自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、3月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

「みんなの学校」が教えてくれたこと

木村泰子 きむらやすこ
大阪市立大空小学校 初代校長

「すべての子どもの学習権を保障する」という理念のもと、教職員や地域の人たちの協力で設立された大阪市立大空小学校の初代校長。2015年春 45年間の教職歴をもって退職。現在は、映画「みんなの学校」の上映会と共に、全国各地で講演活動を行う。著書『「みんなの学校」が教えてくれたこと』を刊行。
【ここがオススメ!】 

どうすれば子どもたちが安心して過ごせるか? どうすればどの子も排除されず生きていけるか?  一人一人の存在が大切にされる学校、社会の実現のために、大人ができることについてみなさんと考えたいと思います。… (続きを読む)

気づくことで高まる人権意識
~差別をなくして最高の笑顔を

桂 七福 かつらしちふく
落語家

高等専門学時代、落語研究部に5年間在籍。84年徳島県芸術祭奨励賞受賞。91年上方落語・桂福団治門下に入門。国立文楽劇場にて初舞台を踏む。96年本人が受けたイジメ体験を綴る自叙伝「譫言(うわごと)」を出版、人権をテーマにした講演活動も始め、全国各地で注目を浴びている。

身近な会話の中に「おや?」と思ってしまうことって無いですか?落語のようにお笑いのエッセンスと落語的誇張で笑いながら「おや?」「あれ?」と思ってもらえれば嬉しい限りです。話の中で私が出会った「がんばって… (続きを読む)

笑いの天使クラウンが贈る
笑顔を咲かせる4つのヒント

望月美由紀 もちづきみゆき
つくり笑顔アドバイザー
うつ病家族支援アドバイザー
笑いの天使クラウン(道化師)として20年近く活動中。うつ病をきっかけに免疫学を学び、笑いの重要性を再認識。また、夫の入院・死をきっかけに、患者と看病する家族の心のケアの大切さを痛感。「全ての人を笑顔に!」のポリシーでクラウンの活動を行い、道化師術を応用したコミュニケーションなどを伝授。

笑顔でいると、心身の健康にもよいし、コミュニケーションをとるにも役立ちます。 しかし、子ども時代、思春期など、難しいお年頃に、笑顔で生活する、相手の喜ぶことをする、 なんて無意味に感じます。 自分が2… (続きを読む)

笑涯現役を目指す!
~90分笑って姿勢が10歳若返る「エアリハ」健康術~

日向亭 葵 ひなたていあおい
お笑い理学療法士
おしゃべりテーションの会 代表
落語とリハビリを融合した「エアリハ」を考案。いつでもどこでも器具を使わず安全に行え、NHKをはじめメディアにも数多く取り上げられる。笑いを交えながら身体の仕組みを専門的に解説し、「一生モノの笑顔と健康を提供」がモットー。「今まで聞いた講演の中で一番ためになって楽しい時間だった」と大好評。

初めまして、日向亭葵と申します。 中年以降、年齢とともに肩・腰・ひざの痛みがひどくなり、姿勢が悪くなることで集中力が低下、生活習慣病や転倒から介護状態になる方が増えています。 全国の方々に一生モノの笑… (続きを読む)

あーよかったな あなたがいて
~「優しさ」という温かい貯金~

仲島正教 なかじままさのり
教育サポーター

小学校での21年間に及ぶ教師経験を基に、子育てや学校教育における「真の人権教育の大切さ」を語る教育者。教育現場で得た子どもたちとの様々な感動体験を交えながら、親や地域の大人が今こそ改めて認識すべき「人権意識」について、“優しい風(loving-wind)”にのせて世に贈り続ける。

人は、自分の「心の銀行」に温かい貯金があれば、つらいことや悲しいことに出会っても、その貯金を使って乗り越えていくことが出来ます。 でも自分の心の銀行に貯金がない人は、つらいことに出会ったとき「どうせ私… (続きを読む)

今日からスタート!
~ストレスに負けない心と体のつくり方~

杉山仁美 すぎやまひとみ
ヘルスボディーアドバイザー
チャイルドコーチングアドバイザー
ストレスフリーコミュニケーションアドバイザー
4歳よりダンスを始める。高校時代ダンス、カラーガードで全国5位に。その後、大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース進学。信念は「好きなことが出来るのも、健康な体があってこそ」。全国各地で講演会活動を行い、トータル的な体づくりを提案。キッズダンススクールは年間のべ1万人が受講している。

人それぞれ性格が違えば、感じるストレスも違います。 ご自身を知って頂き、どんなストレスを受けやすいか見えてくると、今後の生活に生かすことが出来ます。 「今日からスタート出来る」という部分にポイントを置… (続きを読む)

食でカラダ革命
~体内年齢を10歳若返らせる食べ方のコツ~

中沢るみ なかざわるみ
管理栄養士
野菜ソムリエ協会 講師
「食でカラダ革命」をテーマに、カラダだけでなく、ココロも元気になる食べ方のコツを紹介。食で人は変われることを伝え、「カラダが変わり、人生が変わった!」と各地で好評を得ている。学校・企業・行政などで年間100回以上講演を行い、リピート率は90%の人気講師。

「カラダが変われば・・・人生が変わる!」 食べ合わせのコツを知っているだけで、確実にカラダが変わってきます。 どなたでもすぐに実践できる「体内年齢を10歳若返らせる食べ方のコツ」を伝授します。 1、カ… (続きを読む)

災害メカニズムを知って避難方法を考えよう

中井佳絵 なかいよしえ
ボウジョレーヌプロジェクト 代表
防災士
大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。その後、法政大学大学院にて政策学修士号を取得し、徳島大学大学院 非常勤講師を経て、現職。「防災減災を分かりやすく伝える講師」として活動。自然災害だけでなく、「事前の備えがいかに大切」かを参加者とコミュニケーションを大事にしながら伝えている。

まずは、災害メカニズムについてパワーポイントなどで分かりやすく解説します。実は、災害によって避難行動や避難場所は変わってくるのですよ。間違った避難行動をすると、かえってリスクが高くなることも。でも知っ… (続きを読む)

職場を元気に!!“コミュニケーション”“メンタルケア”の秘訣

上出佳子 かみでよしこ
フリーアナウンサー
メンタルヘルストレーナー
アナウンサーとしての豊富な経験を活かし、話し上手になるためのコツやコミュニケーション指導などの講演が好評を得る。産業カウンセラーやメンタルヘルスマネジメント検定資格を取得するなど更に研鑽を積み、働く人が抱えるストレスを解消すべく、心の健康管理への取り組みにも力を注ぐ。

安全で働きやすい職場環境を継続するには、円滑なコミュニケーションが行われていることが重要です。一般的にコミュニケーションというと「話す力」が重要視されがちですが、実際には人は話す能力よりも、聞く能力の… (続きを読む)

子ども達のスマートフォンに潜む危険
~その仕組みを知ることで防げる心の傷~

篠原嘉一 しのはらかいち
NIT情報技術推進ネットワーク株式会社 代表取締役
大阪府教育委員会ネット対応アドバイザー
IT関係事業者とwebの有効利用を研究するため、情報技術推進ネットワークを開設。子ども達へのカウンセリング経験から、心の傷も身体的な傷も携帯電話やネットが影響していることが多く、被害の現状を知らずにいる学校関係者やIT事業者にも現状を伝えようと、関係機関と連携し被害防止に尽力中。

機械モノはわからないから・・・では守れない! 今、携帯ネットの普及で子ども達の生活環境が大きく変わっています。 誰でも被害にまき込まれる仕組みが、子ども達に迫っています。 現在の状況を把握することが、… (続きを読む)

ママさん落語家奮闘記

桂 三扇 かつらさんせん
落語家

甲南女子大学在学中に桂三枝(現・六代 桂文枝)に入門。上方では、露の都、桂あやめに次いで三番目の女流落語家として活躍中。ママさん落語家でもあり、「落語界の男女共同参画」「ママさん落語家子育て奮闘記」などをテーマとした講演も好評を得ている。
【ここがオススメ!】 

男性社会の落語界で弟子修業して働いている自分や女性落語家の体験談。そして、その体験から得た男女共同に生きていく心構え。また、働く女性が増えているからこそ、身内だけでなく地域とのつながりや地域にささえら… (続きを読む)

ほっとする場所 どこですか?
ほっとする人 誰ですか?

岩崎順子 いわさきじゅんこ
いのちの講演家
(公財)和歌山県人権啓発センター登録講師
いのちの講演や体験談が心の深いところに届くと感動を呼び、人から人へ日本全国での講演は1000回を超える。人権、子ども、親子、高齢者、心、生と死、生きる力、認知症、グリーフケア、災害、戦争をわかりやすい言葉で明るく和やかに講演。参加者の方々とのご縁を大事に響き合える時間を作る。

子どもにとって家がほっとできる人でなくなってきています。 また親がほっとできる人でなくなってきています。 子どもたちの心が ほっとできる人にそしてできればお家が ほっとできる場所に。 この子の親でよか… (続きを読む)

ホームレスを生まない社会を創造する
~絆の回復 人は独りでは生きていけない~

奥田知志 おくだともし
東八幡キリスト教会 牧師
NPO法人抱樸 理事長
ホームレスの人の支援を30年以上続ける、東八幡キリスト教会(北九州市)の牧師。NPO法人「抱樸(ほうぼく)」の理事長を務め、ホームレスの人々が路上生活を脱し、自らの足で自立するのを支援。「無縁社会」と呼ばれる深刻な現実の中にあっても、真の「絆」を求め、その必要性を訴え続ける。

「助けてと言えた日が、助かった日だった」  (システムブレーン講演会レポートより) ■2011年3月11日以後考えたこと  ・蛤浜での出会い  ■絆とは何か  ・リスクヘッジとしての絆  ・自己喪失 … (続きを読む)

「今月の講演依頼講師」へもどる

自治体・公的団体・医療福祉・学校向け 講師ガイドブック


システムブレーンは創業以来40年以上、講演会事業についてこれまでに培った豊富な情報とノウハウを、皆様に提供し続けて参りました。常に変化を続ける社会・市場の環境、主催者様・聴講者様の関心やご要望、課題にお応えするため、常に情報収集に努め、一冊のガイドブックにまとめました。今回も、12項目のジャンルに対応すべく、総合冊子として作成致しました。弊社サイトで非公開の講演料の目安も掲載しています。無料進呈しておりますので、お気軽に問い合わせフォームよりご請求ください!

合わせて読みたい

異常気象による災害に備える~一般市民・学校・PTA向け講演プラン

毎年、初夏から秋にかけて、全国各地で台風や前線の影響による局地…

一般市民向け オンライン講演人気講師 ベスト10【2022年上半期】 

2022年度の上半期が過ぎ、官公庁や公的団体の一般市民向け講演…

障がい者の人権を考える~一般市民・学校・PTA向け講演プラン~

障がいのある人、またその家族が日々の暮らしや職場において、障が…


 他の記事をみる