学経営学部教授

2006年8月から2007年3月まで、夕張市の医療再生アドバイザーとして、夕張医療センター設立に携わる。兵庫県丹波市の「県立柏原病院の小児科を守る会」の活動の支援も行っている。総務省「公立病院に関する財政措置のあり方等検討会」など、数多くの国・地方自治体の委員等をつとめる。

イキイキ生きる父親が社会を変える
仕事も育児も人生も、笑って楽しむパパになろう!

安藤哲也 あんどうてつや
NPO法人ファザーリング・ジャパン
ファウンダー/代表理事
出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年に父親支援のNPO法人ファザーリング・ジャパンを設立。「笑っている父親を増やしたい」と講演や企業向けセミナー、絵本読み聞かせの他、近年、男性育休推進や管理職養成事業の「イクボス」で企業・自治体での研修なども行っている。

「育児も、仕事も、人生も、笑って楽しめる父親を増やしたい。」 これが、父親の育児支援を行なうNPO法人ファザーリング・ジャパンを立ち上げた時の強い思いです。  我々は“良い父親”ではなく“笑っている父… (続きを読む)

笑門来福『心に響く言葉と笑い♪』

旭堂みなみ きょくどうみなみ
講談師

紆余屈折の人生を生きる講談師。講演では、挫折や失敗を繰り返す波乱万丈の人生を、笑いを交え講談師ならではの独特の語り口で振り返る。講談では、親しみやすい人情話を語り、幅広い層から人気を得ている。

心を伝えるには、言葉が必要です。 言葉には魂があり言霊とも言います。 言葉にはたくさんの力があります。 しかし心のない言葉は心に響きません。 人を傷つけてしまうこともあります。  アナウンサー時代、漫… (続きを読む)

お金にまつわる笑撃的国際交流

パックンマックン ぱっくんまっくん
お笑いコンビ

パックンはハーバード大学卒、マックンは群馬県吉井高校卒という国籍も学歴もデコボココンビ。2003年にはラスベガス、2007年にハリウッドで英語漫才にチャレンジ。講演では、グローバル人材、国際コミュニケーション力など、日米の文化的な違いを例に挙げ、楽しく分かりやすく伝える。

日米のおこずかい事情や使い方の違いや、「お金を貯める」という日本人、「お金を育てる」というアメリカ人のお金に対する考え方の違い、詐欺や悪徳商法への注意喚起など、おかねにまつわる講演内容です。 (続きを読む)

大きな夢を持った子供の育て方
~大人が夢を語れば、子供も夢を語る~

ナカノ・マクレーン なかのまくれーん
世界一夢を与えるマジシャン

子どもたちが夢を語り、叶えられる世界の実現を目指す“世界一夢を与えるマジシャン”。プロマジシャンとしての活動の傍ら、プロダクション経営、講演、執筆、介護施設慰問、カンボジア、モンゴルへの支援など活動は多岐にわたる。株式会社マジカルハートビート 代表取締役。

将来やりたいことがわからないという子供が増えています。  今では全国100箇所以上で夢をテーマに講演している僕も実は子供の頃夢がありませんでした。 ではなぜ夢を持つことが出来たのか、それは夢を持つ人と… (続きを読む)

「今月の講演依頼講師」へもどる

自治体・公的団体・医療福祉・学校向け 講師ガイドブック


システムブレーンは創業以来40年以上、講演会事業についてこれまでに培った豊富な情報とノウハウを、皆様に提供し続けて参りました。常に変化を続ける社会・市場の環境、主催者様・聴講者様の関心やご要望、課題にお応えするため、常に情報収集に努め、一冊のガイドブックにまとめました。今回も、12項目のジャンルに対応すべく、総合冊子として作成致しました。弊社サイトで非公開の講演料の目安も掲載しています。無料進呈しておりますので、お気軽に問い合わせフォームよりご請求ください!

合わせて読みたい

異常気象による災害に備える~一般市民・学校・PTA向け講演プラン

毎年、初夏から秋にかけて、全国各地で台風や前線の影響による局地…

一般市民向け オンライン講演人気講師 ベスト10【2022年上半期】 

2022年度の上半期が過ぎ、官公庁や公的団体の一般市民向け講演…

障がい者の人権を考える~一般市民・学校・PTA向け講演プラン~

障がいのある人、またその家族が日々の暮らしや職場において、障が…


 他の記事をみる