自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、10月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

だまされないぞ!
-悪質商法に負けない知恵-

三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ
落語家

東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を教示している。独演会も全国にて多数開催。

学生時代を過ごした,鹿児島、 友人知人に警察関係にて働く方々が多い。  ご親友は駐在所勤務から現在は千葉県某暑生活安全科に現役勤め、数百回とお巡りさんの結婚式、忘年会に呼ばれる程深くお付き合いを続けて… (続きを読む)

学習障害から考える共生社会
~多様性を大切にする未来へ~

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校
共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

21歳で学習障害とわかってから、「障害」や「健常」について考えるようになりました。「普通」という目に見えない物差しで人をはかり、「この人は普通」「この人はそうじゃない」と判断してしまうと「同じ人間であ… (続きを読む)

働き盛りの健康管理 メタボリック対策
仕事場でもプライベートでも役立つ・やり続けた人が勝者

小久保晴代 こくぼはるよ
フリーアナウンサー
健康・防災・安全管理 アドバイザ-
スポーツ実況・イベント司会等で活躍。健康管理士、運動指導士、防災士、船舶操縦士等の資格を取得し、健康・防災・安全管理アドバイザ-として、企業・自治体等で年間100回以上の講演・運動指導を行う。また、認知症・介護予防「活脳塾」塾長、専門学校講師(健康・安全衛生)等も務める。

1、疲れを蓄積させないための血液循環法 血液の流れが悪いために起こる不快な現実 ・足のむくみ、だるさ  ・腰痛  ・肩凝り  ・不眠  ・消化不良  2、午後3時のリフレッシュ法  3、心肺機能 有酸… (続きを読む)

夢の実現~ツキの法則10ヵ条~

北原照久 きたはらてるひさ
株式会社トーイズ代表取締役
横浜ブリキのおもちゃ博物館館長
ブリキのおもちゃコレクター第一人者として世界的に知られ、サザビーズやクリスティーズのオークションカタログにも名前が載るほどの権威を持つ。テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」のレギュラー鑑定士としても活躍。現在、株式会社トーイズ代表取締役、横浜ブリキのおもちゃ博物館館長などを務める。

北原照久といえば、コレクターを生業として成功を収めた第一人者的存在です。 好きなことを一心に貫いて、そのコレクションの総数は膨大。 『King Of Collector』として、世界的にその名を知られ… (続きを読む)

~安全をつくり、社員にやる気を持たせるマネジメントとは~
どんな会社でもできる”奇跡の職場”のつくり方

矢部輝夫 やべてるお
合同会社おもてなし創造カンパニー代表
元JR東日本テクノハートTESSEIおもてなし創造部長
JR東日本「安全の語り部(経験の伝承者)」
日本国有鉄道入社以降、車両・乗客の安全管理の専門家として40年以上勤務。定年直前、清掃部門への想定外の移籍。「どんな仕事も人生も、誇りを持った瞬間から幕が開く」 を信念に、“清掃はおもてなしの心で”を浸透させる。お掃除の天使たちのおもてなし「新幹線劇場」は国内外で絶賛されている。

日本国有鉄道入社以降、車両・乗客の安全管理の専門家として40年以上勤務経験をもとに、職場での安全対策の極意をお伝えします。 □安全対策もサービスも根幹はおなじ!   ~安全対策は人と向き合うこと □“… (続きを読む)

多様性を活かす企業の取り組み
~女性、シニアが活躍する職場とは~

宮原淳二 みやはらじゅんじ
株式会社東レ経営研究所
ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長
資生堂に21年間勤務し、営業、商品開発・マーケティング、労働組合専従、人事部など様々な業務を経験。中でも人事労務全般に携わる期間が長く、人事制度企画から採用・研修まで幅広く担当。
2011年より現職。地方公共団体、労組、企業などで多くの講演実績あり。


ダイバーシティを進める上で、鍵となる女性・シニアの活用について、実際の企業の取り組み事例を取り入れながらお話します。 1.多様性を企業の強みに  ・Diversity Inclusion(多様性の受容… (続きを読む)

大爆笑 トークライブ講演 「笑門来福」
~笑いは心の栄養剤~

三遊亭歌扇 さんゆうていかせん
落語家

三遊亭圓歌に入門、東京で最後の内弟子修行者。落語家になる前は建設会社、警備会社、飲食店、他に勤務。落語に学ぶ、安全安心、交通安全、防災減災、コミュニケーション術、リスクマネージメントに定評がある。南京玉すだれ・腹話術・字遊び他、余芸も多数。

笑顔が一番、笑いは心の栄養剤、笑う門には福が来る。 笑うと病気にならない、健康になる、脳細胞が活性化されて判断力が付く、ボケない、長生きができる、医学的にも証明されております。先ずは健康が一番です! … (続きを読む)

職場のいじめ・パワーハラスメント対策
~快適な職場を保つために~

加藤美香保 かとうみかほ
弁護士
千葉商科大学大学院客員准教授
いかなる内容のセミナー・研修でも、「難しいことを簡単な言葉で」「聴講者との共感を大切に」がモットー。弁護士として、数多くの交渉・クレーム処理の経験から、具体的なクレーム解決策を伝授。また事業承継や職場のセクハラ、パワハラ、いじめ問題にも取り組み、全国各地の講演で好評を博す。

パワーハラスメントは、当事者のみならず企業にとっても重大な危険を生じさせる問題であるにも関わらず、当事者には「加害者意識」が欠如している場合がほとんどです。 セミナーにおいては、裁判等で争われた例を紹… (続きを読む)

やる気アップにつながる栄養と食事法~集中力を高めて充実した毎日を~

小針衣里加 こばりえりか
バランス料理研究家、フードバランスアドバイザー
認知症予防食生活支援指導員 
ダイエットアドバイザー
食材の栄養やバランス、組み合わせ、効能、野菜の見分け方、栄養を損なわない調理法、盛付、味覚や五感を育てる食事や認知症を予防する食事など健康や美容に関する内容をわかりやすく講義致します。建設会社様の安全大会や病院、看護協会、学校、施設、製薬会社様など多数登壇しております。

「食」という字は人をよくすると書きます。 人間の体は食べ物から出来ています。  安全に仕事をこなすためには、集中力や体力が必要です。食事に気を使いたいけど、何をどのように食べたらよいのかわからないとい… (続きを読む)

~安全第一、笑いも第一~
元気に笑って商売繁盛!

春風亭鹿の子 しゅんぷうていかのこ
落語家

春風亭柳昇師匠に入門、2010年真打昇進。雑誌「anan読者が選ぶ、好きな女流落語家」第1位。落語家として寄席などで活躍する一方、「私らしいワーク・ライフ・バランス」などをテーマに、男女共同参画に関する講演が好評。現在、子育て真っ最中の一児の母。学校寄席も好評を得ている。

笑いを取り混ぜて力を抜いて聞いて頂き、頭を空っぽにしてストレス解消。 緊張と緩和のバランスを上手く取れる簡単なエクササイズをお教えします。 発声良く話せるようになります。 「安全車」「天災」「長短」な… (続きを読む)

サービスからホスピタリティへ
~社員が輝く組織づくり~

高野 登 たかののぼる
元リッツ・カールトン支社長
人とホスピタリティ研究所 代表
1974年に渡米し著名ホテル勤務を多数経験。その後リッツ・カールトン日本支社開設に携わり、94年日本支社長に就任。2009年退社後、「人とホスピタリティ研究所」を設立。著書に『一流の想像力―仕事の感性が磨かれる56のヒント』『リッツ・カールトンで実践した働き方が変わる「心の筋トレ」』等。

ホスピタリティの心とはなにか。サービスを超える瞬間とはなにか。感動を生み出す人間力。それを育む企業の秘密はどこにあるのか。 ビジョンや哲学が、社員と組織の成長、お客様との絆づくりに、どんな意味があるの… (続きを読む)

男性学の視点から男女共に生きやすい社会を考える

田中俊之 たなかとしゆき
大正大学心理社会学部 准教授

男性学を主な研究分野とし、日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎる」と警鐘を鳴らしている。多様な生き方を可能にする社会を提言する論客としてメディアでも活躍。
著書『男が働かない、いいじゃないか!』『〈40男〉はなぜ嫌われるか』ほか共著など多数。


イクメンという言葉が社会に定着しても、なかなか男性の家事・育児参加が進みません。 現実としては、相変わらず男性の生き方は仕事中心です。 その一方で、かつてよりも女性が社会に進出するようになりました。 … (続きを読む)

天気の達人、天達と考える(見た)気候変動と地球の未来

天達武史 あまたつたけし
気象予報士

フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」の気象キャスターを務め、同番組の司会者が呼びかける「あまたつ~!」で、全国的に人気を博す。分かりやすく天気予報を伝え、異常気象や災害時などは現場取材がモットー。天候・気候を基本に各地で講演を行い、テーマは「防災」「健康」「自己啓発」など。

紛争地、被災地に生きる子どもたち
~取材から見えてきたこと~

安田菜津紀 やすだなつき
studio AFTERMODE所属
フォトジャーナリスト
16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、カンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は、陸前高田市を中心に被災地を記録し続けている。

■活動の原点となったカンボジア。内戦とそこに住む人々。 ■フォトジャーナリストとしての転機となった東日本大震災、岩手県陸前高田市を中心に。 ■シリア・イラク、難民として生きる子どもたちについて。 ■そ… (続きを読む)

流行語からみる異常気象とその原因

依田 司 よだつかさ
お天気キャスター
気象予報士
テレビ朝日で活躍中のお天気キャスター。最新のオリコン「好きなお天気キャスター」では3位を獲得している。報道ステーションにて、5年間に渡り防災気象解説を担当し、異常気象に詳しい。また、環境省よりIPCC伝道者に任命されており、地球温暖化問題に造詣が深い。

近年、気象に関するワードが流行語に選ばれることが多くなっています。異常気象が多発し、ニュースで取り上げられることも多く、何か気象が、地球がおかしなことになっているぞ、と皆さんが思っている証です。異常気… (続きを読む)

あなたが主役でまちが輝く
~地域の底力のヒミツ~

堀尾正明 ほりおまさあき
フリーキャスター

NHKアナウンサーとして「難問解決!ご近所の底力」や福祉番組、スポーツ関連番組等、幅広い分野の番組で活躍。2008年退職。現在は、テレビ出演の他、地域活性・福祉のあり方・スポーツを通しての人生観など幅広いテーマで全国各地にて講演。また、シンポジウム、イベント司会など精力的に行っている。

このまま少子高齢化が進むと、私たちの生活はどうなるか? 過疎化と少子高齢化が進むとどんな暮らしになっていくのか? 自分たちで明るい未来をつくるための方法について話します。 ・テレビの影響力について ・… (続きを読む)

家庭で、職場で、災害から命を守るコツ

尾下義男 おしたよしお
危機管理アドバイザー
精神対話士・防災士
消防庁での27年間の勤務の中で阪神淡路大震災を経験。その間、大学院で危機管理学を研究し、精神対話士として心に傷を負った方のボランティア活動に励む。これまでの経験を通して、災害の恐ろしさや、災害が引き起こす心のストレスなど、一人一人の防災に対する意識改革の重要性を説く。

災害の恐ろしさは、時間が経つと忘れてしまうものです。また、「一度経験したら、二度とおこらないだろう」という自分勝手な思い込みをしているしている人が多くいます。特に、利潤追求がモットーである企業は、無駄… (続きを読む)

魅力ある自治会・町内会、加入促進と活動の活性化
加入率低下、担い手不足、マンネリ打破!

水津陽子 すいづようこ
合同会社フォーティR&C 代表
経営コンサルタント
地域資源を発掘・活用した地域ブランドづくりや新たな観光まちづくり、自治会・町内会活性化など、地域活性化・まちづくりをテーマに活動するコンサルタント。他にない豊富な事例を有し、これまでの講演数は1000本超。地方創生法に関連し衆議院経済産業委員会に参考人出席した。

自治会・町内会が抱える課題に対し、先進的な事例を用い、活性化のアイデアヒントを提供しています。  ・加入率アップへ マンションなどの集合住宅や新たな住民へのアプローチ法 ・担い手づくり 役員のなり手が… (続きを読む)

孤立と虐待のない街づくり~無縁化する子どもを支えるためにできること

石川結貴 いしかわゆうき
ジャーナリスト

一貫して家族問題を取材し、現場にこだわり自分の目と足を使って多くの実例と向き合ってきた。複雑化する家族の現状、子どもに起きている異変、学校と保護者の関係づくりなど、机上論ではなく具体論を提示する。2人の男の子を育てた自身の経験からも、現実的な視点を大切にしている。

家族の孤立化、地域の希薄化、経済格差などにより、人とのつながりを失う子どもが増えています。 周囲の関心や助けがなく、児童虐待などの問題を抱える子どもも少なくありません。 虐待や無縁化がもたらす影響は大… (続きを読む)

母に歌う子守唄
~わたしの介護日誌~

落合恵子 おちあいけいこ
作家
クレヨンハウス主宰
「書く」だけでなく「行動する」社会派作家として名高い。子ども・高齢者・女性等、社会構造的に声の小さい側に寄り添った作品多数。講演テーマは、人権を主軸に男女共同参画、育児、教育、介護、食の安全など多岐。また、子どもの本専門店クレヨンハウス、女性の本専門店ミズ・クレヨンハウス主宰。

ここ数年、母親の介護をしてきた実体験や、長い間、女性が福祉を担ってきたことなど様々なエピソードを語られます。聴講者の方もご自身の介護経験と重ね合わし、涙ぐまれる方もおられるほどの説得力あるお話です。 … (続きを読む)

どげんかせんといかん!この日本!

東国原英夫 ひがしこくばるひでお
元宮崎県知事/前衆議院議員

宮崎県知事就任後は、独自の感性と行動力で宮崎県勢の発展に尽力し、常に地方の代表として全国に情報を発信し続け、数々の賞を受賞、改革派の知事として高い評価を得た。その後、宮崎県知事を1期にて退任し、国政に進出。2013年12月に衆議院議員を辞職。現在はメディアや政治行政の場で活躍。

宮崎県知事選挙に立候補後、無所属での選挙、就任直前の鳥インフルエンザ問題、オール野党の議会、2010年の口蹄疫問題等、様々なピンチを乗り越えた東国原知事。 様々な経験で得た生き方・考え方を軸に企業を引… (続きを読む)

平和の大切さを、いま
~ 世相巷談と禁演落語~

立川談之助 たてかわだんのすけ
落語家

師匠立川談志ゆずりの古典落語はもちろん、世相を鋭く切る世相巷談は落語界でも右にでるものはいません。またパフォーマンス芸「懐かしのスーパーヒーロー」はお年寄りからお子さんまで喜んでいただけること間違いなしです。

前の戦争でパーマネントや英語が禁止されたという話はよく聞きますが、「落語が禁止された」言うと驚かれる方がいると思います。実際に「時局に合わない落語」ということでいわゆる「廓噺」や「酔っ払い」「泥棒」の… (続きを読む)

過去の災害から学ぶ初動の対処

高野甲子雄 たかのきねお
公益財団法人 原子力安全研究協会
放射線災害医療研究所 副所長
元東京消防庁 小金井消防署長。1982年「ホテルニュージャパン火災」では人命救助(永田町特別救助隊長)に専念。この功労で、消防総監賞、東京都知事賞他を受賞。NHKのプロジェクトX「炎上 男たちは飛び込んだ」で上映され大きな反響を呼ぶ。現在は、ボランティア活動、防災教育など精力的に活動中。

事故発生時の初動の大切さ チームの大切さとポイント 元東京消防庁 小金井消防署長。1982年に千代田区永田町で発生した「ホテルニュージャパン火災」では、いち早く現場に到着、人命救助に専念し、66名の宿… (続きを読む)

突然の別れと悲しみからの再生 
~犯罪被害の現場から~

入江 杏 いりえあん
絵本作家

東京都世田谷区の会社員一家4人が殺害された事件(2000年)の遺族として、被害に遭った家族への思いを込めて絵本『ずっとつながってるよ』を出版。「悲しみは決して癒えることはないが、少しでも前向きに生きることの大切さと、命の尊さを伝えたい」と、絵本を携えて各地で講演を行う。

2000年12月31日未明、東京都世田谷区の静かな住宅地で妹家族4人が殺害されました。その事件は、動機も容疑者像もはっきりしないまま、いまだ解決されていません。  未解決事件の被害者家族として何よりも… (続きを読む)

《地域イキイキ化》戦略

西川りゅうじん にしかわりゅうじん
マーケティングコンサルタント

モリゾーとキッコロ・せんとくん・焼酎ブーム・ヒルズの仕掛人。一橋大学経済学部・法学部卒業。在学中に起業して以来、マーケティング戦略のエキスパートとして長きにわたって産業と地域の元気化に手腕を発揮。現在、厚生労働省「健康寿命をのばそう!Smart Life Project」スーパーバイザーを務める。

2025年を見据えたこれからの地方自治

大森 彌 おおもりわたる
東京大学名誉教授

自治体行政学の形成を目指し、専門家の立場から鋭いメスを入れる。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。法学博士。専門は行政学・地方自治論。東京大学教授、東京大学教養学部長、千葉大学教授、放送大学大学院客員教授を歴任。地域づくりについて講演・指導等を行い、著書も多数。

2008年をピークに日本の総人口は減少し始めた。生産年齢人口が減る中で、団塊の世代が後期高齢者になる2025年を控え、増大する医療や介護サービスの需要にいかに応えていくかは、特に大都市部では深刻な課題… (続きを読む)

らんま先生“環境エコ・パフォーマンスショー”
~パフォーマンスで環境へのメッセージを伝える~

らんま先生 らんませんせい
eco実験パフォーマー

教師歴10年を経て、プロの「eco実験パフォーマー」に転身。2009年に日本初の環境省から環境パフォーマーの認定、18年3月ecoなエネルギーを利用した空気砲の実験で環境講師としては世界初、科学実験講師としては日本人で初めて世界一の認定を受ける。

子どもからおとなまで、学校の理科室にタイムスリップしたような、どこか懐かしく、ユーモアを交えた温かい雰囲気のパフォーマンスショー。  教師をしていた頃から、「地球環境を守るために、環境保護の重要性をも… (続きを読む)

子どもたちのSOSに気づいてあげて
~子どもたちからのメッセージを受けとれる大人に~

園田俊司 そのだしゅんじ
心理カウンセラー

現代社会が引き起こすさまざまな問題において、解決の糸口へと導く心理カウンセラー。引きこもり、不登校、出社拒否、進路相談、育児・介護の悩み、いじめ、うつ病、摂食障がい、不眠症、夫婦問題、DV、心身症・神経症等々、環境や立場に応じたカウンセリングを行い、講演活動にも力を注ぐ。

カウンセラー(講師)が実情で行っている、そのままの数多くの現場での対応方法や改善例をお聞きいただき、実践も織り込みながら、机上だけではなく肌で感じていただくことにより、問題解決の糸口を具体的に見つけて… (続きを読む)

 

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる