自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、4月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

LD(学習障害)から生まれた夢〜生きる力はみんなにある!~

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校
共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

目の前に越えられそうもない壁が現れた時、簡単に諦めてしまうことがあります。しかし、その壁に向き合うことで成果は約束されていなくとも、成長は約束されています。障害があったからこそ生まれた夢があって、生き… (続きを読む)

女性のためのキャリアセミナー 
自立型ビジネスウーマンを目指そう!

山本幸美 やまもとゆきみ
株式会社プラウド代表取締役社長
営業力強化コンサルタント
女性リーダー育成コンサルタント
「何を売らせても売れる伝説」の営業ウーマンとして各方面から注目を集める。数々の企業、個人へのコンサルティングや研修経験、そして自身のマネジメント経験より、表面上のテクニックやノウハウよりも自分を知るところから全てが始まるという考え方には、多くの人が共感し、各地で好評を得ている。

「自立型女性力を養う」これが本セミナーの基本コンセプトです。  「女性の社員・職員がよく辞める…」 「長く勤めてほしいのに結婚・子育てを理由に続かない…」 「女性の感性やアイデアを積極的に職場で活かし… (続きを読む)

2018年4月、法定雇用率2.2%へ!
-障がいを持つ人事担当者だから語れる本当に大切なこと-

紺野大輝 こんのたいき
『障がい者の就活ガイド』著者

障がいを持つ現役会社員。従業員1700名の企業の人事部で働く傍ら、障がい者雇用研修を全国で行う。求職側と求人側の両方の視点からの話は独特でわかりやすいと好評を博している。講演回数300回。「全国・講師オーディション2015-100年後に残したい話-」にて「奨励賞」を受賞する。

障がい者雇用は採用したら終わりというものではありません。その人の能力を活かし会社に貢献してもらうことが真の成功です。  私は障がいを持っていますが、これまで150社に応募し2社で17年働いています。ま… (続きを読む)

子どもを理解する力
~4人の発達障がいの子育てから学んだこと~

堀内祐子 ほりうちゆうこ
自閉症スペクトラム支援士
特別支援士
傾聴心理士
発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)をもつ4人の子どもの母親。日本自閉症スペクトラム学会会員、自閉症スペクトラム支援士、特別支援士、傾聴心理士としても活躍中。講演では、発達障害有無に関わらず、子育て問題、問題行動に悩む母親・父親への対応法について具体的・実践的に語る。

子育てに迷い、悩み、苦労されているお母さん(お父さん)がいかに多いことか。 現代社会においては、ますますその傾向は増加の一途であると思います。  私は発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)を持… (続きを読む)

キレない自分のつくりかた
上手く怒りをコントロールする方法

須田愛子 すだあいこ
アンガーマネジメントシニアファシリテーター
アンガーマネジメントコンサルタント
怒りの連鎖を断ち切るために、年齢・性別・職業等に関係なく、簡単に、繰り返し行うことができる「アンガーマネジメント」を伝える。講演では、ビジネス上での怒りによるリスクと解消法、家庭におけるイライラをコントロールする方法等について、視聴者が主に経験する怒り・イライラの事例を元に語る。

「学校は社会の縮図である」と言われるように、子ども同士の関係性は今の世の中を反映しています。 特に「怒り」は、強い立場から弱い立場に向かう性質や、周囲に伝染する性質があります。いじめの問題を解決するま… (続きを読む)

心のバリアをはずして

中野佐世子 なかのさよこ
NHK手話ニュースキャスター 
手話通訳士、人権教育・啓発講師
手話パフォーマンス甲子園大会審査員
大学で幼児教育(障害児保育)を専攻。幼稚園・児童館等で手話ソングなどの指導を行う。また、介護福祉士・ホームヘルパーの養成にも取り組み、現在、幼児・高齢者・障がい者との共生を目指す街づくりのため、各地で講演・研修を行っている。NHKEテレ「手話ニュース」のキャスターとして出演中。

最近は「バリアフリー」という言葉が社会に定着してきように思います。しかし、あなたの心の中には本当にバリア(壁)がありませんか? 心のバリアフリーを進めるために、まず障害者や高齢者のことを正しく知り、理… (続きを読む)

夢に向かって

安達阿記子 あだちあきこ
ゴールボール女子日本代表選手
パラリンピック金メダリスト
14歳で病気のために右目が、20歳で左目が視覚障害になり、ゴールボール競技と出会う。2012年ロンドンパラリンピック日本代表選手として選出され、金メダル獲得。パラリンピックの団体競技における日本の金メダル獲得は史上初。学校、企業、福祉施設など、講演活動も精力的に行っている。

<メッセージ> ・できないことではなく、できることを見つけて夢を持つことが大切である。 ・夢は言葉に出し、あきらめずに行動し続ければ必ず叶う。 病気の発症で視覚障害になり、ピアニストになる夢が絶たれ、… (続きを読む)

女と男 豊かな生き方

小宮山洋子 こみやまようこ
ジャーナリスト

元NHK解説委員・アナウンサー。1998年参議院議員に。2003年から衆議院議員(4期)。厚生労働大臣、少子化対策担当大臣等を歴任。2013年1月政界を引退、これまでの経験を生かし、社会保障(子育て、超少子高齢社会への対応等)、労働問題(特に女性)、男女共同参画をテーマに各地で講演。

現在の日本は、男の価値観を中心になりたっているといってもよいでしょう。仕事は男、家庭は女と役割分担していては、お互いに豊かな生き方とはいえません。人間として豊かに生きられる社会を少子化、高齢化の問題な… (続きを読む)

多種多様 悪質商法にご注意を!

林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家

1975年東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業後、父親でもある、初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年9月 真打に昇進し、二代目・林家木久蔵を襲名。落語以外にも、テレビ出演や講演など活動の場を広げている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。

高齢者を狙った詐欺・悪質商法は巧妙化の一途をたどっています。 被害防止のためには、高齢者自身の対策とともに、家族や身近な人々の見守りや日頃からの交流が欠かせません。 講演では、落語を楽しんでいただきな… (続きを読む)

江戸の環境リサイクル
もったいない精神を見直そう

林家うん平 はやしやうんぺい
落語家

調理師時代の体験を活かした、職場の危機管理・コミュニケーション術・健康管理などの“みんなに役立つ落語付き講演会”が評判の落語家。随所に笑いを取り入れながらも、真に役立つエピソードを巧みに盛り込んだ内容が好評。対象者・年齢層に応じて、マジックバルーンなどで座を盛り上げる。

今の生活を江戸時代の文化に戻すことはできないが、一人一人が身近でできることを提案させて頂きます。  “もったいない”はいい言葉、ノーベル平和賞受賞者のワンガリー・マータイさんが来日した際、小池百合子環… (続きを読む)

じょうぶな子どもをつくる基本食

幕内秀夫 まくうちひでお
フーズ&ヘルス研究所 代表

ベストセラーとなった『粗食のすすめ』の著者。東京農業大学栄養学科卒業。管理栄養士。
山梨県の長寿村を知って以来、伝統食と民間食養法の研究を行う。日本列島を歩いての縦断や横断、また四国横断、能登半島一周などを重ねた末に、“FOODは風土”を提唱。



アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患、あるいは肥満、糖尿病など、子どもの健康問題が数多く浮上しています。そこにはさまざまな原因がありますが、食生活の影響が大きくなっていることは明らかです。また、… (続きを読む)

笑って学ぼう~悪質商法撃退術~

夢見亭わっぱ ゆめみていわっぱ
啓発落語人

1982年の初高座。「悪質商法防止落語」「防犯落語」が好評の“啓発落語人”。送り付け商法など、最新の悪質商法の手口について、落語を交えて解かりやすく伝える。消費者や高齢者が悪徳商法に引っかからないよう、落語を通じて警鐘を鳴らす活動を行っている。

■送りつけ商法  頼んでもいないのに商品が届き、料金を請求される商法。 頼んだはずがない商品が届く。怖いことも言われるし、これぐらいなら払ったほうがいいかな? 弱気になってはいけません。「頼んでません… (続きを読む)

可能性への挑戦

舞の海秀平 まいのうみしゅうへい
NHK大相撲解説者

“平成の牛若丸”の愛称で親しまれた、元小結。日本大学経済学部を経て、90年夏場所、初土俵を踏む(幕下付け出し)。最高位は小結で、技能賞5回受賞。99年11月九州場所後引退。現在は、大相撲解説・情報番組・CM等で活躍中。生まれ故郷である青森県鰺ヶ沢町の「ふるさと大使」。

●相撲界の話 今の新弟子は、親が「きつかったらかえってきなさい」と言うので1年で、1ヶ月で、1日でやめる。 一人の関取に3人の付き人が世話をやく。お風呂に入るときは身体の背中や前を洗う人、腕を洗う人、… (続きを読む)

スポーツの力

山口 香 やまぐちかおり
筑波大学大学院 体育系 准教授

“女三四郎”と呼ばれた、ソウルオリンピック女子柔道銅メダリスト。13才で全日本女子体重別選手権大会で優勝して以来10連覇。世界選手権でも数々のメダルを獲得。1989年に現役を引退。現在は、筑波大学大学院で教鞭を執る傍ら、後進の指導にあたる。また、講演・テレビ出演など多方面で活躍。

生きることは感動すること
~柔らかな心で明日を生きてみませんか?~
お話と歌と朗読劇で心のストレッチ

佐久間レイ さくまれい
声優・歌手・劇作家・作詞家

テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」のバタコ役や、「魔女の宅急便」ジジの声などでもおなじみの声優であり、歌手・脚本家。アニメーションや洋画の吹き替えテレビコマーシャル、番組ナレーションの他、命や人間の心をテーマにした物語を執筆し、自ら「語る」活動を展開、全国で好評を博している。

<講演の流れの一例>  【挨拶&自己紹介】  キャラクターの映像を使って声を披露&自己紹介(パワーポイント)  【歌】 「アンパンマンのマーチ」「ふすさと」など  【トーク】 身体同様、心も何かにつま… (続きを読む)

紛争地、被災地に生きる子どもたち
~取材から見えてきたこと~

安田菜津紀 やすだなつき
studio AFTERMODE所属
フォトジャーナリスト
16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、カンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は、陸前高田市を中心に被災地を記録し続けている。

■活動の原点となったカンボジア。内戦とそこに住む人々。 ■フォトジャーナリストとしての転機となった東日本大震災、岩手県陸前高田市を中心に。 ■シリア・イラク、難民として生きる子どもたちについて。 ■そ… (続きを読む)

親子向け絵本ライブ

藤本ともひこ ふじもとともひこ
絵本作家
童話作家
作詞家
1991年講談社絵本新人賞受賞を経て絵本作家デビュー。執筆活動の傍ら、「絵本をあそぶ」「読み聞かせの喜び」「あそびうた」「毎日の保育あそび」「かんたん造形の気持ち」「お父さんと遊ぶ」など、保育士・幼稚園教諭などの講習会や、親子向けの絵本ライブなど、全国各地で活動中。

幼児と一緒に親子で楽しめるあそびをいっぱいお届けします。 □オープニング   ◆ねこときどきらいおん(NHKEテレ「おかあさんといっしょ」2011年10月の歌)  ◆あそびうた「くらげがふってきた」(… (続きを読む)

病に学んだ芸の道
〜楽しく生きる3ツのコツ〜

江戸家小猫 えどやこねこ
ものまね・演芸家

2011年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。動物のものまねを得意とする江戸家の五代目。2011年に小猫を襲名。動物の鳴き声を研究するために各地の動物園を巡り、動物園イベントに出演する機会も多数。誰もが知っていても鳴き声はあまり知られていない動物のレパートリーも多い。


20代のすべてを病気と向き合うことに費やした人生。自分は江戸家の芸を継げないかもしれない・・・ 一度はあきらめかけた芸の道でしたが、30歳のときに転機を迎えます。病気との向き合い方を変えたとたん、遠回… (続きを読む)

 

<その他関連ページ・関連記事>

官公庁・自治体 講師依頼ランキング -2017年-


2017年の1年間、システムブレーンはたくさんの講師にご講演をお願いしてまいりました。
それぞれのテーマでの人気講師を、ランキングでご紹介致します。
官公庁・自治体の皆様、講演依頼の際ぜひご活用下さい★
※掲載許可をいただいている講師のみでランキングしております。

システムブレーンでは啓発講演会をご計画の皆様に、無料で資料のお渡しをしています。

 

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる