でオンライン化が進んだ2021年。弊社で開催された自治体・公共的団体・学校(PTAも含む)主催の講演においても、全体で実に7割がオンライン講演となり、この傾向はコロナ禍が収束した後も続いていくことが予想されます。
2021年1~12月までの講演依頼実績をもとに、主な11テーマからそれぞれ3名ずつご紹介します。講師選びにご活用ください!

※ =オンライン対応可能

※掲載許可をいただいている講師のみでランキングしております。

システムブレーンでは啓発講演会をご計画の皆様に、無料で資料のお渡しをしています。
資料のご請求はこちら

◆◇講演テーマ一覧

【人権啓発】  【男女共同参画】  【教育・子育て】  【福祉・介護】  【防災・防犯・交通安全】  【地域活性】  【消費生活】  【環境問題】  【文化・教養・生涯学習】  【時局・経済】  【行政職員研修】

人権啓発

1948年12月10日に世界人権宣言が採択され、日本では1949年に法務省と全国人権擁護委員連合会により12月10日を最終日とする1週間を人権週間とすることが定められました。
毎年、全国各地で計画・開催される人権啓発講演会へ向け、おすすめ講師や講演テーマをご紹介します。

1位 スマイリーキクチ    
タレント
タレントとして活躍する傍ら、2011年に発刊した著書『突然、僕は殺人犯にされた』~ネット中傷被害を受けた10年間~が話題となり、ネットの誹謗・中傷の経験をもとに、ネット犯罪の恐怖やSNSの危険性、トラブル対処法などを全国で講演を行っている。
人気講演プラン: インターネットと人とのかかわり合い~突然、僕は殺人犯にされた~
2位 南雲明彦 なぐもあきひこ   
明蓬館(めいほうかん)高等学校、共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。
人気講演プラン: 子どもたちのSOSを見逃さない~学習障害から考える未来~
3位 奥山佳恵 おくやまよしえ
女優/タレント
1992年女優としてデビュー。以後、ドラマ、バラエティー番組、CMなどを中心に幅広く活動。2001年結婚。2011年 長男に続き次男を出産。
2015年、ダウン症を持つ次男の「育児日記」を初公開したドキュメンタリーエッセイ 『生きてるだけで100点満点!』を発刊。

人気講演プラン: 生きてるだけで100点満点!

「人権啓発」の講演会~弊社実績例はこちら

男女共同参画

女性も男性も、互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなくその個性と能力を発揮することができる男女共同参画社会の実現は、21世紀の我が国の社会のあり方を決定する最重要課題の一つです。

男女共同参画講演会でおすすめの人気講師をご紹介いたします。

1位 田中俊之 たなかとしゆき
大正大学心理社会学部 准教授
男性学を主な研究分野とし、日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎると警鐘を鳴らしている。多様な生き方を可能にする社会を提言する論客として、メディアでも活躍。
著書『男が働かない、いいじゃないか!』『〈40男〉はなぜ嫌われるか』ほか、共著など多数。

人気講演プラン: 男性学の視点から男女共に生きやすい社会を考える
2位 稲垣えみ子 いながきえみこ
元 朝日新聞記者
一橋大学卒業後、朝日新聞社に入社。大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て、論説委員、編集委員を務める。東日本大震災を機に始めた超節電生活を綴ったコラムが話題となり、「報道ステーション」「情熱大陸」等にも出演。50歳で朝日新聞社を退社し、“楽しく閉じていく人生”を模索中
人気講演プラン: ある幸せ、ない幸せ~自分で決める暮らし方~
3位 山田 亮 やまだりょう
家事ジャーナリスト、スーパー主夫、社会福祉士
妻は外で働き、夫は主に家事・育児を担当するという独自のライフスタイルを実践し、“スーパー主夫”の先駆者として、注目を集める。自身のHPで家事・育児記録を通してメッセージを発信。全国の自治体や企業などで男女共同参画、ワークライフバランス、子育て支援、人権啓発についての講演を行っている。
人気講演プラン: 楽家事でワーク・ライフ・バランス!~ワーク家事をライフ家事にする方法~

「男女共同参画」の講演会~弊社実績例はこちら

教育・子育て

少子高齢化、携帯電話・スマートフォンの普及による情報伝達の変化など、めまぐるしいスピードで環境が変化しています。日本の次世代を担う子どもたちが、何を、どう学んでいくのか。大人は、そんな子どもたちにどのような学びの環境を整えればいいのか。また、大人はどのように学習し、世の中を捉えていくべきなのか。多くの情報の中から真実を見つける力が重要です。
様々な課題に対し、一般・保護者・教職員・生徒等を対象に、実績が豊富で評価の高い講演・研修のご紹介いたします。

1位 木村泰子 きむらやすこ
大阪市立大空小学校 初代校長
「すべての子どもの学習権を保障する」という理念のもと、教職員や地域の人たちの協力で設立された大阪市立大空小学校の初代校長。2015年春 45年間の教職歴をもって退職。現在は、映画「みんなの学校」の上映会と共に、全国各地で講演活動を行う。著書『「みんなの学校」が教えてくれたこと』を刊行。
人気講演プラン: 「みんなの学校」が教えてくれたこと
2位 妹尾昌俊 せのおまさとし
教育研究家 合同会社ライフ&ワーク 代表 NPO法人まちと学校のみらい 理事
野村総合研究所にて10年以上、学校や行政のマネジメント改革、戦略づくり等に従事。2016年からフリーとなり、講演・研修などを幅広く手がける。学校マネジメントを解説した本『変わる学校、変わらない学校』の著者。学校や行政の内情をよく知り、かつ外部の視点からの助言・研修等が好評を得ている。
人気講演プラン: コロナ危機下の学校を見つめなおす~子どものケア、先生の働き方、教育のあり方~
3位 岩崎順子 いわさきじゅんこ
いのちの講演家 (公財)和歌山県人権啓発センター登録講師
いのちの講演や体験談が心の深いところに届くと感動を呼び、人から人へ日本全国での講演は1000回を超える。人権、子ども、親子、高齢者、心、生と死、生きる力、認知症、グリーフケア、災害、戦争をわかりやすい言葉で明るく和やかに講演。参加者の方々とのご縁を大事に響き合える時間を作る。
人気講演プラン: コロナ禍の中、人権とはどこか遠くの話ではなく、あなたの身近に、心の中に

「子育て・教育」の講演会~弊社実績例はこちら

健康

「健康第一」とは、昔からよく言われた言葉です。もし健康を損ない体調を崩してしまうと、仕事から遊びまで日常生活の様々な面でマイナスが生じてしまいます。文明が進歩し世の中が便利になっても、「健康」に留意することは現代人に求められる最も基本的なことなのかも知れません。子どもから大人まで、健康維持や健康増進につながるおすすめの講演テーマや講師をご紹介いたします。

1位 池田ノリアキ いけだのりあき
ウォーキングトレーナー 健康運動実践指導者 日本転倒予防学会認定 転倒予防指導士
スポーツメーカー アシックスで長年培ったシューズやウォーキングの専門知識を基に、ウォーキング実践からシューズ選びまで、オールラウンドに対応する講義スタイルが高い評価を得ている。日本トップレベルのウォーキング指導員、アシックスウォーキングの広告塔として活動するなど豊富な実績を持つ。
人気講演プラン: 心も体も元気に!ためになる楽しい健康ウォーキング講座
2位 久田直子 ひさだなおこ
元 NHK「きょうの健康」キャスター NHKEテレ「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHKの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間務める。話を聞いた医師、医療、介護関係者は700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマで講演を行っている。
人気講演プラン: 元NHK「きょうの健康」キャスターが伝授!
~病気の予防につながる食事と運動とは?~
3位 望月美由紀 もちづきみゆき
つくり笑顔アドバイザー うつ病家族支援アドバイザー
笑いの天使クラウン(道化師)として20年近く活動中。うつ病をきっかけに免疫学を学び、笑いの重要性を再認識。また、夫の入院・死をきっかけに、患者と看病する家族の心のケアの大切さを痛感。「全ての人を笑顔に!」のポリシーでクラウンの活動を行い、道化師術を応用したコミュニケーションなどを伝授。
人気講演プラン: ピエロのもっちぃ流 メンタルヘルス講座 笑顔で楽生活(ハッピーライフ)のススメ

「健康」の講演会~弊社実績例はこちら

医療・福祉・介護

「2025年問題」が示すように、日本では3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えようとしています。高齢者中心の人口構造へ変化する中で、高齢者世帯の増加、認知症を患う高齢者の増加、死亡者数の急激な増加などの問題が生じており、福祉や介護、医療の現場では対策の検討と準備が進められています。「地域ではどのような取り組みをすれば良いのか?」様々な疑問や課題に対し、おすすめの講演テーマや講師をご紹介いたします。

1位 成田真由美 なりたまゆみ
パラリンピック水泳選手
横断性脊髄炎を発症し13歳で下半身不随となる。1996年アトランタ大会から東京2020まで通算6回出場。パラリンピックで15個の金メダルを獲得。圧倒的な強さから「水の女王」と呼ばれる。講演を通し、障害者や障害者スポーツの周知に尽力するなど、多方面で活躍。
人気講演プラン: 自分の可能性を求めて
2位 宮子あずさ みやこあずさ
看護師 著述業
看護師の立場から看護の現状を本音で語る。東京厚生年金病院に22年勤務。経験は内科、精神科、緩和ケアの3病棟。看護師長歴7年。看護師として働きつつ、看護雑誌を中心に文筆活動、講演を行う。研究も含め、テーマは「看護師が仕事の意味を味わいながら、息長く働ける状況づくり」である。
人気講演プラン: 元気が出る看護論
3位 中澤まゆみ なかざわまゆみ
ノンフィクション・ライター
介護をきっかけに、医療と介護、福祉分野へ。徹底的な現場の取材と情報収集、自らの後見人体験を基に、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく伝えたい」がモットー。講演では「老後の不安を安心に変える知恵と工夫」と「在宅医療」の可能性について、分かりやすく伝える。
人気講演プラン: おひとりさまの老後に備える知恵と工夫

「医療・介護・福祉」の講演会~弊社実績例はこちら

防災・防犯・交通安全

突然の自然災害、事件、事故から大切な命を守るため、普段から危機管理の意識を持ち対策を行うことが大切です。
「備えあれば憂いなし」。安心・安全な生活を送るために知っておきたいこと、知っておかなければいけないこと等、専門的な立場で分かりやすく講演をされる講師や講演テーマをご紹介いたします。

1位 野村功次郎 のむらこうじろう
防災家、危機管理アドバイザー
世界一受けたい授業防災スペシャリストの先生
日本テレビ「世界一受けたい授業」の防災スペシャリストの先生で有名な講師。元消防士の経験で得た、技術、知識、危機管理のノウハウを独自のスタイルで、個人様、企業様に幅広く分かりやすくアドバイスが可能。また、スポーツイベント、行事等の救護や安全管理の依頼もこなし活動中である。
人気講演プラン: 元消防士が語る大切な従業員、お客様を守るための防災と救命対策~火災・地震・台風・豪雨~
2位 片平 敦 かたひらあつし
気象予報士 防災士
子どもの頃から天気の魅力にはまり、19歳で気象予報士の資格を取得。関西テレビ「報道ランナー」をはじめ、テレビ・執筆など幅広く活躍。環境問題や防災について、専門的立場から分かりやすく解説し、開催地域の情報や参加者に応じてクイズ形式を取り入れるなど、楽しくためになる情報満載の講演。
人気講演プラン: 天気予報の見方・聞き方~大切な「いのち」を守るために~
3位 山村武彦 やまむらたけひこ
防災システム研究所 所長、防災・危機管理アドバイザー
東京都出身。1964年、新潟地震でのボランティア活動を契機に、防災・危機管理のシンクタンク「防災システム研究所」を設立。以来50年以上にわたり、世界中で発生する災害の現地調査を実施。報道番組での解説や講演、執筆活動などを通じ、防災意識の啓発に取り組む。多くの企業や自治体の防災アドバイザーを歴任。
人気講演プラン: 実践的 防災・危機管理講座

「防災・防犯・交通安全」の講演会~弊社実績例はこちら

地域活性

活力ある地域づくり、まちづくりを目指すことは、地方自治体の至上命題です。

「各地域の特性を活かしたまちづくりのヒント」「官民協働でまちづくり、地域活性に取り組むヒント」など、実践者、専門家ならではの講演テーマや人気講師をご紹介いたします。

1位 若宮正子 わかみやまさこ
メロウ倶楽部 副会長
特定非営利活動法人ブロードバンドスクール協会 理事 一般社団法人熱中学園(熱中小学校)教諭

定年後、パソコンを独習。81歳でアプリ「hinadan」を開発し米・アップルの開発者会議に招かれる。2018年NY国連社会開発委員会で基調講演を行う。ブロードバンドスクール協会理事として、シニア世代へのデジタル機器普及活動にも尽力中。岸田首相主催・デジタル田園都市国家構想実現会議構成員。著書多数。
人気講演プラン: 実り多い豊かな人生 私は創造的でありたい。~人生100年時代を生きるということについて~
2位 水津陽子 すいづようこ
合同会社フォーティR&C 代表 経営コンサルタント 地域活性化・まちづくりコンサルタント
自治会・町内会の活性化などの共助コミュニティの再生や、持続可能なまちづくりをテーマに活躍するコンサルタント。他にない豊富な事例を有し、これまでの講演数は1000本超。それぞれの地域で抱えている現状と取り組むべき課題、解決法など、具体的な事例を交えた分かりやすい講演が好評を博している。
人気講演プラン: 令和・アフターコロナの自治会・町内会運営と共助コミュニティ活性化
3位 笑福亭笑助 しょうふくていしょうすけ
落語家
20歳で笑福亭笑瓶に入門。 上京後、2014年4月~2018年9月まで吉本興業の「あなたの街に住みます芸人プロジェクト」で山形県に移住し、“東北住みます落語家” として活動。現在は大阪に戻り、寄席を中心に活動。防犯、人権、ヒューマンエラー、コミュニケーションなど、プロならではの話術で伝えている。
人気講演プラン: いっぱい笑って心は元気!身体は健康!

「地域活性」の講演会~弊社実績例はこちら

消費生活

情報化社会の進展とともに新たな商品やサービスの開発が進み、私たち消費者の暮らしは日々便利になってきています。しかし一方で、消費者を狙った従来の悪徳商法や詐欺の手口も進化・巧妙化し、被害に遭う消費者も後を絶ちません。トラブルを未然に防ぐためにも、私たち一人ひとりが、自らが考え行動出来る「賢い消費者」にならなければいけません。消費生活に関する人気講師をご紹介します。

1位 荻原博子 おぎわらひろこ
経済ジャーナリスト
日刊ゲンダイ、大阪新聞、月刊セールス(ダイヤモンド社)などでビジネス記事を担当。その後独立し、フリーの経済ジャーナリストとして活動。雑誌「hanako」創刊時より女性のためのマネー・ビジネス記事の連載を開始、経済やお金の仕組みをわかりやすく解説。新聞・雑誌等の連載、テレビ出演など多数。
人気講演プラン: 明日につながるマネー講座~お金と生活と未来の話~
2位 収納王子コジマジック しゅうのうおうじこじまじっく
一般社団法人日本収納検定協会 代表理事
一般社団法人日本片づけ整理収納協議会 代表理事
ケイスタイル株式会社 代表取締役、松竹芸能 タレント

整理収納エッセイからテキスト教材まで累計販売部数は40万部を超え、整理収納に“笑い”を取り入れたセミナーが話題となる。年間200本以上の収納セミナーを各地で行い、勉強や仕事の効率アップ収納術などをアドバイス。また、収納グッズの開発やマンションの収納監修など活動の場も幅広い。
人気講演プラン: 【オンライン版】~家族みんなで~笑って学べる収納セミナー
3位 赤星たみこ あかぼしたみこ
漫画家
1979年マンガ家デビュー。少女マンガ、エッセイなど、幅広い層から支持され、環境にやさしいエコ家事についても造詣が深い。また、夫が家事を一手に担うという独自のスタイルを実践し、著書『ダメ犬ちゃん夫のしつけ 37のルール』(すばる舎/2005)を出版。夫を家事や育児に引き込むためのノウハウを伝授。
人気講演プラン: 幸せ夫婦リメイク講座~ 不幸予防はじめませんか? ~

「消費生活」の講演会~弊社実績例はこちら

環境問題

地球に優しい暮らしをすることが、地球で生かされている我々人間が取り組まないといけないことです。
そのためには毎日の生活の中で、自分たちの暮らしを見つめ、一人ひとりが考え行動することが重要です。環境への意識、関心を高めることができると人気なおすすめの講師や、講演テーマをご紹介いたします。

1位 マシンガンズ滝沢秀一 ましんがんずたきざわしゅういち
お笑い芸人
お笑いコンビ「マシンガンズ」として活動の傍ら、定収入を得るためにゴミ収集会社に就職。ゴミ清掃員としての日常から見えてくる格差社会やゴミ問題、ゴミ清掃業界の優れた人材など、清掃員の日常を綴ったツイートが人気を集める。講演では、お笑い芸人がゴミ清掃を始めてたどりついた“ゴミ学”を語り尽くす。/span>
人気講演プラン: マシンガンズ滝沢と考えるゴミ問題~清掃員から見た景色~
2位 天達武史 あまたつたけし
気象予報士
フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」の気象キャスターを務め、同番組の司会者が呼びかける「あまたつ~!」で、全国的に人気を博す。分かりやすく天気予報を伝え、異常気象や災害時などは現場取材がモットー。天候・気候を基本に各地で講演を行い、テーマは「防災」「健康」「自己啓発」など。
人気講演プラン: 天気予報は健康予報~心も体も健やかに~
3位 室山哲也 むろやまてつや
日本科学技術ジャーナリスト会議会長 元 NHK解説主幹 大正大学客員教授
NHK「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」のチーフプロデューサー、解説主幹などを歴任。また、子ども向け科学番組の塾長として科学教育にも取り組み、科学や技術と社会との繋がりについてわかりやすく解説。その他のテーマに「自閉症児の子育てから学んだこと」「新型コロナとSDGs」など。
人気講演プラン: DXで創るポストコロナ社会

「環境問題」の講演会~弊社実績例はこちら

文化・教養・生涯学習

日本社会の成熟化に伴い、社会的な問題や課題が多様化・複雑化する一方、人々の関心は従来の「物の豊かさ」から、「心の豊かさ」「生きがい」を重視する方向へと変化しました。
市民一人ひとりが心豊かで充実した人生を送るため、様々なジャンルや切り口で人気のおすすめ講師や講演テーマをご紹介いたします。

1位 林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家
初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年真打に昇進、二代目・林家木久蔵を襲名。古典落語を中心に演じ、講演会では「木久蔵流、コミュニケーション術」「木久蔵流・笑うが一番」などの演題で行っている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。
人気講演プラン: 木久蔵流 笑顔でつなぐ コミュニケーション
2位 さくらいりょうこ 
人生を奏でる講演家 パワーオカリナ奏者 一般財団法人クラスジャパン教育機構評議員
心の底から湧きあがる勇気と希望を伝える講演会は日本全都道府県にて1500回以上開催され、35万人以上に感動をもたらした。壮絶ともいえる難病クローン病との闘病、その波乱万丈な人生は夢に生きることを決意させる。生きるパワー漲る真のストーリーを持つパーフェクト・モティベーター。
人気講演プラン: 未来をくれためぐり逢い~あなたに会えて本当によかった~
3位 野村忠宏 のむらただひろ
柔道家 東京2020聖火リレー公式アンバサダー
柔道男子60kg級でアトランタ、シドニー、アテネで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成。2013年に弘前大学大学院で医学博士号を取得。2015年に40歳で現役引退後は国内外で柔道の普及活動を行い、スポーツキャスターやコメンテーターとしても活動する。
人気講演プラン: 折れない心

「文化・教養・生涯学習」の講演会~弊社実績例はこちら

時局・経済

日々変動する日本の政治・経済と国際情勢。
国内外に山積する問題・課題を時流とともに読み解き、今後の進むべき方向を正しく見据えることが求められます。
今後の政局、そして景気展望を鋭い視点で分かりやすく解説してくれる好評の人気講師、講演テーマをご紹介いたします。

1位 渋谷和宏 しぶやかずひろ
経済ジャーナリスト・作家・大正大学客員教授
「日経ビジネスアソシエ」創刊編集長を6年務め、経済・経営誌「日経ビジネス」の発行人などを経て2014年、日経BP社を退社し、独立。経済・経営やスキル、キャリアアップ、メディア論についての執筆活動を行う一方、テレビ、ラジオでコメンテーターを務める。作家として情報ミステリーも執筆
人気講演プラン: 激変する日本経済 輝く地域・輝く人の条件
2位 安田菜津紀 やすだなつき
フォトジャーナリスト
NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル/D4P)所属フォトジャーナリスト。同団体の副代表。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。
人気講演プラン: 紛争地、被災地に生きる子どもたち~取材から見えてきたこと~
3位 森永卓郎 もりながたくろう
獨協大学教授、経済アナリスト
日本経済研究センター、経済企画庁総合計画局、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)を経て、現在、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。日本経済の行方、世界の動向など、難しい経済を斬るその語り口は解りやすく明快。TBS「がっちりマンデー!!」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」などに出演。
人気講演プラン: 資本主義の終わりとガンディーの経済学

時局・経済」の講演会~弊社実績例はこちら

行政職員研修

自治体を取り巻く環境が劇的に変化しつつある中、この変化に対応し、より良い方向への変化が求められています。

コミュニケーションやリーダシップ、モチベーション、OJT・コーチング、CS・接遇/クレーム対応など、各分野からの人気専門講師と講演プランをご紹介します。

1位 山岸弘子 やまぎしひろこ
敬語コミュニケーション講師
言葉の教育に長年携わってきた経験を生かし、言葉には、自分を変え、環境を変える力があることを伝える。言葉を大切にすることで未来を切り拓くお手伝いをする。
人気講演プラン: ~おもてなしの心を言葉にのせて~接客に生かす敬語とコミュニケーション術
2位 川谷潤太 かわたにじゅんた
脳力アップトレーナー 株式会社脳レボ 代表取締役
「潜在“脳”力」開発の専門家。ビジネス・スポーツ・受験・子育て・健康において、その人の持っている根本的問題を解決することによって、最大限に能力を伸ばすことができる知恵とコツを発信している。一人ひとりの夢実現のために、より多くの人たちに、夢と希望を与えることを願い活動中。
人気講演プラン: 「潜在脳力」を高めれば 職場が変わる~組合員のためのストレスマネジメント&モチベーションアップ術~
3位 晴香葉子 はるかようこ
作家、心理学者、心理コンサルタント 早稲田大学オープンカレッジ講師
企業での就労経験を経て心理学の道へ。研究の傍ら、執筆、講演、監修などの活動を続け、心理学、コミュニケーション学、メンタルヘルスに関する確かな知識と上品かつユーモアのある語り口に高い評価が集まっている。早稲田大学オープンカレッジで「心理学」「行動経済学」「メンタルヘルス」の講師を担当。
人気講演プラン: もしも!の時に差がでる、防災行動心理学 職場の生産性もアップ!生き抜く力とコミュニケーション


システムブレーンは創業以来40年以上、講演会事業についてこれまでに培った豊富な情報とノウハウを、皆様に提供し続けて参りました。常に変化を続ける社会・市場の環境、主催者様・聴講者様の関心やご要望、課題にお応えするため、常に情報収集に努め、一冊のガイドブックにまとめました。今回も、12項目のジャンルに対応すべく、総合冊子として作成致しました。ご担当者様に広くご活用いただけましたら幸いです。

人気講師 ランキング ベスト50 -2021年実績より-

"
システムブレーンの2021年1月1日~12月31日の講演会・研修・セミナーの講師派遣・講師紹介実績約4,000件から、講演依頼回数の上位50名の人気講師をランキング形式で紹介いたします。
※掲載許可いただいている講師のみのランキングとなります。

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる