自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、6月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

令和時代の安全と健康の「働き方改革」、上半身ウォーキングで始める心と体の健康作り!

池田ノリアキ いけだのりあき
ウォーキングトレーナー、健康運動実践指導者
日本転倒予防学会認定 転倒予防指導士
スポーツメーカー アシックスで長年培ったシューズやウォーキングの専門知識を基に、ウォーキング実践からシューズ選びまで、オールラウンドに対応する講義スタイルが高い評価を得ている。日本トップレベルのウォーキング指導員、アシックスウォーキングの広告塔として20年間活動するなど豊富な実績を持つ。
【ここがオススメ!】 

今最も多いケガは転倒事故、最も多い病気は精神障害です。 安全で快適な生活のためには自分自身の心と体を鍛え、メンタルヘルスケアや正しい姿勢と歩き方を実践することが大切です。 シューフィッター、転倒予防指… (続きを読む)

「みんなの学校」が教えてくれたこと

木村泰子 きむらやすこ
大阪市立大空小学校 初代校長

「すべての子どもの学習権を保障する」という理念のもと、教職員や地域の人たちの協力で設立された大阪市立大空小学校の初代校長。2015年春 45年間の教職歴をもって退職。現在は、映画「みんなの学校」の上映会と共に、全国各地で講演活動を行う。著書『「みんなの学校」が教えてくれたこと』を刊行。

どうすれば子どもたちが安心して過ごせるか? どうすればどの子も排除されず生きていけるか? 一人一人の存在が大切にされる学校、社会の実現のために、大人ができることについてみなさんと考えたいと思います。 … (続きを読む)

災害発生時の自助・共助の役割と必要性

蓬莱大介 ほうらいだいすけ
気象予報士
防災士
2006年早稲田大学政治経済学部卒。大学在学中より俳優を志すも、気象予報士の仕事に魅力を感じ、09年気象予報士試験に合格。現在「情報ライブミヤネ屋」「かんさい情報ネットten.」「ウェークアップ!ぷらす」をレギュラー担当。司会者との掛け合いとイラストを描いて天気予報を伝えるスケッチ予報が人気。

「防災」と聞くと堅苦しいイメージがありますが、普段、幅広い世代に解説をしているお天気キャスターが実体験を交えて、わかりやすく「防災」をメインに解説します。 実際に起きた過去の気象災害を例に出し、あまた… (続きを読む)

定年後
~50歳からの生き方、終わり方~

楠木 新 くすのきあらた
人事・キャリアコンサルタント
神戸松蔭女子学院大学 教授
1954年神戸市生まれ。京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長等を経験。勤務と並行して、「働く意味」「個人と組織の関係」をテーマに取材、執筆活動に取り組む。2015年定年退職。2017年の『定年後』(中公新書)は、25万部を超えるヒットとなる。

人生80年が当たり前になった今、長い自由時間をどう活かすべきか。 ライフサイクル的な視点から定年後の「傾向と対策」を考察する。 自営業などを除けば誰もがいつか迎える定年。 社会と密接に関わってきた人も… (続きを読む)

ハラスメント防止研修
~しない、させない、おこさない~

藤原寛子 ふじわらひろこ
社会保険労務士
キャリアカウンセラー
セクハラ・パワハラ研修講師
心理学を応用し、イキイキと働きやすい職場づくりを支援するセクハラ・パワハラ防止研修講師。研修を通じて働きやすい職場づくり、やる気アップ、生産性向上を支援。また、「女性のためのチャレンジ相談員」として様々なカウンセリングのキャリアを積み、豊富な事例と実践参加型ワークショップが特徴。

1.職場のセクシャルハラスメントとは?  職場において、相手方の気持ちに反する性的言動  2.2012年1月、厚生労働省がパワーハラスメントの概念を明文化  3.パワーハラスメントの概念  4.パワハ… (続きを読む)

虐待の淵を生き抜いて

島田妙子 しまだたえこ
一般財団法人児童虐待防止機構オレンジCAPO 理事長
株式会社イージェット 代表取締役会長
兵庫県児童虐待等対応専門アドバイザー
自らが虐待によって親に殺されかかった経験から、「児童虐待の予防」「大人の心を助ける」の活動を行っている。いじめ、DV、自殺、パワハラ等、人にもモノにも、そして自分にもあたらない社会を目指して活動中。著書に『本当は怒りたくないお母さんのためのアンガーマネジメント 』(致知出版社 2020年)など。

子どもたちと関わる時間が多い教職員の皆様には、虐待を受けているかもしれない子どもたちへの対応や、保護者対応のアドバイスを盛り込み、講演させていただきます。  私を虐待の淵から救ってくださった若い女性教… (続きを読む)

【保護者(小学校)向け】
スマホ時代の子どもたちに大人ができること
~地域・家庭でのルールづくりと取り組み~

石川千明 いしかわちあき
NPO法人 奈良地域の学び推進機構 理事
京都府警察ネット安心アドバイザー
スマホ利用の低年齢化が進み、ネットトラブル、ネット依存が深刻な社会問題になっています。ゲーム企画、web企画制作、子育て支援、学校支援の経験、また母親目線から、わかりやすくネットトラブルの現状と対策を解説。家庭、学校、地域での声掛け、取り組み、ルール作りについて話します。

「知らなかった」から起こってしまうネット、ネット・スマホのトラブル。 それを「よく知っている」はハードルが高くても「聞いたことがある」にできれば、トラブルを未然に防ぐことができるかもしれない。そういう… (続きを読む)

激変する日本の教育を先取りする

若江眞紀 わかえまき
株式会社アクセプト(マーケティングコンサルテーション)代表取締役
株式会社キャリアリンク(教育サービス・コンサルテーション)代表取締役
キャリア教育プログラム開発推進コンソーシアム 事務局長
公教育に特化した教育コンサルタント。民間・公共・社会(企業、行政、非営利組織)の3つの垣根を超えたトライセクター・リーダーとして分野横断的に働き、協働し、社会問題の解決に尽力中。キャリア教育プログラム開発推進コンソーシアム事務局長、全国[よのなか]科ネットワーク事務局長他、公職多数。

2020年から、日本の学習指導要領が大きく改訂されます。 70年ぶりといわれる、この大きな改訂の本質を理解し、自身の、学校の、地域の「教育」に効果的、効率的に適応するために何をしなくてはならないのか…… (続きを読む)

介護予防とウォーキング
 ~生涯自分の足で歩くために ~

山口マユウ やまぐちまゆう
ウォーキングスペシャリスト
一般社団法人 日本DFWALK協会 代表
「90歳になってもハイヒールの履ける人生を、90歳になってもゴルフのできる人生を」をコンセプトに、ウォーキングを通して健康美・活力寿命延伸活動を推進。学校、企業研修、顧客満足イベント・セミナー、安全大会等で科学的根拠に基づいたウォーキング法・立居振る舞い・ビジネスマナーを指導。

加齢に伴い健康を意識する人が多くなり、健康づくりの維持・改善に適した運動の一つとしてウォーキングを取り入れる方も増えてきています。講演では、聴講者の皆さんとやり取りをしたり簡単なエクササイズを取り入れ… (続きを読む)

なみだも笑顔も心の光
~ ささえあっていきるってどんなこと ~

桂 福点 かつらふくてん
落語家

中学生の頃に視力を失うも、子どもの頃から音楽に親しみ、大阪芸術大学に入学、音楽療法を研究。卒業後にバンド「お気楽一座」を結成。1996年、桂 福団治師匠に弟子入りし、バリアフリー落語や古典落語を学ぶ。落語、音楽漫談、バンド活動の他、音楽療法士として診療所で音楽療法も行っている。

人権意識の啓発 ■両目を失明するまで ■芸大へ進学し音楽療法を学ぶ ■落語家への道のり ■ノーマライゼーションな世界を 広く一般の方々 (続きを読む)

やさしさの時代を築こう

桂 三風 かつらさんぷう
落語家

1984年 桂三枝師匠(現・六代 桂文枝)に入門。常に時代を感じ、型にはまらない柔軟なスタイルで注目されている。演者と客席が一体で楽しめる落語界初の「客席参加型落語」を生み出し、参加すればするほど楽しい落語の世界を実現。2007年 第一回繁昌亭大賞創作賞を受賞。
【ここがオススメ!】 

豊かな国、日本。はたしてそうでしょうか? たしかに物質的に豊かですが、心は貧しい国になりつつあります。 「情けはひとのためならず」意味を勘違いしている若者がいる時代です。 やさしさとは・・みなさんと考… (続きを読む)

ホームレス講談
~誰も置き去りにしない社会のために ~

玉田玉秀斎 たまだぎょくしゅうさい
講談師

講談の事を何も知らない司法浪人時代に、「講談師も弁護士も最後に“し”がついているから一緒や」という師匠の一言で講談師になった変わり種。英語、スウェーデン語など外国語講談にも挑戦中。海外渡航歴は20ヶ国以上。ジャズ講談など音楽とのコラボレーションも大好評。

知っていただくということが理解のためには大切な最初の第一歩となります。  広く一般の方々 (続きを読む)

ダイアンから見た日本
(落語付き講演)

ダイアン吉日 だいあんきちじつ
バイリンガル落語家

イギリス リバプールから来日のパワフルな落語家。ほんの数ヶ月の滞在のつもりが、すっかり日本文化に魅せられ、今では華道、茶道、着付けもこなすパワフルパフォーマー。笑いで世界をつなぐ懸け橋となるべく、明るく前向きに生きる術をユーモアを交えながら伝える講演・英語落語が幅広い層から支持される。

子どもの頃、人前で話すのが大の苦手だったダイアン。 そんな子ども時代だったと思えないほどの迫力満点の話術で観客をとりこにします。  ほんの数ヶ月の滞在のつもりで来た日本ですが、すっかりその伝統文化の奥… (続きを読む)

学校力を高める働き方改革

玉置 崇 たまおきたかし
岐阜聖徳学園大学 教授
授業と学び研究所 所長
公立小中学校教諭、中学校校長、県教育委員会主査、教育事務所長などを経て、2012年度から3年間、愛知県小牧市立小牧中学校長。2015年度より岐阜聖徳学園大学教授。学生時代より落語家愛狂亭三楽としても活動。著書『働き方改革時代の校長・副校長のためのスクールマネジメント・ブック』他多数。
【ここがオススメ!】 

学校における「働き方改革」は、単なる労働時間の短縮に留まらず、教職員の充実感や達成感向上という視点が不可欠です。 数々の学校改革に関わってきた経験から、「思い込み業務」を大胆にカットし、教職員のモチベ… (続きを読む)

<その他関連ページ・関連記事>

 

官公庁・自治体 講師依頼ランキング -2019年-


システムブレーンは2019年も多数の講演依頼、講師派遣のご依頼をいただきました。
主な11テーマでの人気講師を各3名ずつ、ランキング形式でご紹介致します。
自治体・公共的団体の主催者の皆さま、講演依頼の際ぜひご活用下さい。
※掲載許可をいただいている講師のみでランキングしております。

システムブレーンでは啓発講演会をご計画の皆様に、無料で資料のお渡しをしています。

 

講師ガイドブックのご請求はこちら


システムブレーンは創業以来40年、講演会事業についてこれまでに培った豊富な情報とノウハウを、皆様に提供し続けて参りました。常に変化を続ける社会・市場の環境、主催者様・聴講者様の関心やご要望、課題にお応えするため、常に情報収集に努め、一冊のガイドブックにまとめました。今回も、12項目のジャンルに対応すべく、総合冊子として作成致しました。ご担当者様に広くご活用いただけましたら幸いです。

 
「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる