自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、1月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

<こころ編>~こころを軽くするには~
「人生が面白くなる心理学」
「楽しくいきいき働き続けるためのメンタルヘルス」
「“つい凹んでしまう”から抜け出す方法」

植木理恵 うえきりえ
心理学者/臨床心理士

東京大学大学院教育心理学コース修了。日本教育心理学会「城戸奨励賞」「優秀論文賞」を史上最年少で受賞。臨床心理士として都内病院の心療内科に勤務する傍ら、メンタルヘルス、コミュニケーション、モチベーションアップなど、専門的立場からの講演が人気。フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などに出演。
【ここがオススメ!】 

人の気質は多種多様なので、ストレスのたまり方や、解消の仕方も、人それぞれです。 一般的なストレス解消法が当てはまらない方も当然いますし、むやみなポジティブ 思考が、逆にストレスの原因になることもありま… (続きを読む)

With コロナの時代、SNSでの人権侵害

スマイリーキクチ すまいりーきくち
お笑い芸人

コンビとして活動した後、ピン芸人へ転向。ニコニコしながら毒をはいて笑いをとる、毒舌漫談のスタイルが特徴。テレビ・ドラマ・連載など幅広く活躍。また、自身のネット中傷被害の経験を生かし、講演活動も行っている。2011年に著書『突然、僕は殺人犯にされた 』~ネット中傷被害を受けた10年間~を出版。

生徒、教職員、保護者、及び広く一般の方々 (続きを読む)

自分という人生の長距離ランナー

増田明美 ますだあけみ
スポーツジャーナリスト
大阪芸術大学 教授
高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立、1984年ロス五輪出場など好成績を残す。現在はスポーツジャーナリストとして、執筆活動、マラソン中継の解説に携わる他、講演、イベント、テレビ・ラジオ出演、ナレーションなど多方面で活躍。全国高等学校体育連盟理事など公職も多数務めている。

高校時代に長距離走のトップランナーとなり、ロス五輪に参加するが、途中棄権。 懸命に再起に挑みながらも引退。 引退後、数々の取材経験から感じる強い選手の共通点とその秘訣、指導者の立場から見えてきたことな… (続きを読む)

全盲の僕が弁護士になった理由(わけ)

大胡田 誠 おおごだまこと
弁護士

12歳で視力を失うも弁護士を志し、8年の苦学を経て司法試験に合格。町弁(町医者的弁護士)として、様々な問題を抱える依頼者を支えている。2012年に出版された著書『全盲の僕が弁護士になった理由』(日経BP社)がメディアで取り上げられ、2014年 本作を原案にドラマ化。プライベートでは2児の父親。

「人は人によって傷つけられることもあるけれど、人によって癒されもする。僕は人が人によって癒される力、人が人を癒す力を信じています。 弁護士に相談に来られる人は、人によって傷つけられている人が多い。その… (続きを読む)

命の輝き
~車いすから見える世界ってけっこう素敵~

又野亜希子 またのあきこ
『ママの足は車イス』著者
元 幼稚園教諭
保育士
交通事故によって頸髄を損傷。退院後、第1子を妊娠出産。子育ての様子が、TBS、テレビ東京、テレビ埼玉でドキュメンタリーが放送される。講演は、障がいを負って生きる中で感じている、命や愛の輝きが伝わる内容として好評。『ママの足は車イス』『ちいさなおばけちゃんとくるまいすのななちゃん』の著者。

生きていると誰もが、苦難に直面します。交通事故に遭遇し、障害を負ってしまった私は立ちはだかる苦難から逃げたい、死んでしまいたいと何度も思いました。 笑顔が戻った今、思います。苦難にどう向き合い、どう乗… (続きを読む)

どうなる 今後の日本の経済

森永卓郎 もりながたくろう
獨協大学教授、経済アナリスト

日本経済研究センター、経済企画庁総合計画局、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)を経て、現在、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。日本経済の行方、世界の動向など、難しい経済を斬るその語り口は解りやすく明快。TBS「がっちりマンデー!!」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」などに出演。

看護師という生き方―看護師は生きてきたように看護する

宮子あずさ みやこあずさ
看護師
著述業
看護師の立場から看護の現状を本音で語る。東京厚生年金病院に22年勤務。経験は内科、精神科、緩和ケアの3病棟。看護師長歴7年。看護師として働きつつ、看護雑誌を中心に文筆活動、講演を行う。
研究も含め、テーマは「看護師が仕事の意味を味わいながら、息長く働ける状況づくり」である。


防災エンスショー(防災+サイエンス)
東日本大震災の被災経験から

阿部清人 あべきよと
サイエンスインストラクター、防災士
防災キャスター、「fmいずみ」アナウンサー
楽しい科学実験を紹介する「おもしろサイエンスショー」が好評。「防災エンスショー」(防災+サイエンスショー)は、防災士としての専門的立場から、東日本大震災の経験と教訓を基に行い注目を集めている。科学、防災、環境、エネルギーの大切さについて、あっと驚く楽しい実験とわかりやすい言葉で伝える。

災害時に細かな生活情報を発信する役割を担っているコミュニティ放送局で、震災前からラジオ番組で防災コーナーを担当して、いざというときに備える情報を放送してきました。 一方で、家庭にある身近なものを使って… (続きを読む)

私の仕事から

林 真理子 はやしまりこ
作家

日本大学芸術学部文芸学科卒業。コピーライターを経て、幅広い年齢層から支持を受ける人気女流作家として活躍。著書『最終便に間に合えば』『京都まで』にて第94回直木賞を受賞。2011年 フランス政府よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ受賞。2018年 紫綬褒を受章。