障害者問題という表現がありますが、実際には障害者側の問題というよりも、障害を持たない者や障害者を取り巻く環境そのものの問題である、という考え方が正しいように思います。 近年は発達障害のように、以前は障害と認識されていなかったものについても、調査、研究がすすめられ、本人自身の問題ではなく生まれながらにして備わった特性であることがわかってきました。 その多くは障害に対する理解が進むことで、ある程度は解決できるのではないでしょうか。 障害者への理解は、すべての人々がが豊かに生きやすくなることにつながります。

車椅子のJリーガー
~出会いに感謝! 出会いの素晴らしさ~

京谷和幸 きょうやかずゆき
元 車椅子バスケットボールプレーヤー

ジェフ市原(現・千葉)のMFとして活躍するも、交通事故で車椅子生活となる。リハビリで始めた車椅子バスケットボールに魅せられ、パラリンピック4大会連続出場。2012年引退。現在は「サッカー指導者」と「車椅子バスケットボール界の強化・普及」に力を注ぎ、講演・企業のアドバイザーなど幅広く活躍。

夢を持って、行動に移した瞬間に、夢は目標に変わります。 そして目標に向かって行く途中に、必ず出会いが訪れます。出会いは、目標に向かって行く自分を後押ししてくれたり、行き過ぎた自分に「待った!」をかけて… (続きを読む)

子どもたちのSOSを見逃さない
~LD(学習障害)から未来へ~

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校
共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

高校2年生の時に不登校になりました。21歳の時に学習障害とわかりました。学校では読み書きがうまくできず、恥ずかしくて相談もできない状況でした。不安を隠し、笑顔でいるように努めました。不安そうな顔をして… (続きを読む)

心のバリアをはずして

中野佐世子 なかのさよこ
NHK手話ニュースキャスター
手話通訳士・バリアフリー啓発研修講師 関西福祉大学客員教授
大学で幼児教育を専攻。幼稚園・児童館等での「親子共遊び」や手話ソングの指導を行う。1990年より、介護福祉士・ホームヘルパーの養成に取り組む。現在、幼児・高齢者・障がい者との共生を目指す街づくりのため、各地で講演・研修を行う。NHK手話ニュースのキャスターとして出演中。

最近は「バリアフリー」という言葉が社会に定着してきように思います。しかし、あなたの心の中には本当にバリア(壁)がありませんか? 心のバリアフリーを進めるために、まず障害者や高齢者のことを正しく知り、理… (続きを読む)

人に優しい地域づくり、街づくり

鈴木ひとみ すずきひとみ
パラリンピック日本代表(射撃)
バリアフリー啓発講師、エッセイスト
ユニバーサルデザインの商品開発・モデル
ミス・インターナショナル準日本代表。パラリンピック射撃日本代表。交通事故で車いす生活になる。障害を持つ以前よりもっと成長した生き方をしたい、を信念に聞いた人が元気になると評判の人気講師。著書『車椅子の花嫁』がドラマ化。現在は、UD商品の開発他、バリアフリーな社会を目指し活動中

高齢者にとって住みやすい街は障がい者にとっても、一般の人にとっても住みやすいもの。 すべての人が元気に生き甲斐をもって暮らすには何が必要か?何か足りないのですか? 日本では、車椅子を必要とする障がい者… (続きを読む)

命の授業
~今の幸せに気づくことから夢はひろがる~

腰塚勇人 こしづかはやと
元 中学校教諭

中学校の熱血体育教師として充実した日々を送っている最中、頚椎(首の骨)骨折という大事故に遭い、「一生、寝たきり」との宣告を受ける。失意の果てに自殺を考えるが、家族や生徒の応援、自身の感謝の心により、奇跡の復活を遂げる。現在、「命の授業」の講演活動で命の大切さを伝え続けている。

体育教師がスキーでの事故をきっかけに、人生も人生観も大きく変わりました。今を自分らしく幸せに生きるためのヒントを普段の生活の中から紹介していきます。  ~「30万人が泣いた奇跡の実話」~  「一生、寝… (続きを読む)

2020年への挑戦

谷 真海 たにまみ
パラリンピアン(陸上・走り幅跳び)

早稲田大学のチアリーダーで活躍していた2001年に骨肉腫を発症。右足膝下を切断し義足の生活となるが、リハビリを経てスポーツを再開。走り幅跳びでアテネ.・北京・ロンドンパラリンピック出場を果たしアスリートとして活躍。障がい者スポーツの素晴らしさを広めるため講演活動も行っている。

19歳のときに骨肉腫を発症し右足膝下を切断、辛い闘病生活の中で生きる意味を問い続けました。 さまざまな困難を乗り越え、北京パラリンピック陸上競技・走り幅跳び日本代表に選ばれるまでの道のり、そして、新た… (続きを読む)

道を進む

片岡亮太 かたおかりょうた
和太鼓&パーカッション奏者

圧倒的なパフォーマンスで観客をひきつける、全盲のプロ和太鼓&パーカッション奏者として活躍。
上智大学を首席で卒業し、社会福祉士の資格も取得。2011年より1年間渡米。演奏はもちろん、体験に基づいたトークを交えながら、自分にしかできない音楽を多くの人に届けたいと活動の場を広げている。


*太鼓の演奏を通じて、音楽とメッセージを届けるステージです。 *迫力ある太鼓の演奏。合間に自身の生い立ち、失明、太鼓との出会い、大学進学、大学卒業後、太鼓の道へ・・・   ■ 失明によって「自身が失っ… (続きを読む)

さらなる一歩を踏み出そう! 
(講演&ピアノ弾き語り)

立木早絵 たてきさえ
シンガー・ソングライター

24時間テレビ内で、津軽海峡縦断リレー、トライアスロン、キリマンジャロ登頂など、全盲の少女が前例のない様々なチャレンジを行い大きな話題となる。また、講演会でもピアノの弾き語りを行い、その素敵な歌声とピアノが人気を得ている。

目が見えない私がチャレンジしてきたこと。 これからの夢、ずっと支えてくれている家族のこと。 障害のある無しに関わらず、どんな人にも苦手なことはあるし、 みんな一人では生きていけないと思います。 家族や… (続きを読む)

視覚障がい者とフリークライミング
~広がる新しい可能性~

小林幸一郎 こばやしこういちろう
視覚障がい者クライマー

自らも視覚障がいを持ち、障がい者と健常者が一緒に楽しめるフリークライミング(岩登り)の普及に取り組むNPO法人モンキーマジックを主宰。フリークライミングというスポーツの特性を生かした障がい者の自立支援や社会性向上、また視覚障がいそのものへの理解深耕に尽力。

切り立った岩壁や、複雑な形状をした人工壁を、人間の手足だけで登ってゆくフリークライミング(岩登り)。 そんな人間が本来持つ能力を試されるスポーツを、障害のある人もない人も、子どもも人生の先輩も、男性も… (続きを読む)

設立2年目で黒字転換を果たした、
異例づくめの障がい者雇用の取り組み

渡邉幸義 わたなべゆきよし
アイエスエフネットグループ代表

「夢をかなえるノート」=「未来ノート」を書き続けることで、落ちこぼれサラリーマンから脱出。2009年にグローバルITカンパニー(株)アイエスエフネットを創業。履歴書を見ずに意欲のある人間を採用し、社員数は創業10年余で2000名超。現在、障がい者1000名を雇用するべく挑戦中。

2008年に設立した特例子会社アイエスエフネットハーモニー。 障がい者にはIT業務は難しい、という通説もあるが、 ハーモニーでは身体・知的・精神障がいのある社員(そのうち6割が重度障がい者である)が … (続きを読む)